• TOP
  • 三谷幸喜

三谷幸喜一覧

【三谷幸喜】に関するニュースを集めたページです。

海外ドラマ風コメディーで再タッグ(撮影/田中智久)

三谷幸喜、香取慎吾は喜劇俳優として「三木のり平以来の…

 NHK大河ドラマ『新選組!』、映画『ギャラクシー街道』、舞台『日本の歴史』などなど、これまで何度もタッグを組んで最高のエンターテイン…

2020.03.31 16:00  女性セブン

小林麻耶、姪の演技に号泣 海老蔵不在バレエ参観の家族愛

小林麻耶、姪の演技に号泣 海老蔵不在バレエ参観の家族愛

 おば・小林麻耶(40才)にとって、何よりかけがえのない瞬間だった。2月9日に都内の文化センターで開かれた名門バレエ学校の発表会。麻耶…

2020.03.12 16:00  NEWSポストセブン

大地真央は唯一無二の女優、NHKドラでは魔王役がハマる

大地真央は唯一無二の女優、NHKドラでは魔王役がハマる

 宝塚歌劇団月組のトップスターとして活躍し、その後、女優として多くの作品に出演している大地真央(64歳)。女優として異色の存在感を放…

2020.02.19 07:00  NEWSポストセブン

まずまずのスタートを切った『麒麟がくる』

史上最高の「大河ドラマ」総選挙ベスト20

 主役級のキャストがずらりと揃い、緻密な脚本と豪華な演出で歴史という“大河”を1年かけて描く。NHK大河ドラマは1963年の開始以来、「テレ…

2020.02.06 11:00  週刊ポスト

1000人が選んだ史上最高にカッコいい「刑事ドラマ」ベスト20

1000人が選んだ史上最高にカッコいい「刑事ドラマ」ベス…

 今も昔もドラマの大定番ジャンルといえば「刑事ドラマ」。派手な銃撃戦を繰り広げるアクションものから、緻密な推理で犯人を突き止めるミ…

2020.01.30 11:00  週刊ポスト

史上最高の医療ドラマは何か

史上最高の医療ドラマはどれか『白い巨塔』『ドクターX』…

 今、ドラマ界で最も熱いジャンルが「医療モノ」だ。生死をテーマに重厚な人間ドラマが描かれるだけに、古くから視聴者の心を鷲掴みにする…

2020.01.23 11:00  週刊ポスト

イッセー尾形 奇妙奇天烈で曖昧模糊、負けず嫌いで人見知り

イッセー尾形 奇妙奇天烈で曖昧模糊、負けず嫌いで人見…

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポス…

2020.01.22 16:00  週刊ポスト

小林麻耶、三谷幸喜作品で初舞台 鈴木杏樹との共演に感激

小林麻耶、三谷幸喜作品で初舞台 鈴木杏樹との共演に感激

 三谷幸喜作の舞台『罪のない嘘』の記者発表に、出演者の佐藤B作、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、小林麻耶、菅原りこ、あめくみちこ、鈴木杏樹、…

2019.12.07 16:00  NEWSポストセブン

中井貴一が40年近く活躍できる理由を中井貴一研究家が分析

中井貴一が40年近く活躍できる理由を中井貴一研究家が分析

 硬軟織り交ぜた演技で、俳優として40年近く第一線で活躍を続ける中井貴一(57才)。新作主演映画『記憶にございません!』も公開前から話…

2019.09.11 07:00  NEWSポストセブン

伊東四朗 「もっとウケるはず」という声が奥底から聞こえる

伊東四朗 「もっとウケるはず」という声が奥底から聞こ…

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優・伊東四朗が、役者人生をスタート…

2019.05.05 07:00  週刊ポスト

記者の直撃に答える渡辺えり

離婚の渡辺えりに27才年下俳優との復縁説について直撃

 劇場が多く建ち並ぶ東京・下北沢にほど近い繁華街。飲食店に、1人の中年男性のよく通る声が響き渡った。「近いうちに発表されると思うけど…

2019.04.18 07:00  女性セブン

とんねるず

とんねるずと田村正和の裏話、「今昔庵」マスターが明かす

「役者さんが疲れて台本を抱えながら眠っちゃったり、タレントさんがお酒を飲みすぎて顔を真っ赤にしていたり…。芸能人が“素の顔”でいられる…

2019.03.30 07:00  女性セブン

【大塚英志氏書評】朝毎読や電通など全方位に角が立つ本

【大塚英志氏書評】朝毎読や電通など全方位に角が立つ本

【書評】『大政翼賛会のメディアミックス 「翼賛一家」と参加するファシズム』/大塚英志・著/平凡社/ 2500円+税【評者】大塚英志(まん…

2018.12.14 16:00  週刊ポスト

園遊会豆知識、両陛下が使われるビニール傘は8000円

園遊会豆知識、両陛下が使われるビニール傘は8000円

「平成最後」を飾る今年は、どんなドラマが生まれるだろうか。天皇皇后両陛下の主催で、毎年春と秋の2度、赤坂御苑(東京・元赤坂にある赤坂…

2018.11.08 07:00  女性セブン

【今週はこれを読め! エンタメ編】六畳一間の日常風景〜『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』

【今週はこれを読め! エンタメ編】六畳一間の日常風景〜…

 阿佐ヶ谷姉妹が好きなんである(昨年おふたりがご出演された回の『タモリ倶楽部』の録画は永久保存決定)。本書は、彼女たちのふだんの暮…

2018.08.30 10:14  BOOK STAND

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス