• TOP
  • スポーツ
  • 歴史浅い私立高校 出場のたび経営逼迫する「甲子園貧乏」も

スポーツ

2016.08.05 07:00  週刊ポスト

歴史浅い私立高校 出場のたび経営逼迫する「甲子園貧乏」も

甲子園出場で経営を圧迫する例も

 第98回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園大会)が8月7日に開幕する。めでたいはずの甲子園出場も、高校側は手放しで喜べない事情がある。甲子園を目指す高校側の出費は親の負担の比ではないからだ。スポーツジャーナリストの田尻賢誉氏がいう。

「2011年センバツ大会に21世紀枠で出場した徳島県立城南高校は、甲子園の2試合で約4000万円を使いました。野球部関連で1754万5224円、応援団関連で1565万2064円、残り約500万円は事務費という内訳でした。

 野球部関連費用のうち、約1000万円は新調したユニフォームやスパイク、ベンチコートなどの用具代が中心。応援団関連費は、メガホンや帽子などで655万1804円。大型バスでの移動費が484万6455円。バスで甲子園に行ける距離なのでこの程度で済んでいますが、遠方の学校だと交通費や宿泊費が、さらに膨大になります」

 日帰り応援可能な関東圏の高校でも、決勝まで進めば1億円超の出費になると言われる。そんな大金をどう調達するのか。田尻氏が解説する。

「2011年センバツに21世紀枠で出場した秋田県立大館鳳鳴高校は、遠方ということもあり、1回戦負けにもかかわらず6000万円の費用がかかりました。ところが同校は、その倍にもなる1億2000万円を寄付で集めることに成功しています。同校は創立100年を超える伝統校でOBが多く、初出場で地元の話題を集めたことが大きかった」

 だが同校は極めて恵まれたケースだという。

「歴史の浅い私立校では寄付してくれるOBの数が少なく、地元財界にもコネがない。出場するたびに学校経営が逼迫する“甲子園貧乏”に陥ることもある」(スポーツ紙記者)

 甲子園は学校にとってもハイリスク・ハイリターンのギャンブルなのである。

※週刊ポスト2016年8月12日号

関連記事

トピックス