芸能

オダギリジョー・香椎由宇夫妻に 新たな生命が宿る

新たな生命を授かった香椎由宇

 女優の香椎由宇(29才)が妊娠していることが判明した。この夏から秋にかけて、出産予定だという──。

 やんちゃ盛りの男の子に力いっぱい手を引かれ、コンビニに入ってきたお母さん。男の子はお菓子コーナーで、今日のおやつをどれにするか真剣に考え込んでいる。どこか微笑ましい息子の様子に、母親は優しい視線を送り続けている。店を出たふたりは、またしっかりと手をつないで歩き始めた。母親のお腹は、新しい命を宿してふっくらと丸みを帯びていた。彼女は香椎由宇だった。

「近所を散歩したり、スーパーで買い物をしている姿をよく見かけますよ。お子さんは元気いっぱいで、香椎さんにも笑顔が戻って…」(近隣住民)

 2008年にオダギリジョー(40才)と結婚した香椎は、2011年2月に第1子となる長男を出産。2014年4月には次男が誕生した。

「カメラが趣味の香椎さんは、子供たちと出かけるときには必ずカメラを持ち歩いて、成長をずっと見守っていました。夜、子供が寝る前には、“今日もいい子だったね”ってギュッと抱きしめてあげるのが日課だったそうです」(芸能関係者)

 そんな幸せな家族を苦難が待っていた。昨年4月、1才の誕生日を迎えたばかりの次男が一種の腸閉塞である『絞扼(こうやく)性イレウス』と診断され緊急手術。懸命の処置が施されたが、1才と9日で天国へと旅立った。

「それからの日々は壮絶でした。下の子は生まれつき体が弱かったんですけど、香椎さんは“妊娠中に仕事をしていたせいで、悪い影響があったのかもしれない”って、自分を責めるような言葉を吐露することもありました」(前出・芸能関係者)

 香椎は出演予定だったドラマを降板し、オダギリも撮影を延期して自宅にこもる日々が続いた。

「ふたりを前向きにさせたのは、長男の存在だったそうです。香椎さんは、それまで以上に仕事をセーブして子育てを最優先するようになりました。オダギリさんも、仕事復帰後も休みの日や時間があるときには、とにかく長男と一緒にいるようにしてきたんです」(前出・芸能関係者)

 今年1月、本誌は香椎が仕事関係者と都内のワインバーで食事をしている姿を目撃している。白いトップスに身を包んだ香椎はカウンター席に座り、自身が出演したファッションブランドのCMや2020年の東京五輪について会話を交わしていた。香椎の笑顔は控えめだったが、次男を失った悲しみを少しずつ乗り越えようとしているのが感じられた。

 しばらくして、香椎の体の中に新しい命がやってきたことが判明した。

「この夏から秋にかけて生まれる予定です。妊娠がわかってからは、オダギリさんはこれまで以上に家事や長男の面倒を見るようになり、香椎さんに極力負担をかけないようにしているそうです。お腹が大きくなってからは、香椎さんのお母さんも頻繁に家にやってきて、身の回りのお手伝いをしてくれているそうです」(別の芸能関係者)

 7月上旬のある日、香椎はママ友と連れ立って近所のデパートを訪れていた。帽子を目深にかぶり、サングラスで変装していても、子供同士ではしゃぎ合う長男の姿にいつものように温かい視線を送る。そこには、次男と、そして生まれ来る子供への愛に包まれていた。

※女性セブン2016年7月21日号

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン