まとめ

連載・シリーズ一覧を見る

戦国武将の食事まとめ by NEWSポストセブン

2016.05.21 16:00

 NHK大河ドラマ『真田丸』で注目の集まる戦国の武将たち。乱世を生き抜いた戦国の英傑たちは、食への並々ならぬこだわりを持っていたという。そんな彼らの活躍を支えた「食の秘密」を探った。(2016年5月21日更新)

 NHK大河ドラマ『真田丸』で注目の集まる戦国の武将たち。乱世を生き抜いた戦国の英傑たちは、食への並々ならぬこだわりを持っていたという。そんな彼らの活躍を支えた「食の秘密」を探った。(2016年5月21日更新)




石田三成最後の食事「ニラ雑炊」

【石田三成】敗軍の将の最後の食事「ニラ雑炊」

 ニラには整腸効果があり、古くから消化不良や冷え性の改善食とされてきた。関ヶ原からの敗走中、徳川方に捕縛された三成は食事にニラ雑炊を要求。再起を誓い、最期まで食事に気を配ったが刑場の露と消えた。

2016.05.02

もっと読む


農民から天下人へ押し上げた「秀吉の膳」

【豊臣秀吉】農民から天下人へ押し上げた「秀吉の膳」

 秀吉は根菜類が好物で生涯食膳から欠かさなかったという。味噌汁や焼き蛸の味付けに必須アミノ酸のトリプトファンが豊富な豆味噌を使った。ごぼうは食物繊維、大根は消化酵素を含む。

2016.05.02

もっと読む


織田信長はパワーフード「アワビ」で天下統一

【織田信長】パワーフード「アワビ」で天下統一

 塩辛い味付けを好んだと言われる信長。愛好した料理は肉体疲労と精神力を回復させるものが多い。やきとりの皮にはヒアルロン酸などが含まれ細胞の老化を防ぐ。アワビのタウリンには疲労回復効果がある。

2016.05.02

もっと読む


加藤清正を支えた「玄米」と「豆味噌」

【加藤清正】虎をも退治する猛将を支えた「玄米」と「豆味噌」

 秀吉に仕え、数々の武功をあげた清正は180cmを超える巨漢だった。強靭な肉体の源は1日5合を食したという玄米。日ごろからビタミン豊富な赤鰯や豆味噌なども愛好し、バランスのとれた食生活を送っていた。清正は戦場でも玄米の握り飯を豪快に頬張っていたという。炭水化物とビタミンB1を同時に摂取できる玄米が、大量のエネルギーを生み出す食品であることを体験的に知っていたのかもしれない。

2016.05.06

もっと読む


天海の長寿の秘密は「クコめし」と「納豆汁」

【天海】長寿の秘密は「クコめし」と「納豆汁」

 家康からの徳川三代を支え、数え108歳ともされる長寿を誇った僧・天海。家康から長寿の秘訣を尋ねられ「新鮮で質の良いあっさりした食事」と答えたという。クコは老化を防ぐと言われるベータカロテンが豊富で、免疫力も高める。

2016.05.06

もっと読む


伊達政宗が愛した「豆めし」

【伊達政宗】独眼竜の猛将が愛した「豆めし」

 一度会うだけで相手の姓名や風貌を忘れない、政宗の抜群の記憶力を支えたと思われるのが「豆めし」。炭水化物とタンパク質を同時に摂取できる機能食だ。政宗は大豆にもこだわり、朝鮮出兵では政宗の仙台味噌だけが腐敗しなかったという。

2016.05.06

もっと読む

信長、秀吉、家康は大豆100%の「豆味噌」を好んで食していた

「豆味噌は必須アミノ酸のひとつ、トリプトファンが多く、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの原料になります。セロトニンは脳を活性化させ、ストレスに強くなる効果があることが知られています」(食文化史研究家で元・西武文理大学客員教授の永山久夫氏)

2016.05.09

もっと読む

■写真は食文化史研究家・永山久夫氏監修の『武将メシ』(宝島社刊)より(撮影・明石雄介)

本文を読む

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP