• TOP
  • ビジネス
  • 株式市場の最有力テーマ 水素燃料電池関連の注目株4を厳選

ビジネス

2015.03.16 07:00

株式市場の最有力テーマ 水素燃料電池関連の注目株4を厳選

 昨年、トヨタ自動車が燃料電池車「MIRAI」を発売して以降、株式市場でも「水素燃料電池」関連が有望テーマとして大きな脚光を浴びている。では、そうした中で株価上昇期待の高い銘柄はどう選べばよいのか。カブ知恵代表・藤井英敏氏が解説する。

 * * *
「水素燃料電池」関連は非常にスケールの大きなテーマといえる。電気自動車が充電した電池で走るのに対し、燃料電池車はタンクに積んだ水素と空気中の酸素を結合させて電気をつくりながら走るという革命的な技術。排出するのは水だけという「究極のエコカー」なのだ。

 ガソリンスタンドのような水素ステーションをいかに普及させるかが課題となっており、関連技術を有する銘柄が人気化。市場の注目をいま最も集めているテーマである。

 実際、1月5日には東京都が東京五輪の選手村を水素エネルギーで賄う「水素タウン」構想を打ち出し、水素関連銘柄の人気が沸騰。たとえば中期経営計画に水素製造装置や水素ボンベ用の容器バルブの製品化などを盛り込んでいた宮入バルブ製作所(東証2部・6495)が物色され、株価は1月5日の108円から同20日には一時502円をつけ、2週間で5倍近い爆騰を見せた。

 水素関連銘柄にはこのような急騰が期待できる有力候補がひしめいているが、なかでも今後の大化けが望めそうなのが、以下の4銘柄と見ている。

 まずは、燃料電池用高圧水素ガスコンプレッサ(圧縮機)を手がける加地テック(東証2部・6391)。同社の時価総額は80億円程度と小さく、これまでも軽い値動きを繰り返してきた。安値で仕込むことができれば、株価は1年で3倍も狙えるのではないか。

関連記事

トピックス