• TOP
  • ライフ
  • 局部を強打した時の「玉下ろしジャンプ」 医学的に正しい?

ライフ

2015.08.26 16:00  週刊ポスト

局部を強打した時の「玉下ろしジャンプ」 医学的に正しい?

 一風変わった症例に出くわしたとき、医師はどうやって治療法を決めるのか? 『マイナーエマージェンシー 原著第3版』(大淹純司監訳、エルゼビア・ジャパン/医歯薬出版刊)は、その名の通り「珍しい急患」にどう対処するかを11領域、184項目にわたって解説している。

 病院関係者の話によれば、尻に異物が入って取れなくなり、困って病院に駆け込んでくる患者は一定数いるそうだが、これらは本人の自業自得。中にはそうではない恥ずかしい災難によって救急外来を訪れる人もいる。

 一つは「ファスナーの食い込み事故」だ。小用のあと、あわててファスナーを引き上げたためにアソコの皮を挟んでしまうアレである。痛い思いをした人も少なくないはずだ。

 そんなトラブルにも上述の書は解決法を示している。まずは鉱物油を塗り、潤滑させて外すよう試みる。それでもダメなら、ファスナー自体をハサミで服から分離し、噛み合わせ部分を破壊して皮膚から外す。

 もうひとつ「アソコ」のトラブルといえば、男性なら誰でも一度は悶絶したことのある「陰部への外傷」、つまりアソコを強打する事故である。多くはボールが当たったり、他の選手に蹴られたりなどスポーツ中に起きている。民間療法では「とにかくジャンプして玉を下ろせ」といわれるが、同書による対処法は、「外陰部の触診を行なって陰嚢内容の構造を調べる」こと。

〈この段階で疼痛も圧痛もごく弱く、解剖学的にも正常であれば、それ以上の評価は不要である〉

 多くの場合痛みは自然に消滅していくともあるので、安静にするのが良い。だが、打ち所が悪いと精巣の挫傷や破裂を起こすことがある。

〈精巣破裂の場合、受傷から72時間以内に手術を行えば80%以上で精巣を助けられる〉

 腫れたり痛みが続く場合には迅速な受診が必要だ。

※週刊ポスト2015年9月4日号

関連記事

トピックス