ビジネス

年間段ボール需要 1人あたりミカン150箱分で景気が左右

 業界紙、専門誌のめくるめく世界をあなたに。今回は、板紙・段ボール業界の専門紙を紹介します。

『板紙・段ボール新聞』

創刊:1960年
発行:毎月7、17、27日
部数:6800部
読者層:段ボールメーカーほか関連業者、大手メーカー
定価:半年間、1万4580円
購入方法:発売元・日刊板紙段ボール新聞社に直接注文。

「まいど~、宅配便でーす」。玄関先でこの声を聞いたら、まっ先に考えるのは、その中身。今なら知人から届く夏野菜? それともお取り寄せ品か、ふるさと納税品か?

 それらが入っている段ボール箱を気に留める人は、まずいまい。中身を取り出すために、ナイフで裂く者あり、パンチを入れる者あり。あげく、“資源ごみ”という名のやっかい物扱い。

「家電、家具、化粧品、洗剤、アルコール類、カップ麺、清涼飲料水、野菜、肉、魚。あらゆる物は段ボール箱に入って運ばれているんですけどね。業界以外で、段ボールに興味を持つ人なんているんですか?」

 副編集長の浮田洋司さん(38才)は、記者の顔をけげんそうに見る。

 話を先に進めよう。まず段ボール箱の原料は、95%段ボールで、古紙回収業者→製紙工場→段ボール工場→段ボール箱工場と、4つの業者を通って各企業や消費者へ届く。そして、使ったら資源としてふりだしにもどり、7、8回生き返る。

「表紙と波なみの中紙、裏紙を貼り付けるのはとうもろこしなどの粉。徹底的に環境にやさしいんですよ」と浮田さん。

 日本の年間需要は130億平方メートル以上。1人当たりみかん箱にして150個使っている勘定だそう。地味で目立たないが、“日本経済の縁の下の力持ち”でもある。

「その分、景気のよしあしは業界全体に響きます。2008年のリーマン・ショックのときは、消費量が極端に鈍り、その後、徐々に回復しましたが、好調だった2007年にはまだ届かないのが現状です」とも。

 長らく、段ボール先進国はアメリカで、生産量はずっと1番だったが、生産量に限れば2003年頃から中国が逆転した。しかしながら、世界中の段ボールシートを作る高速機は、日本の2社とドイツの1社がほぼ独占し、一矢報いている。

 量はともかく、「箱の質では世界の最高レベル」と浮田さんは誇らしげだ。高額な中身には、それにふさわしい美しさが要求される。

 300回以上続く、同紙の人気連載企画第1位の「企業訪問」は、大企業から、家族経営の段ボール箱の製造会社まで記事にしている。その一例が『村上紙器工業所“ものづくり”から“事づくり”』で、大阪、西成区の従業員数6人の貼箱を作る会社を取り上げた。同社は手加工による特殊な貼箱を得意とし、紙だけでなく、ビニールクロスや布クロスを貼る技術で、抜きんでている。

〈(かつては)手作業も今に増して多く、刷毛で職人が糊付けしていた。…均一に塗ろうとすれば確固とした職人技が求められる。かなめであるからこそ、職人が最も偉い。同社の場合…現代表の祖母であった。〉

 高級ワインや、化粧品を梱包する同社の箱は、ため息が出るほどの出来栄えだ。

〈無論、当初より全てが上手くいったわけではない。…数年間は仕事の時間を削ってでも可能な限りデザイナーの作品展に参加させてもらうなど、行動を共にして…〉

 その一方で、たえず機能性を高める業界の動向も追う。

「たとえば高級な地酒の箱なら、クッションからビンの頭の押さえまで、広げると一枚の紙になって、それを組み立てるようにできています。いちごはきっちり4パック入る大きさで、パックが底につくといちごが傷むので、パックの角を仕切りにかけて浮かせるような構造なんですよ」

 最近のトレンドは輸送箱がそのまま陳列箱として、「パコッと頭部を開けて」、スーパーの売り場に並ぶ形式で、品出しの手間を省いている。

 そして昨今の業界の話題は、

「この夏の天候ですね。冷夏はビール会社だけでなく、段ボール業界にとっても打撃なんですよ」(浮田さん)

 地味で目立たない段ボール箱にも、かかわる人の喜怒哀楽が詰まっていたのである。

(取材・文/野原広子)

※女性セブン2015年8月13日号

関連記事

トピックス

映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン