• TOP
  • ビジネス
  • 東京都心の2LDKマンションを活用し富を4倍にする方法

ビジネス

2016.03.08 16:00  週刊ポスト

東京都心の2LDKマンションを活用し富を4倍にする方法

 いま大都市では不動産価格が上昇している。マイホームを持つのがますます難しくなったと考えるのではなく、発想の転換をすべきだと経営コンサルタントの大前研一氏は言う。中古でもよいから都心の2LDKを手に入れ富を4倍にする方法について、大前氏が解説する。

 * * *
 私は最近、「アタッカーズ・ビジネススクール」の学生に対し、こんな指導をしている。彼が所有・居住している東京都心の2LDKのマンションを活用して富を4倍にする方法を考えよ、と。その答えは、「民泊」をネット上で仲介する「エアビーアンドビー(Airbnb)」で部屋を貸し出し、自分は今よりも良い賃貸物件に引っ越す、である。

 なぜなら、彼は住宅ローンを月々25万円ほど返済しているが、2部屋ともツインルームとして旅行客に1泊4万~5万円で貸し出せば、東京都心ではホテルが不足しているので、管理費用などを差し引いても月100万円くらいの収入が得られるからだ。

 実際、東京都心に2LDKのマンションを所有している友人がエアビーアンドビーで2部屋をそれぞれツインルームとして1泊4万円で貸し出したところ、毎日利用者が来て月収120万になった。このマンションは通常の賃貸だと月25万円が上限だったので、収入が4~5倍に跳ね上がったことになる。

 中国人観光客などは、たいがい4~5人でやってくるので普通のホテルに泊まると(仮にホテルの予約ができたとして)総額1泊10万円くらいかかるが、このマンションなら4万円で済むし、キッチンを使って自炊できるのも利点となっているようだ。

 また、箱根湯本に温泉付きマンションを持っている友人の場合は、維持費や管理費、固定資産税などのコスト負担に頭を悩ませていたが、エアビーアンドビーで貸し出してみたら、やはり毎日のように中国、ヨーロッパ、オーストラリアなどからの外国人観光客が宿泊し、月収が100万円を超えた。部屋の掃除や鍵の受け渡しなどを代行してくれる人に月30万円払っているが、それでも十分お釣りがくる状態だという。

トピックス