ビジネス

人気コンビニドーナツ チョコオールドファッションで4社比較

セブン-イレブンのチョコオールドファッション/100円

 セブン-イレブンを筆頭に、次々とコンビニ大手各社がドーナツ事業に参戦。そこで、専門家に見て味わって、じっくり調査してもらった。

【調査した専門家】
・パンコーディネーター・松野玲子さん:3食パンでも飽きないほどのパン好き。簡単でおいしいパン作りを提案。

・パティシエ・藤川浩史さん:東京・久が原にある洋菓子店『ラ スプランドゥール』オーナーシェフ。

藤川:最近、コンビニでコーヒーと一緒にドーナツも買っちゃいます(笑い)。

松野:レジ横にありますもんね。ドーナツは油で揚げた後の扱いが難しいけど、各社鮮度を保つ工夫をしてますね。

藤川:ローソンの『ハワイアンドーナツ』は、頼めば揚げたても!

松野:私はオールドファッションが大好きなんですが、セブン–イレブンは特に、カリカリした食感を見事に再現していてビックリ。

藤川:アイシングもツヤがあってキレイ。コンビニドーナツ、驚くほどおいしく進化してますね!

 そして、昨年はコンビニコーヒーが大ヒット。セブン–イレブンは同時に昨年末からレジ横でドーナツの販売を開始。東東京地区では1店舗1日平均約120個を販売。その他コンビニも追随し、ドーナツ戦争勃発中だ。コンビニジャーナリストの吉岡秀子さんは、独自の視点で分析する。

「ドーナツはコーヒーとの買い合わせ目的だけではなく、コンビニがついに“おやつタイム”に参入してきた証です。今までは忙しいピークは朝昼晩の3回で、昼以降の午後はお客さんが少し減る時間帯でした。この時間に集客するためのコンビニの強力な武器がまさにドーナツ。コンビニは単身者の使用も多いので、気軽に1個買いできるのも魅力ですね」(吉岡さん)

 今回は、コンビニ4社から出ているチョコオールドファッションで調査してみた。

【セブン-イレブン】
チョコオールドファッション/100円
直径9cm 幅2.2cm
「専用工場から1日2回、3時間以内の配送を徹底。ザクザクしたクッキー感に大満足!(松野)。硬い生地が本格的」(藤川)

※女性セブン2015年6月18日

関連キーワード

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
三谷
『鎌倉殿の13人』は大河ドラマを変えた、『仁義なき戦い』がヤクザ映画を変えたように
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
「申し訳ない」と会見で述べた鈴木俊一財務大臣。写真は2022年10月、G20開催時(時事通信フォト)
財務省の自賠責積立金6000億円踏み倒し問題 賦課金150円値上げに「奢り」が見える
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン