ライフ

石田三成の子孫 「石田家の男子はみんな腹が弱い『三成腹』」

石田家15代目当主石田秀雄氏

 4月から「大坂編」に入り、視聴率好調のNHK大河ドラマ『真田丸』。三谷幸喜・脚本が描く武将たちのキャラクターが魅力的だ。戦乱の世を生き抜いたその「末裔」を訪ねた。第14話から登場したのが、関ヶ原の戦いで西軍(反徳川)の中心的存在となった石田三成(山本耕史)だ。

「これまでNHKの大河ドラマ『太閤記』(1965年)での石坂浩二さんを始め、民放の連続ドラマ『関ヶ原』(1981年~、TBS系)では加藤剛さんなどが演じてきました。どの石田三成も美男子で頭がいいんだけど、冷血で人から好かれない性格。だから三成公のイメージはすこぶる悪いんです」

 石田家15代目当主石田秀雄氏(66)はそう語り、うなだれる。

「去年の『石田三成祭』(滋賀県長浜市)に出席してくれた山本耕史さんには、『三成公のイメージアップのために精一杯がんばってください』とお願いしたんですけど……ドラマの中ではトゲのあるセリフが多いですよね(苦笑)」

 実際、14話で真田信繁は「なぜだろう、人を不愉快にする何かをもっている」と三成を評する。

 石田家は4代目からは武家の家柄を捨て、庄屋として家督を継いだ。それが生粋の血を残すことに役立ったのだと秀雄氏はいう。

「武家の場合は養子などで家督を継いでいくのですが、庄屋はそんなことはしません。だからこそ三成のDNAがそのまま繋がっているのです」

 ただ、迷惑な性質も引き継いでしまったとか。

「石田三成は関ヶ原の戦いでお腹を下していたそうです。これが我々にまで受け継がれ、石田家の男子はみんなお腹が弱い。石田家では“三成腹”と呼んでいます。私や父もそうですが、受験の前日とかに限って下すんですよね(笑い)」

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン