• TOP
  • ビジネス
  • コインパーキングで年に1200万円儲ける主婦 勝因は2つの盲点

ビジネス

2015.11.10 11:00  週刊ポスト

コインパーキングで年に1200万円儲ける主婦 勝因は2つの盲点

「不動産投資」といえばアパートやマンション経営を思い浮かべるだろう。だがやりたくても「資金がない」状況から知恵をしぼった主婦がいた。

 著書『コインパーキングで年1200万円儲ける方法』で珍しい不動産投資法を披露しているのが、元全日空CAで幼い子供3人を抱える主婦の上原ちづるさんだ。

 彼女が成功した投資法は、「自分でコインパーキングを運営する」というものだ。投資を始めるきっかけは、1つの「気付き」だった。

「投資を始めた2006年は道路交通法が改正された年で、『駐車違反の取り締まりが厳しくなっている』というニュースをやっていた。周りでも“駐禁を切られた”という人が増えて『じゃあコインパーキングが必要になるんじゃないの?』と思ったのがきっかけです。

 最近は不動産開発が進んで一時的にパーキングとして使われていた土地がビルなどの建物になり、駐車場不足が進んでいるので、さらに追い風になっていると考えています」(上原さん、以下「」内同)

 投資の世界では「転売目的の土地は、地価が上昇するまでは駐車場にしておく」という考えが一般的。しかし、上原さんは「地価上昇局面では、足りなくなる駐車場をつくれば儲かる」と考えた。素人主婦ならではの逆転の発想だ。

 実際に運営するとなると「土地」が必要になる。彼女は始めようとした際に、こんなことに気付いた。

「あるコインパーキング運営会社が月極駐車場を探していることを知ったんです」

 つまり、月極の平置き駐車場を施設ごとまるまる借りて、「又貸し」するビジネスモデルが成り立っているということだ。

「その時に『コインパーキング』って『月極』よりも儲かるんだ! と気付いたんです。それならば自分で月極駐車場を借り上げて運営しようと考えた」

 自主運営に必要なのは、地面に設置するロックシステム「フラップ板」(1台あたり約20万円)と精算機械(約100万円)だけ。

「初期費用は敷金などを含めても6台分で約300万円程度で、都心のワンルームマンションに投資するよりも割安です」

 本当に儲かるのだろうか。

「私がやった料金設定では、コインパーキングが3割程度の稼働率でも、月極の2倍の売り上げが見込めるような設計にしました」

 月極のスペースを3万円で借り、30分200円、夜間60分100円の料金にしたケースでは、30%の稼働率で月に6万4800円の売り上げになる。月極と違って1か月まるまる“空室”というリスクもない。

「駐車場需要」「月極よりコインパーキング」という2つの盲点に気付いたのが“勝因”だったようだ。

関連記事

トピックス