芸能

松坂桃李と高岡早紀 韓国料理店での濃密会話一部始終

急接近している松坂と高岡

 松坂桃李(27才)と高岡早紀(43才)が出演した舞台『娼年』が9月15日、大好評のなか幕を閉じた。激しいベッドシーンもありR15指定になるなど、スキャンダラスな話題も振りまいたが、その裏側では松坂と高岡が急接近していたという──。

 東京公演初日の1週間前。舞台の稽古も大詰めを迎えていたある夜、ふたりは都内の繁華街から1本入った路地裏にひっそりと佇む、韓国料理店にいた。ここは高岡の行きつけの店。店員が「いつも同じ注文ねぇ」と高岡に話しかける。

高岡「そうなのよー。じゃあ今日は別のものにしようか」
松坂「ハイボールで」
高岡「私もそうしよっと。何食べる?」
松坂「う~ん、チヂミかな」
高岡「私も同じこと思ってた」

 白いTシャツ姿で少し長めの前髪を流した彼を見つめながら、高岡の笑顔がはじける。

高岡「今の私大丈夫? スッピンだから恥ずかしい」

 両手で顔を覆い隠すそぶりを見せる高岡に、松坂は笑顔を返す。

高岡「楽しい? 私は楽しい。今日ご飯食べるの楽しみにしてたよ」
松坂「楽しいよ、もちろん」
高岡「早い者勝ち。こういうのって言ったもの勝ちよ!」

 自然体で会話する高岡に、はじめは周囲の客を警戒している様子だった松坂の口数も徐々に増えていく。

松坂「相手の女優さんを素敵にさせてあげるのが、俳優の仕事だって思うんだよね」
高岡「それは基本だよね。とても大変なことだけど」
松坂「相手役を輝かせて、どうきれいに見せてあげるか。それを本気で考えている人に勝る人はいない」

 俳優としての理想像を熱く語る松坂。にわかにまっすぐな視線を高岡に送る。

松坂「その点、俺らって信頼しあってお芝居できてるよ」
高岡「うん、できてる。できてるよ!」

 声を弾ませる高岡。敬語とタメ口が交ざり合い、16才の年の差が少しずつ消えていく。会話とお酒は進む。

松坂「そこにホクロあるよね」
高岡「いやらしいところにあるでしょ? 背中はないのよ。背中は、ね?」
松坂「もう1回」

 松坂のリクエストに、高岡はもう一度しっとりとした素肌の背中を見せつける。

松坂「俺もね、あるよ」
高岡「腰にでしょ? あれは今日気づいたんだけど」

 舞台で互いの体を確かめあったふたりにしかわからない会話が続く。

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン