• TOP
  • ライフ
  • 心不全 治療後約1年半の間に死亡か再入院する割合は41.7%

ライフ

2016.03.04 16:00  週刊ポスト

心不全 治療後約1年半の間に死亡か再入院する割合は41.7%

心不全は予後にも注意

 日本人の死因第2位である心疾患。その中で死亡者数トップが、年間約7万人が亡くなる「心不全」だ。心不全と診断された場合、基本となるのが薬物療法である。血圧を下げる薬、交感神経の働きを抑制して心臓の過剰な働きを抑える薬、体内の塩分や水分を排泄することでむくみ、血流量を減らして心臓の負担を減らす利尿薬が一般的に処方される。

 心臓の筋肉が何らかの原因で異常を起こす「拡張型心筋症」など重症心不全患者にはペースメーカー治療も選択肢となってくる。

 近年、その効果を注目されているのが「心臓リハビリテーション」だ。ウォーキングなどの運動によって体力を回復し、食事や生活習慣の見直しと組み合わせて再発を防止する。上尾中央総合病院の特任副院長、一色高明氏が語る。

「心臓リハビリで運動するほうが薬物療法よりも重症化や再発、死亡率が下がるというデータがあります。運動中の血圧や心電図などを調べる心肺運動負荷試験により患者の個々の症状に応じて安全に取り組めます」

 心不全治療のエキスパートで関川病院副院長の梶本克也氏らが行なった疫学研究調査によれば、治療後約1年半の間に何らかの疾患で死亡または再入院する割合は41.7%とかなり予後の悪い病気であることもわかっている。

「退院後も定期的な運動をすること、きちんと薬を服用すること、塩分制限や体重維持、禁煙、過度の飲酒を避けることはいうまでもありません。再発リスクを減らすためにはどれも欠かせません」(同前)

 命を授かってから今日まで片時も休まずに働いてくれている心臓。いたわる気持ちを忘れると、取り返しのつかないことになる。

※週刊ポスト2016年3月11日号

関連記事

トピックス