国内

坂東眞理子氏 夫との関係はつかず離れず、ときには別行動を

〈断捨離が流行り、終活という言葉が世を席巻しているが、その前に、今、このときをより豊かに暮らしたいと望む女性がいて、愛情も物質も地位も名誉もほしがったとしても、誰が非難出来るだろうか〉

 ノンフィクション作家・工藤美代子さんは、話題の新著『後妻白書 幸せをさがす女たち』で「後妻という生き方」を選んだ女性たちに、そうエールを送った。翻って私たちは、来たる老後にどんなイメージを持っているだろう。ただ楽観するのでも、ましてや悲観するのでもなく、不確定要素が多いことを覚悟しながら、それでも上を向いて、明るく幸せな未来を描きたい。ベストセラーとなった『女性の品格』(PHP新書)の著者で、昭和女子大学学長の坂東眞理子さんが、女の老後について語る。

 * * *
 40代の頃は、70になったら社会生活から引退し、家族とも離れて出家する生活がカッコいいと思っていました。

 でも、いざその年が近づくと、それはできないと痛感しています。やはり人とかかわっていたいし、家族とも愛情を持った関係は続けていたいんです。

 とはいえ、距離が近すぎるのも考え物。私にはワーキングマザーの娘が2人いて、どちらも子供が急病になったときなど「今日、面倒見てくれない?」と当然のように言ってくるんです。

 こちらも気兼ねなく「今日は用があるから無理よ」と断れるからいいものの、実の親子、それも女同士だと、よくも悪くもお互い遠慮がなく、それが摩擦のもとになりかねません。

 ですから、娘たちとは月に数回夕飯を共にするくらいにして、無理をしないようにしています。もし自分が介護を受ける立場になっても、家族ではなくしかるべき専門家に頼ろうと決めています。

 夫との関係もつかず離れずがいちばん。よく、定年後、夫との距離の取り方が難しいという声を聞きますが、週に1、2回は夕飯を別に取る日があってもいいんじゃないでしょうか。ぜひ、別行動を取ってみてください。

 その時に大事なのは、ひとりを楽しめる能力と、自分から働きかける能力です。これは熟年離婚をしたかたにも言いたい。

 例えば、誰かのファンになって、一方的に応援し続けるもよし、地域のイベントに参加してみるもよし。そして、誰かを誘って断られても、めげずにまた声をかけてみる。でないと、どんどん孤立してしまいますよ。

 仕事をするのも、有用感を持てるのでぜひお勧めしたい。何かやりたいことができると、老後はむしろひとりのほうが楽しいんじゃないかしら。
 
※女性セブン2016年4月21日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
山田邦子
天下を取った女性芸人・山田邦子が語る「テレビが求心力を失った理由」と「傷つけないお笑いへの疑問」
女性セブン
呼吸困難、頭痛など後遺症の組み合わせは多岐にわたる(写真/PIXTA)
疑われ始めたワクチンの効果 追加接種に積極的な国ほど感染者増、自然免疫力への悪影響も
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン