国内

警視庁が内偵中 元陸自ナンバー3にロシアへの情報漏洩疑惑

 国会では「自衛隊員のリスク」をめぐって安保法制関連法案の審議が紛糾している中、渦中の自衛隊内部の大問題を、2015年6月8日発売の「週刊ポスト」6月19日号が報じている。

 警視庁が極秘捜査を進めているのは、陸上自衛隊において幕僚長、副長に次ぐナンバー3と認識される「方面総監」にまで上りつめ、すでに退官したA氏が、在日ロシア大使館の国防武官として来日していたロシア人男性と接触したという事件だ。方面総監とは、5つある方面隊のひとつで自衛官数万人のトップに立つ人物。一方、ロシア大使館において国防武官は、ナンバー2の公使と同格の重要ポストとされる。

 公安関係者は、A氏がロシア人男性に自衛隊内で使用されている『教範』2冊を渡したという情報を掴んだことを明かしている。「教範」とは自衛隊内で使われるマニュアルのことで、国防の大方針から、作戦や武器の扱いに関することまで、テーマ別に分かれていて数百種類あるとされる。

 同誌は、真意を聞くため、A氏の自宅を複数回訪れたが、インターフォン越しに応対した家人が不在を告げるばかりだったと報告。また記事中では、防衛省や防衛省関係者などのコメントも紹介している。

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト