芸能

ど根性ガエル ピョン吉役満島ひかり抜擢の理由は「切なさ」

 1970年代に漫画・テレビアニメとして大人気だった『ど根性ガエル』が、日本テレビ系で実写ドラマとなって放送中だ(毎週土曜日午後9時~)。原作の16年後という設定で、30才のひろし(松山ケンイチ)と平面ガエルのピョン吉(声:満島ひかり)の交流を描くこのドラマは、一体どういう企画として立ち上がったものなのだろうか。プロデューサーの河野英裕さんに訊いた。

──そもそもどうして今『ど根性ガエル』をドラマ化しようと考えたのでしょうか?

河野:松山ケンイチくんの明るく朗らかなキャラクターを活かした作品を夏の土曜の夜にやりたいと思いまして。みんなで笑って過ごせるんだけど、ほんのちょっと奥深いものを表現できるドラマを作りたいな、と。

──松山さんのキャラクターを活かせる作品はたくさんあると思うのですが、その中で『ど根性ガエル』を選んだのは?

河野:今までぼくがやってきた作品は、『泣くな、はらちゃん』『妖怪人間ベム』『Q10(キュート)』という、人間ではない何かが人間とコミュニケーションをとる話だったり、人間ではないものから人間社会を見る話だったり、単純にそういう世界が好きなんですよね。結局、自分がそういうものを作るのが楽しいし、土曜の夜にそういうものを多くの人に見てもらえることができれば嬉しいなという願いはありました。そういう意味で、『ど根性ガエル』は自分が好きな世界であり、松山くんのキャラクターを活かせる物語だったわけです。

──『ど根性ガエル』の原作では、主人公ひろしは中学生ですよね。それが、今回のドラマでは16年後の世界に設定変更されています。松山さんを主演にするのであれば、初めから30才くらい男性が主人公の作品もあったのでは?

河野:子供から大人まで、たくさんの人に見てもらいたいということを考えると、やはり誰もが知っているような大きな原作モノがいいなと思ったんです。そして、人間ではないキャラクターが登場して、みんなが知っているものは…と考えた時、思い浮かんだのが『ど根性ガエル』だったんです。

 おそらく、『ど根性ガエル』のドラマ化というアイディアは、プロデューサーなら誰でも思いつくはずなんですよ。ただ、それを実際にやるかやらないかの問題で。原作は主人公が16才だからやめとくか、という選択もあったと思いますが、主人公を大人にしちゃえば松山くん主演でいけるな、っていうことですね。

 はっきり言って、40年以上前の原作だし、ギャグ漫画だし、そのまま現代のドラマとしてドラマとして構築するのは難しい。そうなると、ギャグの要素は残しつつも、ストーリーは完全オリジナルでいくしかないし、キャラクターも変化させるしかない。そういう条件でならドラマ化できるなと思って、原作者の吉沢やすみさんに話をしに行ったら「面白くしてくれるならいいですよ」と快諾していただきました。

──脚本家の岡田惠和さんにお願いしたことは?

河野:大きな幹として「ピョン吉は何者なのか」という点を描いていきたいというリクエストはしました。詳しくは言えませんが、そこに新しい設定があるんです。

──ピョン吉の声に満島ひかりさんを起用した理由は?

河野:やはりピョン吉は男の子なので、男性の俳優さんにお願いしたほうがいいのかなとも思ったんですが、ピョン吉というキャラクターは激しさとかわいらしさが同居しているんですよね。それにシャツの中でしか生きられない「平面ガエル」としての切なさも持ち併せていたほうがいいなということで、女性のほうがいいかなと思いました。それを声で表現できるのは満島さんしかいないと。

 あとは、単純にぼくが満島さんの声が好きなんですよ。ちょっとだけ掠れているけど、シャウトが気持ちいい声、というか。

──有名な原作の実写化となると、いろいろな意見も出てくると思いますが…。

河野:そもそも自分が大好きでドラマ化している『ど根性ガエル』なので、原作のファンの期待は裏切りたくないという気持ちで、スタッフもキャストも必死でやっています。なので、原作からどう変わっているか、どんな新しい魅力が出ているかという点を見ていただきたいし、それこそ厳しい目で楽しんでもらいたいですね。

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン