• TOP
  • ライフ
  • 【書評】「学校は悪」という空気がもたらした悲劇

ライフ

2016.04.11 16:00  SAPIO

【書評】「学校は悪」という空気がもたらした悲劇

【書評】『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』/福田ますみ著 新潮社/本体1400円+税

福田ますみ(ふくだ・ますみ):1956年神奈川県生まれ。立教大学社会学部卒業。専門誌、編集プロダクション勤務などを経てフリーに。著書に『でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相』(新潮文庫。新潮ドキュメント賞)など。

【評者】評者/鈴木洋史(ノンフィクションライター)

 いろいろな意味で、読んで背中に寒気を感じる話である。

 2005年12月、丸子実業高校(現丸子修学館高校。長野県)1年生の男子生徒が自宅で首吊り自殺した。母親は当初、所属していたバレーボール部内での先輩によるいじめが原因だとマスコミに言い立て、後にはなんと校長を殺人罪で刑事告訴した。

 生徒はうつ病の診断書を3回も学校に提出していたのに、校長が「欠席が続くと進級が難しくなる」という内容の文書を送った結果、生徒は不安と絶望を駆り立てられ、自殺に追い込まれたという主張である。

 母親はさらに、損害賠償を求めて校長、いじめを行ったとされる先輩とその親、県を民事で提訴。それに対して、校長らは母親と徹底的に争い、バレー部の関係者らは母親の言動によって精神的苦痛を被ったとして損害賠償を求め、校長は母親と弁護士を名誉毀損で提訴した。バレー部の関係者らによる提訴に対しては母親が反訴している。こうして前代未聞の告訴合戦が展開された。

 本書はその顛末を詳細に取材したルポルタージュである。

 当初、事件を報じた新聞は母親の主張に重きを置いた報道を行い、テレビは記者会見で校長の表情がふと緩み、ニヤついたようにも見えた瞬間の映像を印象的に使うなど〈あらかじめ、学校批判の筋書きを作っていた〉とも思える見せ方をした。そのため、学校はさまざまな嫌がらせを受けた。抗議電話が殺到し、校長宛てに注文していない品物が送りつけられて代金を請求され、校内で不審火が起き、体育館に「バレー部は人殺し」と落書きされた。

 母親の弁護人を買って出たのは、2004年の「イラク日本人人質事件」のとき3人の日本人を迎えに行った著名な人権派弁護士だった。また、どの報道機関も一応は校長らの主張も併記し、断定だけは避けて報道していたのに、「反権力」を売り物にする著名なルポライターと雑誌は、母親と弁護人だけの言い分をもとにしたルポ風の記事を執筆し、掲載した。

関連記事

トピックス