• TOP
  • 三谷幸喜

三谷幸喜一覧

【三谷幸喜】に関するニュースを集めたページです。

史上最高の医療ドラマは何か

史上最高の医療ドラマはどれか『白い巨塔』『ドクターX』…

 今、ドラマ界で最も熱いジャンルが「医療モノ」だ。生死をテーマに重厚な人間ドラマが描かれるだけに、古くから視聴者の心を鷲掴みにする…

2020.01.23 11:00  週刊ポスト

イッセー尾形 奇妙奇天烈で曖昧模糊、負けず嫌いで人見知り

イッセー尾形 奇妙奇天烈で曖昧模糊、負けず嫌いで人見…

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポス…

2020.01.22 16:00  週刊ポスト

小林麻耶、三谷幸喜作品で初舞台 鈴木杏樹との共演に感激

小林麻耶、三谷幸喜作品で初舞台 鈴木杏樹との共演に感激

 三谷幸喜作の舞台『罪のない嘘』の記者発表に、出演者の佐藤B作、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、小林麻耶、菅原りこ、あめくみちこ、鈴木杏樹、…

2019.12.07 16:00  NEWSポストセブン

中井貴一が40年近く活躍できる理由を中井貴一研究家が分析

中井貴一が40年近く活躍できる理由を中井貴一研究家が分析

 硬軟織り交ぜた演技で、俳優として40年近く第一線で活躍を続ける中井貴一(57才)。新作主演映画『記憶にございません!』も公開前から話…

2019.09.11 07:00  NEWSポストセブン

伊東四朗 「もっとウケるはず」という声が奥底から聞こえる

伊東四朗 「もっとウケるはず」という声が奥底から聞こ…

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優・伊東四朗が、役者人生をスタート…

2019.05.05 07:00  週刊ポスト

記者の直撃に答える渡辺えり

離婚の渡辺えりに27才年下俳優との復縁説について直撃

 劇場が多く建ち並ぶ東京・下北沢にほど近い繁華街。飲食店に、1人の中年男性のよく通る声が響き渡った。「近いうちに発表されると思うけど…

2019.04.18 07:00  女性セブン

とんねるず

とんねるずと田村正和の裏話、「今昔庵」マスターが明かす

「役者さんが疲れて台本を抱えながら眠っちゃったり、タレントさんがお酒を飲みすぎて顔を真っ赤にしていたり…。芸能人が“素の顔”でいられる…

2019.03.30 07:00  女性セブン

【大塚英志氏書評】朝毎読や電通など全方位に角が立つ本

【大塚英志氏書評】朝毎読や電通など全方位に角が立つ本

【書評】『大政翼賛会のメディアミックス 「翼賛一家」と参加するファシズム』/大塚英志・著/平凡社/ 2500円+税【評者】大塚英志(まん…

2018.12.14 16:00  週刊ポスト

園遊会豆知識、両陛下が使われるビニール傘は8000円

園遊会豆知識、両陛下が使われるビニール傘は8000円

「平成最後」を飾る今年は、どんなドラマが生まれるだろうか。天皇皇后両陛下の主催で、毎年春と秋の2度、赤坂御苑(東京・元赤坂にある赤坂…

2018.11.08 07:00  女性セブン

【今週はこれを読め! エンタメ編】六畳一間の日常風景〜『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』

【今週はこれを読め! エンタメ編】六畳一間の日常風景〜…

 阿佐ヶ谷姉妹が好きなんである(昨年おふたりがご出演された回の『タモリ倶楽部』の録画は永久保存決定)。本書は、彼女たちのふだんの暮…

2018.08.30 10:14  BOOK STAND

「新しい地図」と田原俊彦が共演する可能性も

稲垣、草なぎ、香取に紅白出場の噂、NHKとの関係は良好か

「配信限定でのリリースながら、新曲『雨あがりのステップ』は10万ダウンロードに届く勢いの大ヒット。それぞれが映画や舞台、アートの分野…

2018.06.21 16:00  女性セブン

【日大解剖】芸術学部OBは出身を聞かれると「日芸」と答える

【日大解剖】芸術学部OBは出身を聞かれると「日芸」と答…

 爆笑問題、宮藤官九郎、篠山紀信、林真理子、三谷幸喜、近藤サト……。芸能人、アナウンサーからカメラマンまで有名人を輩出しているのが芸…

2018.05.29 11:00  週刊ポスト

フジに愛され過ぎたカトパン 八木亜希子アナになれるか?

フジに愛され過ぎたカトパン 八木亜希子アナになれるか?

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、カトパンの今後の可能性…

2018.04.25 07:00  NEWSポストセブン

名探偵もの特別ドラマが増加 三谷幸喜新作は古畑と共通点も

名探偵もの特別ドラマが増加 三谷幸喜新作は古畑と共通…

 名探偵が謎解きして難事件を解決に導く――ここ最近、名探偵ものが特別ドラマとして再び脚光を浴びている。脚本家三谷幸喜氏もこのほど、ア…

2018.04.11 07:00  NEWSポストセブン

歌舞伎出演半減の片岡愛之助 チケット売れず、先達が立腹

歌舞伎出演半減の片岡愛之助 チケット売れず、先達が立腹

 台湾では「女っぽい男性」、今どきの言い方でいうと「オネエキャラ」のことを、俗に「娘娘(ニャンニャン)」と呼ぶ。この3月末、台湾で熱…

2018.04.07 16:00  女性セブン

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス