• TOP
  • 国際情報
  • 台湾の蒋介石総統の妻・宋美齢氏の米旧居 1000万ドルで売却

国際情報

2015.09.12 07:00  NEWSポストセブン

台湾の蒋介石総統の妻・宋美齢氏の米旧居 1000万ドルで売却

 台湾の蒋介石総統の妻で、中国近代史に大きな影響を与えた宋美齢が1975年から1995年までの20年間、生活を過ごした米ロングアイランド島の豪邸が今年7月、売りに出され、すでに1000万ドル以上の値で買い取られていたことが分かった。

 豪邸は宋美齢記念館として改装されるとの話もあったが、結局、基金が集まらず途中で立ち消えになった。宋美齢が2003年10月に死去して、すでに12年。蒋介石、孫文、孔祥熙の妻となった宋ファミリーの3姉妹の記憶もすでに風化しつつあるようだ。台湾各紙が報じた。

 宋ファミリーの3姉妹とは、財閥で国民政府財政部長(閣僚)を務めた孔祥熙の夫人の宋靄齢と、孫文夫人で二女の宋慶齢、それに三女の宋美齢。このなかでも、宋美齢は蒋介石夫人として、国民党政権時代やその後の台湾政治にも強い発言力を有した。

 しかし、1975年に蒋介石が死去すると、その後継者として、蒋介石の前妻との子である蒋経国が総統の座につくと、宋美齢は台湾を去り、米国に移住。ロングアイランドの孔祥熙の豪邸で生活をするようになった。

 この豪邸は敷地面積が約15万平方メートル、廷内にはベッドルーム9室、トイレも9室。ゴルフ場のほか、サウナやジム、プール、映画鑑賞室などが完備。

 今年7月、1180万ドル(約14億4000万円)で売りに出され、8月中に売買契約がまとまったが、その額は明らかにされていない。

 宋美齢が1995年にニューヨークに移り、2003年に死去したあと、一時、ロングアイランドの豪邸を宋美齢記念館あるいは宋ファミリーに関する展示館にするとの情報もあったが、資金が集まらず、豪邸を手放することになったという。

 一時は大きな権勢を振るった宋美齢や宋靄齢だが、台湾でも忘れられた存在となっており、二女の宋慶齢は1949年の中国共産党政権成立後、中国人民政治協商会議(政協)副主席として、来るべき中台統一の象徴的存在として祭り上げられ、政治的な影響力はほとんどないまま、1981年に死去。一時代を風靡した「宋氏(家)3姉妹」の記憶は中国大陸、台湾ともにほとんど残っていないようだ。

(文中一部敬称略)

関連記事

トピックス