国際情報

ヒラリー氏 中国を非常に重視するため日本にとって危険人物

 米大統領選で「台風の目」となるドナルド・トランプ氏(69)。不動産王として米国では知らない人がいないくらいの有名人だが、筋金入りの反日家でもある。超格差社会のあおりを受けて貧困化が進むブルーワーカー層に「悪いのは日本や中国だ」と訴えることで旋風を巻き起こしている。

 トランプ氏による日本叩きの主張の大半は、根拠のない暴論だが、一部には日本に突き刺さる厳しい批判もある。特に重大なのは、日米同盟が片務的であるとの批判だ。もちろん、日本からすれば、属国条約ともいえる「日米地位協定」や日本側が負担している「思いやり予算」など、山のように反論があるものの、事実は事実である。産経新聞ワシントン駐在客員特派員の古森義久氏はいう。

「米国の大多数の人が、安全保障において日米同盟が大切だと認識しているが、細かいところまでは知らず、興味もない。それが『実は、日本にはアメリカを守る義務はない』と聞いて驚いたわけです。一般大衆も、日本に対し応分の負担を求めるべきだと考え始めている」

 しかも、片務性を問題にしているのは共和党の保守派だけではないという。

「民主党リベラル派のシャーマン下院議員も、7月の下院外交委員会の公聴会で、『日米同盟はまったくの一方通行だ。日本に防衛負担をもっと増やしてもらうにはどうすればいいか』と発言している。不吉な前兆だと思います」(古森氏)

 いまのところ民主党のヒラリー・クリントン氏が支持率ではトランプ氏より頭一つ抜け出ているが、民主党政権になっても安心とはいえない。それどころか、ヒラリー氏は日本にとって危険人物といっていい。

「彼女は中国を非常に重視していて、夫のビル・クリントン氏もそう。アメリカ経済にとって大きな問題は日本より中国ですが、中国への批判をかわすために、日本をスケープゴートにする可能性がある」(元外外務省国際情報局長の孫崎亨氏)

※週刊ポスト2015年9月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

お誕生日写真で愛らしい笑顔を見せられる佳子さま(2022年12月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
佳子さま、専属カメラマン起用でお写真の雰囲気が変化 「まるでアイドルのよう」の声も
女性セブン
「創価学会票」の消滅で当選が危うい自民議員も(時事通信フォト)
【自民党内部資料スクープ入手】自公亀裂「創価学会票」消滅で自民党議員56人が落選危機に直面
週刊ポスト
豪雨の中で撮影していた深田
深田恭子 体調不良を感じさせない「雨の中の余裕の撮影現場」 恋人とは“適度な距離感”保つ
女性セブン
売春防止法違反の疑いで逮捕された沢村雅也容疑者
「悪いことしたとは思ってない」SNSでモデル女性の売春斡旋「紹介役おにぃ」が語っていた“反省ゼロ”の肉声
NEWSポストセブン
暴力行為等処罰法違反容疑などで逮捕された前参院議員のガーシーこと東谷義和容疑者(時事通信フォト)
【わずか2年で】ガーシー容疑者「家賃も電気代も踏み倒して夜逃げ」から「3億円報酬」も約束のジェットコースター半生
NEWSポストセブン
広島の若手のホープ・玉村昇悟と小園海斗
【TikTokerと極秘おめでた婚】広島カープ・玉村昇悟の妻と小園海斗の妻は「コラボダンス動画」を上げる仲 「インフルエンサー」という共通点
NEWSポストセブン
(写真はイメージ)
「詐欺師め、呪い殺してやる」 国際ロマンス詐欺で1100万円を失った28歳女性の後悔と「恨み節LINE」
NEWSポストセブン
平野紫耀
キンプリ脱退の平野紫耀“中国で再デビュー”の可能性 現地での愛称は「ビスケットちゃん」
女性セブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《別居生活3年》田中美佐子“格差婚”から28年、湘南の自宅から姿を消して…Take2深沢邦之に起きていた「異変」
NEWSポストセブン
問題となっている「湯呑みペロペロ」動画(SNSより)
【スシロー】湯呑みペロペロ少年に6700万円訴訟 父親、涙の謝罪「本人は反省」でも巨額損害賠償請求という現実
NEWSポストセブン
“厳重注意”に終わった広末
《W不倫報道》広末涼子、本人は反論の意向も事務所が“厳重注意”に至った理由「出会って3か月」の衝撃
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! タワマン生活「格差と差別」の地獄ほか
「週刊ポスト」本日発売! タワマン生活「格差と差別」の地獄ほか
NEWSポストセブン