• TOP
  • 国内
  • 外出時の大地震対処法 電車内ではシートの両端が生存率高い

国内

2015.07.02 16:00  女性セブン

外出時の大地震対処法 電車内ではシートの両端が生存率高い

 東日本大震災以降、頻発する地震。全国で大規模な地震が観測されているが、実際に自分が見舞われたときにはどのように対処したらよいのだろうか。外出中に大地震に見舞われた際の対処法を見ていこう。

 日中の多くの時間を過ごしている会社。オフィスにいる最中に地震に見舞われる可能性も高いだろう。その場合には、重量のあるオフィス家具からはすぐに離れるべき。電灯など落下する可能性のある物を避けながら、廊下やエレベーターホールなどに移動して待機しよう。

 続いて、エレベーターに乗っている時の場合には…? 全階数のボタンを押すのが基本。非常電話がつながらない時は携帯やメールで閉じ込め発生を知らせる。救助が来るまで無駄に体力を使わないのがポイントだ。

 買い物中の対処法も気になるところだ。スーパーマーケットでは? 陳列棚から商品が落下することがある。棚からは離れ、店内にあるエレベーターホールや大きな柱の近くに移動して揺れがおさまるのを待つのがよい。

 また、コンビニにおいても、ガラスの近くや、レジや食品が落下する恐れのあるカウンターの近くは危険。割れ物の多い棚がない、店の中央付近が最も安全。

 車の運転中にはどうしたらよいのだろうか。道路の左にゆっくり止まり、揺れがおさまるまで待機。揺れがおさまったらキーをつけたままにして避難する。車内に連絡先等を残しておくとよいそうだ。

 また、電車で移動中の場合には、揺れが激しくなる前に吊り革や手すりにしっかりとつかまること。かりに脱線してもドア付近やシートの両端の席にいると生存率は高まるという。

※女性セブン2015年7月16日号

関連記事

トピックス