大橋巨泉一覧

【大橋巨泉】に関するニュースを集めたページです。

昭和の伝説的番組『11PM』最長アシスタントの松岡きっこさん(本人提供)
昭和の伝説的番組『11PM』最長アシスタント松岡きっこさんが語る大橋巨泉の“別の顔”
 ドラマ『不適切にもほどがある!』(TBS系)により、「昭和」の文化にあらためて注目が集まっている。「野球は巨人、司会は巨泉」──。大橋巨泉がテレビで初めて司会を務め、その名を広く知らしめた出世作『11PM』…
2024.03.27 16:00
NEWSポストセブン
今なら到底放送できないシーンも(写真は実情を語ってくれた水谷ケイ)
【昭和の“不適切”番組】水谷ケイが振り返る『女だらけの水泳大会』 “求められる役割”を把握、「目立たないと損だと思った」
 昭和の“不適切さ”を現代の視点で描いた宮藤官九郎脚本のテレビドラマ『不適切にもほどがある』(TBS系)がもっぱら話題だが、コンプライアンスが今より遥かに緩かった昭和のテレビ番組では、今なら到底放送できな…
2024.03.15 19:59
週刊ポスト
約24年にわたり放送された『11PM』(左から松岡きっこ、愛川欽也、藤本義一、朝丘雪路、高樹澪、大橋巨泉)
『11PM』『海賊チャンネル』『トゥナイト』…「昭和の“不適切”番組」はどんな内容だったのか
 昭和の時代では、地上波のテレビでお色気要素が登場するのが当たり前だった。コンプライアンスが厳格となった現代では“不適切にもほどがある”内容であることは間違いないが、家族の目を盗んでテレビにかじりつい…
2024.03.15 19:58
週刊ポスト
チャック・ウィルソンさんが今だから明かせる話を語ってくれた
チャック・ウィルソンさん(75)インタビュー「今だから明かせる大橋巨泉との衝突、藤原組長との本当の仲」【全3回の1回】
 バブル全盛の1980年代にテレビを中心に活躍し、今も多くの人の記憶に残っているチャック・ウィルソンさん(75)。最高視聴率33.8%を記録した『世界まるごとHOWマッチ』(1983~90年、MBS・TBS系)では、司会の大…
2022.09.02 11:01
NEWSポストセブン
イメージ)
大橋巨泉さんは「昭和史に残る偉人奇人」 接し方も“巨泉流”だった
 戦争の記憶をはっきり残し、成人してからは焼け野原からの復興と高度成長期のニッポンを牽引したのが「昭和ヒトケタ」世代だ。自らの力で前を向き、上を向いて生きていこうとした彼らは、後の世代にどんな教えを…
2021.07.22 07:00
週刊ポスト
巨泉さん死去5年 クイズ番組の基礎を作った『クイズダービー』
巨泉さん死去5年 クイズ番組の基礎を作った『クイズダービー』
 昨今、さまざまなクイズ番組が話題を集めているが、その「基礎を作った」といわれるのが、大橋巨泉さん(享年82)が司会を務めた『クイズダービー』である。巨泉さんが亡くなって5年となる今、後のクイズ番組を変…
2021.07.10 16:00
NEWSポストセブン
高田文夫氏が少年時代から憧れ続けた“放送作家第一世代”
高田文夫氏が少年時代から憧れ続けた“放送作家第一世代”
 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、放送作家〈第一世代〉である永六輔さんと大橋巨泉さんが20…
2020.07.31 07:00
週刊ポスト
宮崎美子が振り返る『クイズダービー』とはらたいらの凄さ
宮崎美子が振り返る『クイズダービー』とはらたいらの凄さ
 競馬好きの司会者・大橋巨泉の発案で生まれた『クイズダービー』(TBS系、1976~1992年、最高視聴率40.8%)からは、“キャラの立ったクイズ王”が数多く生まれた。 番組の一般参加者は5人いる解答者の中で「誰が…
2020.05.08 07:00
週刊ポスト
竹下景子が語る「お嫁さんにしたい女優」の呪縛と感謝
竹下景子が語る「お嫁さんにしたい女優」の呪縛と感謝
 時代ごとに輝く女優たちは、「お嫁さんにしたい」相手として男たちに愛されてきた。『男はつらいよ』などで活躍した竹下景子(66)もその一人だ。 1977年2月26日放送の『すばらしき仲間』(TBS系)で、元運輸大…
2020.04.16 07:00
週刊ポスト
在宅医を見極める必要がある
利益が得やすい在宅医 儲け優先でノウハウ不十分な例も
「畳の上で死にたい」という言葉があるように、住み慣れた家で天寿を全うしたいと考える人は多い。実際、厚労省の調査によれば、7割以上が「痛みがなく、意識もはっきりしている状況下では自宅で死にたい」と回答し…
2019.09.29 07:00
女性セブン
「クイズダービー」はいくつもの流行語を生んだ
クイズダービー 正解率低かった篠沢教授が人気者になったワケ
 いまやテレビのレギュラー番組が視聴率40%を記録するなどということはほとんどなくなったが、1970~1980年代には、そんなお化け番組がいくつもあった。そのうちのひとつ、5人の解答者に、出場者が持ち点を賭ける…
2019.08.17 07:00
週刊ポスト
岡田圭右、クイズ番組で猛者を切り盛りする名司会術と品位
岡田圭右、クイズ番組で猛者を切り盛りする名司会術と品位
 松本人志、伊集院光、有田哲平、有吉弘行……名だたる芸人たちがテレビやラジオで「面白い」と公言する番組がある。脳トレ効果抜群の『クイズ! 脳ベルSHOW』(BSフジ、月~金曜22時台)だ。ますだおかだの岡田圭…
2019.05.10 07:00
週刊ポスト
吉田照美が語る終活「若い頃より加減せず好きなことをすべし」
吉田照美が語る終活「若い頃より加減せず好きなことをすべし」
 グラビア写真界の第一人者、渡辺達生氏(70)が“人生最期の写真を笑顔で撮ろう”とのコンセプトで立ち上げた『寿影』プロジェクト。渡辺氏は、自然な笑顔を引き出すべく、撮影する人に「一品」を持ってきてもらっ…
2019.04.06 07:00
週刊ポスト
津川雅彦さん 仕事も遊びもトコトンやる人だった
津川雅彦さん 仕事も遊びもトコトンやる人だった
 平成最後の年、おしどり夫婦として知られた大女優と名優は、闘病の末に亡くなったあとを追うように4か月違いでこの世を去った。●朝丘雪路(女優、享年82) 1952年に宝塚歌劇団に入団、月組の娘役として活躍。195…
2018.12.18 07:00
週刊ポスト
「ウルトラ…」「100人に…」「マジカル…」クイズ番組の歴史
「ウルトラ…」「100人に…」「マジカル…」クイズ番組の歴史
『クイズプレゼンバラエティーQさま!!』(テレビ朝日系)や『東大王』(TBS系)、『ネプリーグ』(フジテレビ系)などクイズ番組が人気だ。 日本におけるクイズ番組のはしりは1953年に放映を開始した『ジェスチ…
2018.05.21 07:00
女性セブン

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン