• TOP
  • 芸能
  • 朝ドラヒロイン高畑充希「静岡に愛されるチームになりたい」

芸能

2016.04.09 16:00  女性セブン

朝ドラヒロイン高畑充希「静岡に愛されるチームになりたい」

『とと姉ちゃん』は初回視聴率22.6%と好発進

 初回視聴率22.6%と好発進をした連続ドラマ小説『とと姉ちゃん』(NHK月~土8時より放送ほか)。父親の教えを胸に、家族を支え、昭和を駆け抜けたヒロイン・小橋常子を高畑充希(24才)が演じる。

 当たり前の日常を大切にする──仕事熱心だが、家族を愛し、眠る時間を削ってでも家族との時間を大切にした父・竹蔵の思いを引き継いだヒロイン・常子が大好きな“父(とと)”の代わりに母と妹2人を守り、激動の昭和を駆け抜けていく。

 生活情報雑誌の草分け『暮しの手帖』の創業者・大橋鎭子さんをモデルにしたオリジナルドラマだ。日々の生活を大切にした昭和の暮らしとともに、見ているだけで豊かな気持ちになれそうなドラマだ。

「『あさが来た』はスーパーヒロインだったのに対し、今作はいわゆる“ごく普通の女の子”が主人公」と言うのはテレビ・ドラマ解説者の木村隆志さん。

「普通の女の子が家族のため、人のためにと必死に頑張っていく中で成長していく。その姿に視聴者は共感できるのではないでしょうか」

 また「朝食を家族でとる」、「親でも子供に敬語を使う」など日々の生活をていねいに扱っているところも魅力のひとつ。

「真似したくなるような生活のヒントもちりばめられています。時代背景には戦後復興がありますが、決して暗くならず、ファッションや生活様式もスタイリッシュ。ヒロインを通じて明るく時代が変わっていく様子を堪能できるでしょう」(木村さん)

「静岡のかたに愛されるチームになりたい」と撮影をスタートした高畑。「ロケを重ねるごとに姉妹の仲がよくなり、撮影の後にごはんを食べるたびにパワーをもらっています」と次女役の相楽。その言葉通り、カメラが回っていなくても家族の仲睦まじい様子は変わらない。

※女性セブン2016年4月21日号

関連記事

トピックス