松坂桃李一覧

【松坂桃李】に関するニュースを集めたページです。

「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
 ファンが喜ぶ朗報がぽつりぽつりと出てきた、女優の戸田恵梨香(33才)。一気に蒸し暑くなってきた6月中旬の夜。東京都内の繁華街に、戸田がマネジャーらしき女性とともに現れた。ショッキングピンクのパンツ姿に白のシースルーのトップスが車のライトに照らされ、夜に映える。心なしか明るく見える表情は、そのライトのせいだけではないだろう。 昨年秋に「精神的な不調」を理由に予定していた仕事を次々とキャンセルしたことが報じられた彼女。しばらく静養に努めていたが、この春から仕事に復帰した。ばっさり切ったショートヘアで驚かせた3月末の『ELLE JAPAN』から『MAQUIA』、『SPUR』と、複数のファッション誌でモデルとしての活動を再開させてきた。 5月には、公式インスタグラムに、大ヒットドラマ『コードブルー』(フジテレビ系)シリーズの共演者だった親友の比嘉愛未(36才)と、三重県へ川遊びや筍狩り、田植えの体験旅行をした模様を公開した。〈美しい食事、浄化してくれる空、そして共有してくれる仲間がいる事が、なんて幸せなんだと改めて思う〉 そうインスタグラムに綴り、心身の充実が戻ってきた様子をうかがわせた。 そして、6月27日には、『女性自身』が、「来年1月期のTBS系連続ドラマに主演内定」と報じた。いよいよ本格的に女優復帰を果たすという。 とにかく今、同世代の女性から圧倒的な支持を受けている。マーケティングリサーチ会社のアーキテクトが運営する「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)では、女性タレントの中で北川景子(2位)や新垣結衣(3位)を抑えて、堂々の1位を獲得。 テレビ局関係者は「仕事か家庭かの選択を迫られるなど、社会的にも人生としても分岐点に直面する世代の女性たちにとって、公私をともに充実させている戸田さんは憧れの的なのです」と話す。ちょうど、この調査時期に休業報道も出たが「F1層たちは『実績を積み上げてきたのなら、ときには自分のペースで進んでもいいんだよ』と、戸田さんが幸せへのお手本を示してくれたようにも感じられて、より好感を持たれたのではないか」と続けた。 そもそもハードワークがたたっての休養だった。『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系・2018年)、NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』(2019~2020年)と、立て続けに主演ドラマをヒットさせた。2021年も、まずは主演映画『母性』(11月23日公開予定)の撮影に挑み、「娘に愛情を注げない問題ある母親」を演じて、その直後に主演ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』を撮影。しかも、ともに永野芽郁(22才)と共演し、『母性』では愛憎を交錯させる母娘、『ハコヅメ』では交番の先輩後輩バディーと、全く違う関係だった。 役に入り込むタイプといわれる戸田にとっては、あまりに落差が激しく、心身が削られたとしても無理はない。 しかし、2020年12月に結婚した俳優の松坂桃李(33才)が家事を率先して行うなど献身的なサポートもあり、無事にここまで回復。前出のテレビ局関係者は「むしろ、休養した空白期間を経ての復活に、ファンにとって彼女の存在価値は上がったと考えられます。根強いファンに支えられている彼女の人気は今後さらに増すでしょう」と話す。 年内は、11月公開の『母性』だけでしか女優としての姿は見られなさそうだが、映画公開前には宣伝のために、テレビバラエティーや情報番組への出演の可能性はある。画面で元気な姿が見られようになるのも、そう遠くはなさそうだ。
2022.07.02 16:00
NEWSポストセブン
松坂桃李、戸田恵梨香と結婚後の激変「ゲームより家事、そば、ペン習字」
松坂桃李、戸田恵梨香と結婚後の激変「ゲームより家事、そば、ペン習字」
 今、最も乗っている俳優は、やっぱりオーラも一味違う。3月下旬の夜。都内のニッポン放送には、「菅田将暉のオールナイトニッポン」の最終回のはずが、俳優の松坂桃李(33才)が、黒いバンから降りてきた。ブラウンのシャツに黒のパンツ姿。マスクのため目元しか見えないのに、はっきりと漂うイケメンの香り。関係者に、目を細めてほほ笑みかけたその姿は、やはり華やかでほかの男性とは違った空気をまとっていた。 菅田が新型コロナウイルスに感染したことを受けて最終回は延期に。この日、松坂が”代打出演”したのだった。あるテレビ局関係者は「相変わらず、ラジオでは趣味のデジタルカードゲーム『遊戯王 マスターデュエル』の話などを、ハイテンションでしゃべっていました。でも、実生活では、独身時代のようにゲームに没頭するわけではなく、積極的に家事をやっていると聞きますね」と話した。 新型コロナウイルス禍の2020年12月10日に、女優の戸田恵梨香(33才)との電撃結婚を発表。それまで芸能関係者からはノーマークだっただけに、大きなインパクトだった。 たしかに、3月31日から放送が始まったテレビCM『リクルートダイレクトスカウト』の取材でも、「結婚をして家事をするようになって、仕事に行く前と帰宅後に何をするか。スケジュールを、頭の中できちんと組み立てるようになりました」と明かしている。 冒頭の菅田のラジオでも、1月にゲスト出演した際には「結婚してから『(ゲーム)課金は無いな。やめるか』となって、そばを打ち始めたのよ。めちゃめちゃおもしろい、奥が深くて!」と、家庭的に変化してきたことも語っていた。 妻の戸田は、昨年7月クールの連続ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』の主演後は、しばらく休養。内定していた映画やこの春の主演ドラマを、ひっそりと降板していたとされている。ある芸能関係者は「昨年夏以降、体調を崩して、やむなく仕事をセーブしたとのことでした。その間は、夫の松坂さんがサポートしてくれていたそうです」と話す。 戸田は、無事に3月末発売のファッション誌にモデルとして“復帰”。ロングヘアをばっさりと切ったベリーショートヘアにした姿も、公式インスタグラムで公開し、元気になった様子をファンに届けた。「2021年の松坂さんは、NHK『今ここにある危機とぼくの好感度について』やテレビ朝日『あのときキスをしておけば』の連ドラに主演。映画も『あの頃。』と『孤狼の血 LEVEL2』に主演した上に、吉永小百合さん(77才)主演の『いのちの停車場』や社会派作品『空白』と、話題作に次々出演して、飛躍の年でした。プライベートで仲の良い先輩俳優の小栗旬(39才)にも『急激に進化してるんだなぁ、すげえな』と絶賛されるなど、業界内外でさらに注目が高まっています」(前出・スポーツ紙記者) 2年前の2020年3月の日本アカデミー賞で、映画『新聞記者』の演技で、最優秀主演男優賞を受賞してから、今年3月の同賞でも、『孤狼の血 LEVEL2』で優秀主演男優賞に輝くなど、着実に実力と実績を積み上げてきている。「結婚発表時の直筆コメントのためにと、ステイホーム中にペン習字を習うなどのまじめさも、公私に渡って好影響をもたらしているのでしょう。普通のイケメン俳優は、結婚後には人気が落ち着く傾向ですが、松坂さんは例外ですね」(前出・テレビ局関係者) 冒頭、ラジオ局で出待ちをしていた10人前後の松坂より年上の女性ファンたちは、松坂を見た瞬間、溢れんばかりの黄色い声援を送った。女性人気は衰え知らず。今後も芸能界のスター街道を走り続けていくだろう。
2022.04.21 16:00
NEWSポストセブン
【動画】戸田恵梨香 夫・松坂桃李の支えで復活へ 私服姿も
【動画】戸田恵梨香 夫・松坂桃李の支えで復活へ 私服姿も
 3月30日、戸田恵梨香さんが、ロングヘアをバッサリ切ったベリーショートの姿を自身のインスタグラムで公開しました。 昨年10月、映画を突然降板すると、それ以降は仕事をセーブしていた戸田さん。今回の投稿は、3月末発売のファッション誌でモデルを務めたときのもの。復活ともとれる内容にファンは喜んでいます。 戸田さんの知人は「夫の松坂桃李さんの助けもあって、体調は少しずつ回復しているようです」と明かしています。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2022.04.12 16:00
NEWSポストセブン
4月上旬、愛犬とともに外出した戸田
降板が相次いだ戸田恵梨香が復帰 松坂桃李は家事で支える寄り添う夫婦生活
 大胆なヘアスタイルの変化と力強い眼差し──ファンは彼女の激変に“完全復帰”を期待している。3月30日、ロングヘアをバッサリ切ったベリーショート姿を自身のインスタグラムにアップしたのは戸田恵梨香(33才)だ。「戸田さんは昨年10月、クランクインが1か月半後に迫った映画を突然降板すると、それ以降は仕事をセーブしてきました。今回の投稿は、3月末発売のファッション誌でモデルを務めたときのもの。“復帰”ともとれる内容にファンは喜んでいます。ネット上にはファンの“カッコいい”“ショートかわいすぎる”といったコメントがあふれていますが、関係者の中にはその変貌ぶりに驚いている人もいるようです」(芸能関係者) 戸田が降板したのは映画だけではなかった。主演が決まっていた今年4月クールのドラマ『持続可能な恋ですか??~父と娘の結婚行進曲~』(TBS系)への出演もキャンセルしていた。同ドラマは上野樹里(35才)が代役を務め、4月19日から放送がスタートする。戸田の“ドタキャン”が伝えられた当時、現場は大慌てだったという。「主演クラスの俳優は、1年以上前からスケジュールを押さえる必要があり、代役探しは難航したようです。“戸田さんが出るなら”と出演を決めた俳優さんもいたようで、共演者への説明も大変だったとか」(前出・芸能関係者) 戸田の降板理由については「精神的な不調」などと報じられたが、所属事務所からの正式な発表はなかった。そのため、ファンの間でさまざまな臆測が流れた。なかには、2020年12月に結婚した松坂桃李(33才)との“おめでた”を連想し、祝福するファンもいた。「妊娠ではありません。彼女が不調を来したのはプロ意識の高さゆえです」 と明かすのは彼女を知るドラマ関係者だ。 相次いで仕事をキャンセルする直前の昨夏、戸田は主演ドラマ『ハコヅメ?たたかう!交番女子?』(昨年7月クール・日本テレビ系)の撮影に励んでいた。当時は新型コロナが猛威を振るっており、撮影現場でも感染者が出るなどして撮影がたびたびストップ。スケジュールがタイトになり、撮影はかなりハードなものになった。「座長の戸田さんは、なんとか撮影現場をまとめようと奮闘していました。いい作品を少ない時間で作ることに相当なプレッシャーを感じていたようで、日を追うごとに疲弊していったんです。『ハコヅメ』の撮影終了後、彼女は限界を感じ、事務所の社長に泣きながら深刻な不調を報告しました。ただならぬ状況を察した事務所が、主演予定だった映画とドラマサイドに謝罪し、降板を受け入れてもらったのです。 責任感の強い彼女ですから、あのタイミングでの降板がどれだけ迷惑をかけるかわかっていました。それでもその選択をしなくてはいけないほど、深刻な不調に陥っていたんです」(戸田の知人) 以後、戸田は“療養生活”を始めたという。そんな戸田を支えたのは松坂だった。「松坂さんも今年5月に主演映画の公開を控えるなど多忙な身ですが、自宅では”自分にできることは何か”を考えて、戸田さんに対してさまざまな気遣いを見せていたようです。おかげで彼女も、ゆっくりリフレッシュできたのではないでしょうか」(前出・戸田の知人) 戸田が冒頭のようにインスタを更新した同日、松坂は出演したテレビCMのインタビューで「結婚して家事をするようになって、仕事に行く前と帰宅後に何をするかスケジュールを頭の中できちんと組み立てるようになりました。うちは家事に関してはできる人がやっているので」と、妻に寄り添う夫婦生活を明かしている。「松坂さんの助けもあって、体調は少しずつ回復しているようです。彼女が髪を切ったのは昨年末で、気分転換もかねてショートに挑戦したようですよ」(前出・戸田の知人) 完全復帰も近いようだ。※女性セブン2022年4月21日号
2022.04.08 07:00
女性セブン
松坂桃李が語った
松坂桃李、両親のために一戸建て! 「ローン組めない」発言の真相
 暴力団組織を権力で押さえつける刑事からアイドルオタクまで──幅広い役になりきる高い演技力を持ち、実力派俳優として知られる松坂桃李(33才)。その意外な発言に注目が集まったのは今年8月下旬のことだった。出演したラジオで「ローンが組めない」と語り、ちょっとした騒動となったのだ。実はその発言の翌日、ある住宅の登記簿に松坂の名前が刻まれていた。 注目の発言が飛び出したのは、8月23日深夜のラジオ「松坂桃李のオールナイトニッポン」。そもそもこの枠は、松坂の所属事務所の後輩である菅田将暉(28才)がパーソナリティを務めていたが、菅田が夏休みのため、松坂が彼に代わって出演。「松坂桃李は俳優でございます」と自己紹介したあと、「日本アカデミー賞的には、2019年に最優秀助演男優賞、2020年に最優秀主演男優賞をゲットしております。なので、そこらへんは信用してもらって大丈夫な俳優ですね…ただローンは組めない。そうですね、まだローンは組めないですね。アカデミー(賞を受賞したのに)でもこの仕事はローン組めないのかな…頑張るしかない」と語ったのである。 この放送を聞いたユーザーたちはインターネット上であれやこれやとコメントを交わした。「桃李くんが新居を買おうとしたのにローンが組めずに断念したの?」や「不祥事で仕事が一気になくなる芸能界はローンが組めないんだろうな」などと、波紋を呼んだのだ。 超売れっ子俳優の松坂は昨年末に、同じく超売れっ子俳優の戸田恵梨香(33才)と結婚しており、夫婦の世帯収入は相当な額になるはず。実際、芸能人は高収入でもローンが組めないのか。ある金融機関関係者はこう話す。「住宅ローンの話だと仮定しますが、確かに、怪我や病気以外に、今は人気でも将来は仕事がなくなるリスクがある芸能人は、収入が長期で安定しないために、金融機関からシビアに見られてしまいます。ですが、過去に大きなお金に関するトラブルがない限り、住宅ローンが全く組めないということはありません。松坂さんは奥様の戸田さんも著名な役者さんですから、どちらかが仕事が減ったとしてもカバーしていけますしね」 では、どういった経緯でこんな発言をしたのだろうか。実は松坂は今年に入り、新築の家を建てていた。「そこでの経験から住宅ローンについて色々と学んだのではないか」と、明かすのは、松坂を知る芸能関係者だ。「この夏に、ご実家を建て直したようなんです。もともとご両親が持っていた土地に、松坂さん名義の一戸建てを建てました。松坂さんはとても両親思いで、個人事務所の代表はお母様ですし親子関係も良好。新築の家はご両親へのプレゼントなのかもしれませんね。登記を見ると『ローン組めない発言』の翌日に、松坂さんの名前で所有権保存されていますから、家を建てる際にいろいろと知見を深めて、あの発言をされた可能性はありますね」 あの自虐発言は、親孝行の中での実体験だったのだろうか。たとえローンが組めなかったとしても、松坂の両親にしてみれば、誇らしい息子であることは間違いない。
2021.11.19 16:00
NEWSポストセブン
松坂桃李が語った
観客を裏切り続ける松坂桃李 主演作『孤狼の血』は俳優人生の真骨頂
 8月20日より公開中の松坂桃李(32才)主演の映画『孤狼の血 LEVEL2』。封切りから最初の3日間で13万6000人を動員し、興行収入1億9300万円の好スタートを切った。SNSなどの口コミでは、「スクリーンから伝わる松坂桃李の熱量が凄まじい」、「今まで見たことのない松坂桃李から目が離せなかった」といったコメントが多く並ぶ。今作の松坂が注目を集める理由について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。 * * * バイオレンスな描写が多いハードな世界観の作品にもかかわらず、封切り早々大きな話題を呼んでいる映画『孤狼の血 LEVEL2』。豪華キャスト陣の誰も彼もが個性的な役に扮し見ごたえ十分なのだが、その中でも注目を集めているのが鈴木亮平(38才)の怪演だ。筆者も彼の演技には戦慄した。しかし、ここではあえて、鈴木の演技を際立たせている主演の松坂の魅力について見ていきたい。鈴木の怪演は、受け手の力があってこそ成立するものだと思うからだ。 本作は、広島の裏社会で奮闘する、若き刑事の姿を描いたもの。2018年に公開され、数々の映画賞を総ナメにした『孤狼の血』の続編で、作家・柚月裕子(53才)による小説『孤狼の血』シリーズ三部作を白石和彌監督(46才)が映画化した。前作で主演を務めた役所広司(65才)から松坂がバトンを引き継ぎ、今回では原作には描かれていないオリジナルストーリーが展開。息つく暇もない、男たちの肉体と魂のぶつかり合いが繰り広げられている。 物語のあらすじはこうだ。一匹狼の刑事・日岡(松坂)は、3年前に暴力組織の抗争に巻き込まれて殺害されたマル暴の刑事・大上の後を継ぎ、街の秩序を維持するため、警察と裏社会のタイトロープを担い続けていた。ところが、圧倒的極悪人・上林(鈴木)の登場によってそれまで保たれていた秩序は徐々に崩壊し、日岡は窮地に追い込まれていくことになる。 日本映画界に衝撃を与えた作品 の続編とあって、今作にも鈴木を筆頭に、吉田鋼太郎(62才)、中村梅雀(65才)、寺島進(57才)、斎藤工(40才)、早乙女太一(29才)、村上虹郎(24才)ら錚々たる顔ぶれが集結している。誰もが「続編」への参戦に相応しいキャリアを誇る俳優たちだ。音尾琢真(45才)や滝藤賢一(44才)、中村獅童(49才)ら前作からの続投組の暴れっぷりも健在で、それぞれのポジションは異なれど、各々のやり方で物語をかき回している。この面々の中心に立ち、見事に作品を成功に導いているのが松坂桃李なのだ。 今作における松坂の責務は重大だ。先に述べたように、現在の日本映画界に欠かせない“大物”たちのトップに彼は立たなければならない。しかも、前作を成功に導いた役所の後を継いでのこと。並々ならぬプレッシャーがあったのではないかと思う。また今作では、その役どころからして“主役を食う”ほどの圧倒的な存在感を放つ鈴木亮平が登場し、“第2の主人公”と呼びたくなる村上虹郎の好演も光っている。彼らを打ち負かすような目立ち方をすれば良いというものでもないし、“タイトロープ”という役どころなだけあって、バランスが大切だ。松坂は時に穏やかに、時にエネルギーを爆発させて、日岡という1人の人間を掘り下げ、丁寧に演じ上げていると思う。 松坂といえば、作品ごとにいつも新鮮な驚きを与えてくれる俳優だ。映画、ドラマ、舞台にと、演じる役ごとにこちらのイメージを裏切ってくる。そんな中でも近年は、どうにも冴えない若者であったり、何かに激しく葛藤するキャラクターであったり、観ていて手を差し伸べたくなるような役柄に特によくハマってきた印象だ。2019年公開の映画『新聞記者』や『蜜蜂と遠雷』、今年公開された『あの頃。』や『いのちの停車場』で演じたキャラクターたちがそれに当たるのではないだろうか。とりわけ「葛藤」というものは、松坂を語る上で重要なキーワードだと思う。何より、警察内部のスパイに扮した前作『孤狼の血』での松坂こそ、まさに葛藤を抱える役どころであった。 今作での松坂も、観客を鮮やかに裏切ってくる。面構えや声色にも凄みが宿っているが、まだ若い刑事役とあって、前作の役所ともまた違う魅力を放っている。いくら目的のためには手段を選ばない刑事役とはいえ、根の部分にはまだ消しきれていない日岡という人間の“弱さ”や“優しさ”のようなものが残っており、それが本作ではカギになっていると感じた。今作でもやはり松坂の得意とする“葛藤”の演技が光っている。本作では、松坂桃李だからこそ体現できる主人公像を立ち上げ、荒くれ者たちを束ね、作品を率いているのである。鈴木や村上などの目を引く存在がありながらも、最終的に“主役の座”を取り戻すクライマックスの振り切れ具合は、松坂の俳優としての真骨頂が力強く感じられるものだった。【折田侑駿】文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。
2021.09.18 07:00
NEWSポストセブン
金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』より(C)テレビ朝日
『あのキス』最終回直前 大石静「普遍的な心を描くのがドラマの使命」
 大石静さんが脚本を手掛ける、人気ドラマ『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系、毎週金曜23時15分)がクライマックスを迎える。「もう大石作品には何度ハラハラ・ドキドキ・ヤキモキさせられたかわかりません!」と話すのはコラムニストで放送作家の山田美保子さん。そんな山田さんが、35年以上テレビドラマ界のトップを走り続けている大石さんに、制作の裏側をたっぷり聞いた。実力派で美しい松坂・井浦・三浦の3人はまさにドリームチーム山田美保子(以下、山田):今期、私がもっとも夢中になって観ているのが大石さん脚本の「金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』」(テレビ朝日系・以下“あのキス”)なんです。翌週の展開がこんなにも気になるドラマは本当に久しぶり。特に6月4日放送のラストシーン(ネタバレあり)。オムライスのバースデーケーキをあんなに幸せそうに食べていたのに、まさか田中マサオ(井浦新サン・46)が戻ってきちゃうなんて!! これまで、お粥やイカのゲソ煮を床に落としてしまっていた桃地(のぞむ=松坂桃李サン・32)のように、晩酌のお供に食べていたクラッカーを噴き出してしまいました!大石静(以下、大石):桃地はちょっと食べ物を落としすぎよね?(笑い) でも、山田さんに楽しみにしていただけて光栄です。視聴者のかたが「この先、どうなるんだろう」とドキドキしていただくために、今回は予測不能な展開に命を賭けました。山田:井浦サンと大石さんのタッグは、私のベスト恋愛ドラマ『コントレール~罪と恋~』(2016年・NHK)以来、5年ぶりですよね?大石:その前は『蜜の味~A Taste Of Honey~』(2011年・フジテレビ系)だから、連ドラ3回目のおつきあいです。今回、「井浦サンがいい」って真っ先に言ったのは若い女性プロデューサー(貴島彩理さん)なんです。あのポジションって普通に考えるとムロツヨシさん(45)とか阿部サダヲさん(51)を発想しますよね。でも「メインの男優は高身長のシュッとした人達を揃えたい」と言ったんです。なるほどと思いました。松坂サン、井浦サン、そして三浦翔平サン(33・高見沢春斗役)と、身長180cm超えのイイ男が揃っているのは夢があります。視聴者は、それを愛でる愉しみもあるわけですよ。山田:まさしく! 三浦サンはフラダンスのシーンが秀逸でしたよね。『M愛すべき人がいて』(2020年・テレビ朝日系 )以来、本当に目が離せません。大石:三浦サンも2回目のおつきあいなんですけど、芝居うまいです。松坂サンも井浦サンも三浦サンも、本当に実力派で美しく、まさにドリームチームですね(笑い)。山田:そして、ヒロイン「蟹釜ジョー」役の麻生久美子サン(43)!大石:普段もお美しいんですけど、映るとさらに10倍くらい美しくなって驚きました。台本や演出が何を求めているかもパッとわかるし、頭もよいかただと思います。才能もあり自信もあり、傲慢でわがままだけどかわいらしいヒロインを、本当に見事に演じてくれました。山田:私はMEGUMIさん(39・田中帆奈美役)も大好きで、一昨年あたりから出演作品を追いかけてるんです。大石:彼女もいい女優さんだと思って、いつかご一緒したいと願っていたので、今回やっと出ていただけてうれしかったです。山田:今作の貴島彩理さんもですけれど、昔に比べるとドラマの現場に女性のプロデューサーさんが増えましたよね。この1年半は開催されていないんですけれど、テレ朝さんのプロデューサー×記者懇親会にうかがうと、内山聖子さんや三輪祐見子さんを中心に女性のドラマプロデューサーが、いい空気を作っていらして。大石:私もこの数年、女性プロデューサーとしか組んでないです。テレビの現場はもう男だ女だという時代はとっくの昔に超えてます。チャンスは平等に与えられていると思います。でも、女性プロデューサーの方がシビアーで怖いです(笑い)。甘えを許しませんからね。男性プロデューサーなら、「もう疲れた……」とか甘えられますが、女性プロデューサーだと、それはあり得ません。男性プロデューサーが恋しいな~。山田:そういえば、『女性セブン』読者には特におなじみのドラマ『恋する母たち』(2020年・TBS系)も、チーフプロデューサーは磯山晶さんでしたものね。私は磯山さんが「小泉すみれ」時代(漫画家として活動時代のペンネーム)からの大ファンです。“恋母”は、女優さんに目がいきがちでしたが、私は玉置玲央サン(36・蒲原繁樹役)、磯村勇斗サン(28・赤坂剛役)、“まんじゅうこわい”の宮世琉弥サン(17・蒲原繁秋役)にハマりました。玉置サンは、『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(テレビ東京系)に。磯村サンと宮世クンは『珈琲いかがでしょう』(同)で共演していました。あ、私が想うイケメンと大石さんのお好みって離れていますか?大石:突き詰めていくと異なるかしら(笑い)。でも私も山田さんも、切れ長な目がお好きですよね? 宮世クンは違うかな?山田:そうです、そうです。ただ私はさらに、端っこズキ、5番手ズキという特徴があるんですが、大石さんはド真ん中ですものね。やはり長谷川博己サン(44)が浮かびます。発掘して育て上げた……。大石:育て上げたワケじゃないです。彼に才能があったから、出るべくして出たんだと思います。私が見つけなくても誰かが見つけたでしょう。それに、一緒に仕事したのは『セカンドバージン』(2010年・NHK)のほかに2作品だけなんですよ。いまは一ファンとして見つめています。彼はやっぱり何十年に1人の才能ですね。美しいだけじゃなくて、本当に芝居がしっかりしていますから。日本を代表する役者の1人だと思います。視聴者がイケメンだと気づかなかった役者をイケメンに変えるワザ山田:大石さんが推す俳優さんには、舞台出身のかたが多いという印象もありますけれど。大石:たまたま、私がいいなと思った何人かが全員、舞台の出だったんですけど、やっぱり舞台の人は、きちんと声が出るし、セリフが息モレしないですからね。山田:なるほど。それから、大石さんにお目にかかったら絶対にうかがおうと思っていたのが、これまで視聴者がイケメンだと気づかなかった役者さんをイケメンにしちゃうワザ!大石:確かに私は、『大恋愛~僕を忘れる君と』(2018年・TBS系)でムロツヨシさんを、『知らなくていいコト』(2020年・日本テレビ系)で柄本佑サン(34)を二枚目にしましたけど(笑い)。いま思えばなかなかの賭けでしたね。『大恋愛』のときはムロさんのスケジュールが空いているとプロデューサーから聞いたとき、「イケる!」って思ったんです。ご本人も相当不安だったようですけれど。蓋を開けてみたら本当に魅力的で、大成功でした。山田:本当に。そして柄本佑サンは「こんなにイケメンだったっけ?」とネットが騒然としました。『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系 )でも、やっぱりステキで……。あと大石さんは、『コントレール』で「ネプチューン」の原田泰造サン(51)も二枚目になさいましたよね。私はバラエティー専門放送作家ゆえ、芸人さんがドラマで活躍してくれるのはうれしくって。カンニング竹山サン(50)のお芝居なども大好きなんです。大石:芸人さんは、役者さんのように長い連続ドラマで役を構築していくのではなく、漫才でもコントでも短い時間で勝負をかけるので集中力が凄まじいんですね。だから、お芝居をやっていただくと、すごくいいんだけど、スケジュールがないのですよ、お笑い系のかたは。私、「ハライチ」の澤部佑サン(35)や、「ロバート」の秋山竜次サン(42)に、私のドラマに出ていただきたくて何度かオファーもしてるんですが、忙しくてつかまらないんです。30年前も、25才で結婚することを目標にしていた女性は少なかった山田:さすが、お目が高いです! 最後に、『ヴァンサンカン・結婚』(1991年・フジテレビ系。安田成美演じる25才のOLが、プロポーズを受けた青年医師(石黒賢)と、元恋人だった18才年上の上司(小林稔侍)との間で揺れ動くラブストーリー)から30年が経ち、女性が主役の恋愛ドラマは、どのような変化を遂げてきたでしょうか。大石:社会風俗は変わってきたけれど、人を恋する気持ちは基本、変わってないんじゃないですかね。だって30年前も、25才で結婚することを目標にしてた女性なんか少なかったと思いますよ。あのタイトルは、当時、私よりずっと年上の男性プロデューサーが考えたものです(笑い)。風俗は変わっていきますが、ドラマはその風俗を追いかけていくのではなく、普遍的な人の心を描くのが使命だと思ってやっています。「その年で、よくいまの若者のことが書けますね?」「どういうふうに時代を切り取ってるんですか?」とよく聞かれますが、私はいまの時代を生きているわけだし、若い人より時代の変化を見て来ているという意味で、変化にも実は敏感です。それに何度も言いますが、ドラマの使命は、その風俗を追いかけることではなく、普遍な心を描くことだと思うので、年齢的コンプレックスを感じたことはないです。山田:でもやっぱり、いま、“あのキス”をお書きになれる大石さんはステキだし、ずっと大好きです。あ~、桃地はどうなっちゃうんだろう。金曜日は眠れそうにありません!【プロフィール】大石静(おおいし・しずか)/1951年生まれ。1986年に脚本家として本格的にデビュー。以降、『ふたりっ子』『セカンドバージン』(いずれもNHK )、『家売るオンナ』(日本テレビ系)、『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)など数多くの脚本を執筆。◇金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』金曜23時15分より・テレビ朝日系で放送中、6月18日は最終回 夢もなく生きてきたスーパーの従業員・桃地のぞむ(松坂桃李)が、超人気美人漫画家・唯月巴(麻生久美子)と出会い恋に落ちるも、巴がおじさん・田中マサオ(井浦新)へと姿を変えてしまう。巴の元夫・高見沢春斗(三浦翔平)との奇妙な三角関係を経て、桃地と巴の恋の結末はいかに!? 最終回だけでも必見&感動間違いなし!!構成/山田美保子『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。※女性セブン2021年7月1・8日号
2021.06.17 07:00
女性セブン
地元の銘菓をスタッフ全員に(写真は2011年)
筆跡仕事人が有吉弘行の文字を診断 右下がりはへそ曲がりな評論家型?
 4月に結婚報告をしたお笑いタレントの有吉弘行とフリーアナウンサーの夏目三久。周囲からも祝福され、順調に愛を実らせるふたりだが、陰で注目を集めたのが、なんともクセの強い有吉の直筆文字。そこで、これまでに3000人以上の筆跡診断を行ってきた“筆跡仕事人”の芳田マサヒロさんに、有吉&夏目のほか、石原さとみ、堺雅人&菅野美穂、松坂桃李&戸田恵梨香の筆跡を診断してもらった。有吉弘行&夏目三久 4月1日に電撃入籍した有吉と夏目。ふたりは2011年から2016年までバラエティー番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で共演。熱愛や破局説が報じられるなか、10年間にわたる極秘愛を実らせた。所属事務所を通じて連名で発表された結婚報告の中で、有吉は「今後は二人で力を合わせて穏やかで幸せな家庭を築いて参ります」、夏目は「有吉さんと夫婦になり、この上ない喜びと幸せを感じております」などと綴った。夏目は今秋をめどに引退の予定。●有吉弘行【1】「二人で力を合わせて」のほか、全体的に文字の横線が右に下がる傾向が強い。自分流で周囲にあまり合わせない、へそ曲がりな評論家型に多い。字の間隔が詰まり気味なのはせっかちな性分。【2】「事」や「頂」に見られる、はねの部分が勢いよく上がっている書き方。これは反骨心や負けん気の強さの表れ。根性があり、粘り強く責任感もある。逆境にぶち当たったときでも真っ正面から受け止めることができ、火事場の馬鹿力を発揮する。何事にも手を抜かず一生懸命に取り組んでしまうので、心の逃げ場を作ることが大切。【3】「有」のように横線が左にぐっと伸びているのは、頭脳明晰で頭の回転の速い人。行動的で情熱的。人目を引きつける才能と華やかなオーラを持つ。松下幸之助や聖徳太子にも見られ、総じて有能な人物に多い筆跡。●夏目三久【4】「吉」や「仕」など、文字の頭部がほとんど出ていない。人の上に立つことに抵抗感があり、控えめで周りに合わせる協調性の高さを持つ。リーダーの下で参謀的な働きをするなど縁の下の力持ちとして能力を発揮することが多い。女性であれば男性を立てるタイプ。【5】「験」のうまへんや「夏」など、文字の中の空間が潰れた書き方は「潰(つぶ)れ文字」といって、一般的に心身の疲れを表す。ストレスがかかっているケースもあるが、夏目の場合、個性的で破天荒な有吉を長年、陰で見守り支えてきた痕跡という意味合いの可能性も。石原さとみ 昨年10月、同世代の会社員男性との結婚発表をした石原。男性とは友人夫婦の紹介で知り合い、交際をしていた。すでに婚姻届は提出済みで、入籍後初の連続ドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)では、綾野剛(39才)とダブル主演。【1】「困」の上部と下部がすべて閉じている。非常に生真面目で誠実。悪くいうなら頑固。【2】「熟」の下部の点の開き具合によって外向性や内面性がわかる。石原のように左右に開いている書き方は、社交的で目立ちたがり屋。こぢんまりと縮こまった書き方は地味で内向的。【3】「人」の左ばらいが長い。華やかなオーラをかもし出す魅力的な人に多く、芸能界は天職。【4】「優」や「導」などに「潰れ文字」が見られる。本来は心の潰れにつながるが、プレッシャーに強く、負のエネルギーをパワーへと変換させる力のある人にはよい書き方。ゴルフの松山英樹選手や野球の大谷翔平選手などアスリートにも多い。【5】「後」や「様」など、へんとつくりの間が広く、文字の中の「気」の通りがよい。心の窓が外に大きく開かれ、好奇心旺盛で、さまざまなことを吸収したい意欲を示す。人脈や金運など、縁やチャンスが巡ってきやすい恵まれ体質。堺雅人&菅野美穂 映画の共演をきっかけに交際をスタートさせたふたりが結婚したのは2013年4月。2015年5月に公表した第1子(長男)妊娠報告の文面には、それぞれの喜びがあふれている。2018年に長女が誕生。どちらかが仕事で多忙な時期は、互いに家事や子育てを担う。堺のイクメンぶりもたびたび話題に。堺雅人【1】「家」や「堺」の左上が微妙に開いているのは優柔不断で決断力が鈍く、あれこれ迷い、悩みやすい性格。自己主張はしない性分なので、周囲とのトラブルは起こりにくい。【2】「おあずかり」など、文字と文字の間隔が非常にゆったりしている。せかせかとしたところがなく、のんびり屋でわが道を行くタイプ。各文字の独立した書き方は淡泊で竹を割ったような性格を表す。【3】「者」や「見」の空間が大きく、気力・体力ともに充実しており、子供のような遊び心も。線と線の間隔がズレているところには、感性が豊かでイメージ力が高い才能の片鱗が。菅野美穂【4】「周」の右上、左上の角張りが強め。「~でなければならない」という考え方をしがちなところがあり、物事を四角四面で堅苦しくとらえてしまう傾向が見受けられる。【5】「進」や「参」の線と線との間が等間隔でしっかりと美しく整っている。これは計画性に優れ、行き当たりばったりの行動はしない堅実派に見られる字。手先も器用。松坂桃李&戸田恵梨香 昨年12月に結婚。松坂は結婚報告文を書くために約1か月間、ペン習字で名前を書く練習をしていたという。【1】「松」などのへんとつくりが狭く、自分の世界観を持つ職人気質。【2】「李」のはねが弱め。諦めが早く、スッと身を引く潔さがあり、揉めごとを避ける。【3】「香」の右ばらいが長い。仕事や趣味など、目の前のことに没頭する集中力が高い。【4】「桃」や「恵」など、頭部の突き出しがふたりとも長い点が共通する。互いに気が強くて、自分の意見を通そうとするところがある。【プロフィール】筆跡仕事人・芳田マサヒロさん/筆跡診断士。これまでに3000人以上に、筆跡によるカウンセリングを施し、筆跡を変えることで「なりたい自分になる」アドバイスを行っている。芸能人の筆跡診断も数多く行っており、テレビやラジオなどのほか、講演やセミナーなど多方面で活躍中。取材・文/加藤みのり※女性セブン2021年6月3日号
2021.05.24 16:00
女性セブン
『いのちの停車場』で共演 吉永小百合、松坂桃李、広瀬すずが語る
『いのちの停車場』で共演 吉永小百合、松坂桃李、広瀬すずが語る
 5月21日に全国公開される映画『いのちの停車場』では、日本映画界を代表する吉永小百合、松坂桃李、広瀬すずの3人が共演した。「まるで家族みたいな雰囲気でした」──吉永小百合がそう語るように、3人は和やかな、温かな雰囲気をまとっていた。だが、劇中でそれぞれが「いのち」に向き合う中で、葛藤を抱えていたという。3人に「いのち」について聞いた。広瀬:『いのちの停車場』で真っ先に感じたのは現場の温かさです。スタッフやキャストの皆さんがこんなにも吉永さんを大好きで尊敬しているんだと、肌で感じて感動して……。休憩中に子役の男の子と遊んでいると吉永さんも来てくださるのがすごくうれしくて、“こんな経験なかなかできない!”って、かみしめていました。吉永:彼が無邪気に遊んでいるから「ほらほら、本番が始まるわよ」なんてね(笑い)。おふたりとは初めてでしたが作品を拝見していたのでそんな感覚もなく、顔合わせのホン(台本)読みから、まるで家族みたいな雰囲気でしたね。松坂:はい、とても居心地のいい現場でした。ただ、ぼく自身はホン読みでワキ汗が止まらなかったです(苦笑)。特に、吉永さん演じる咲和子先生をはじめ、在宅医療を行うぼくたち「まほろば診療所」の面々が集うバーで、モノマネをする場面。吉永さんや診療所の院長を演じる西田敏行さん、錚々たるキャストの皆さんを前にモノマネなんてド緊張してしまいまして。もうね、ずっとそわそわしていました。吉永:ふふふ。私はモノマネを早期に辞退してしまいました。ズルしました、すみません(笑い)。あのバーはまほろばのみんなの憩いの場でわいわいモノマネしたり、おまんじゅうを食べたり。演じながらも、和気藹々とした時間が素でも楽しかったですね。松坂:命を扱う重たいシーンの合間の、憩いの場でもありましたね。映画を振り返ると、「命のしまい方」という言葉が心に残っています。在宅医療の難しさもある一方、最終的にどんな選択をしていくのか。自分だったらどうだろうと、身近に感じることができました。劇中の人物それぞれの生き方と「命のしまい方」がある。命について、これが答えですと何かひとつを提示するのではなくて、自分ならどうするのかと見る人の心にそっと問いかける作品です。広瀬:亡くなった患者さんの唇にぽんぽんと口紅を載せたり、手に刻まれた闘病の名残をお化粧でやさしくぼかしてあげたり。咲和子先生が手にファンデーションを塗る姿は亡くなったかたへの深い愛情や目に見えない過去が伝わって、忘れられないシーンです。いつか自分のそばにもそういう人ができたらいいなと思いました。吉永さんは初めての医師役だったんですよね。吉永:初めての挑戦でいちばん難しい役柄だったかもしれない。親しい人に別れを告げて旅立つ場に在宅医師として立ち会い、患者さんやその家族に心で寄り添うというのがね、そこはなかなか難しくて迷いながら…。特に老齢の自分の父親の最期については医師として、そして娘としての咲和子の考え方も違うので、悩んだままにエンディングを迎えました。でも、それが逆に自然なのかなって。決められる問題ではないと、演じながら感じていました。松坂:心に寄り添い、命と向き合ってそれぞれに選択した形がそのご家族の正解なのかなと、ぼくは感じました。吉永:そうやって寄り添ってくれる家族の大切さが身に染みて、私も他界した両親や身近な家族を思いやる時間が持てました。自分ができることを家族に尽くすことはとてもすてきなことだと、伝えられたらいいなと思っています。撮影/三浦憲治 取材・文/渡部美也※女性セブン2021年5月20日・27日号
2021.05.18 07:00
女性セブン
映画『新聞記者』に出演する松坂桃李
松坂桃李、“振り回される男”で2作主演 ドラマでも脱イケメンへ
 昨年12月の戸田恵梨香(32才)と結婚後、初の主演ドラマとして今クール2作に登場している松坂桃李(32才)。映画ではその演技力が評価され数々の受賞歴がある松坂が、ドラマでも「人気イケメン俳優」のポジションを脱却するか、注目を集めている。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * 4月30日夜、松坂桃李さんの主演ドラマ『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系、毎週金曜23時15分~)がスタートしました。同作で松坂さんは、愛する女性の魂が中年男性に乗り移ってしまい困惑するスーパーの青果店員を演じています。 また松坂さんは1週間前の24日にも、主演ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』(NHK、毎週土曜21時~)がスタートしたばかり。こちらの作品では、アナウンサーから大学の広報マンに転職した男性を演じています。 特筆すべきは、民放のテレビ朝日と公共放送のNHK、ゴールデン帯の21時台と深夜帯の23時台、ファンタジー作と仕事ドラマという異なるテイストの2作で、同時期に主演を務めていること。つまり、それだけ幅広い評価を集めているということでしょう。 松坂さんと言えば、かつて俳優デビューをスーパー戦隊シリーズの『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日系)の主演で飾ったド真ん中のイケメン俳優。映画業界では『アントキノイノチ』『ツナグ』『娼年』『孤狼の血』『新聞記者』などで数々の受賞歴を持つ一方、テレビ業界ではドラマ、バラエティの両方で“人気イケメン俳優”というポジションが続いていました。 また、松坂さんは昨年12月に戸田恵梨香さんと結婚してから初の主演ドラマであり、しかも2作であることから、「いよいよテレビでも“人気イケメン俳優”を完全に脱却か」と言われているのです。「振り回される男」の役は評価の裏返し まだまだドラマの主演俳優は、演技力と同等以上に人気をベースに選ばれるところがあり、その意味で“人気イケメン俳優”の中には結婚を機に主演作を減らしてしまう人が少なくありません。その点、松坂さんは「結婚しても人気を損ねることなく、映画出演で演技力を認められている」という最高の状態。今春の2作でイケメン俳優というポジションを脱却できる可能性は高いでしょう。 その根拠となりそうなのは、2作ともに「振り回される男」という役柄であること。振り回される男の役を演じられる俳優は、裏を返せば「振り回す側の登場人物たちを生かす技量がある」「ただ振り回されて痛々しくなるのではなく、そこから何かを得ていく姿を演じられる」ということであり、やはり演技力が認められている証なのです。また、両作が「大物脚本家のオリジナル」であることもポイントの1つ。『あのときキスしておけば』は、『セカンドバージン』(NHK)や『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)などで知られる大石静さん、『今ここにある危機とぼくの好感度について』は朝ドラ『カーネーション』(NHK)などで知られる渡辺あやさんが手がけています。これは2人の大物脚本家が松坂桃李という俳優を面白がり、振り回すことで演技力を引き出しているということでしょう。 現在のドラマシーンに目を向けても、松坂さんのニーズが高まっている様子がうかがえます。昨年から続くコロナ禍の重苦しいムードで、連ドラはコメディ全盛。シリアス一辺倒の作品は選ばれにくく、1つの作品でシリアスとコメディを演じられる上に人気のある松坂さんのような俳優のニーズが高まっているのです。刺激的な環境で国民的俳優へ 松坂さんは現在32歳で、すでに出演作は100作を超えた充実期に突入しています。 所属事務所のトップコートには、34歳の中村倫也さんと28歳の菅田将暉さんという上下の世代に同じ主演級の俳優がいて、25歳の杉野遥亮さん、22歳の萩原利久さんなどの若手有望株も台頭。また、24歳の新田真剣佑さんも海外での活動を視野に入れて同事務所を退社したばかりであり、「30代女優屈指の演技派」と言われる妻・戸田恵梨香さんの存在も含めて、刺激的な環境にいるのは間違いないでしょう。 あるバラエティ番組で一度だけ松坂さんと共演する機会に恵まれました。そのときの松坂さんは、共演者やスタッフに一人一人丁寧にあいさつし、カメラが回っていないときは終始、自分の出番を確認し続けるなど、真面目で誠実な印象。しかし、カメラが回ったとたん、演じるスイッチを入れたように前へ出て話しはじめ、笑いを取り続けていました。気取ったところは一切なく、バラエティの演出にも全力で応える姿勢は、イケメン俳優のそれではなかったのです。 今春の2作では振り回される男の演技で魅了してくれそうですが、近い将来、松坂さんは国民的俳優に登り詰める可能性が高いのではないでしょうか。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月30本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演し、番組への情報提供も行っている。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。
2021.05.01 07:00
NEWSポストセブン
松坂桃李・主演映画原作者が語る「一緒に行ったモー娘。ライブ」
松坂桃李・主演映画原作者が語る「一緒に行ったモー娘。ライブ」
 俳優の松坂桃李が主演を務める映画『あの頃。』(2月19日公開)が各方面で話題を呼んでいる。“アイドルオタク”というニッチなテーマが中心の本作だが、ジャンルを超えて好評を博しているようだ。原作者に松坂桃李の素顔と映画の見どころについて話を訊いた。 映画『あの頃。』は、漫画家でミュージシャンの劔樹人(つるぎ・みきと)が2014年に刊行した自伝的コミックエッセイ『あの頃。男子かしまし物語』(イースト・プレス)を原作とした青春物語。舞台は2000年代初頭、当時大ブームを巻き起こしていたハロー!プロジェクトのアイドルに魅せられた主人公たちの出会いと別れを描く。 原作コミックエッセイはモーニング娘。をはじめとした“ハロプロ”のファンやいわゆるサブカルチャー界隈で評判を呼び、映画化が発表されると一時的にネット通販で在庫切れとなる事態も発生。「泣いた」「笑った」「懐かしかった」といったコメントが読者から寄せられたほか、絶賛する著名人も相次いだ。 映画化に際しては、『愛がなんだ』(2019)や『mellow』(2020)などでリアルな人間関係の機微を描いてきた今泉力哉が監督を担当。日本アカデミー賞を受賞した俳優・松坂桃李が主人公を演じるほか、仲野太賀や山中崇ら実力派俳優が多数出演する。 さらに映画監督として多数の独創的な作品を世に送り出してきた冨永昌敬が脚本を手がけ、新世代のミュージシャンとして注目を集める音楽家・長谷川白紙が劇伴を担当。“アイドルオタク”というテーマからすると異色とも思える製作陣が多数参加した、豪華なラインナップとなっている。 そんな映画の見どころはどこにあるのだろうか。2000年代という、ひと昔以上前の“アイドルオタク”のリアルな日々を描いた原作コミックエッセイの作者である劔氏はこう言う。「原作は、1話完結のバラバラのエピソードを中心に構成されています。それをひとつの物語として2時間にまとめた冨永昌敬さんの脚本に、まず驚きました。しかも原作で伝えたかったことや、自分の好きな部分を失っていないので、原作者としてとても感謝しています」 原作者が驚いてしまうほどの脚本のクオリティの高さが、まずは映画の大きな魅力の一つと言えそうだ。さらに劔氏は、今泉力哉監督の手腕にも賛辞を送る。「描かれている出来事としては2003〜2010年くらいのもので、原作を描いたのが2013年。そこから自分も考え方が変わっていき、今ならあんなことはしないだろうし、描くときも表現を変えていたでしょう。そんな自分にとっては決して美しいだけではない記憶を美化するわけでなく、2021年の映画として今泉力哉さんに成立させてもらったと思います」(劔氏)「モー娘。」のコンサート会場で役作り 映画の原作者であり、作品内の主人公でもある劔樹人役を演じるのが、今もっとも活躍している俳優の一人・松坂桃李である。 実は松坂桃李と劔氏は一緒にモーニング娘。のコンサートを観に行ったこともあるそうで、劔氏は映画に寄せたコメントの中で「主演の松坂桃李さんには、モーニング娘。のコンサートも一緒に観に来て頂き、その熱心な気持ちに、私のほうが感激して勇気をもらってしまいました」と書き記している。 コンサート会場に今を時めく人気俳優が訪れたら、さぞかし客席が大騒ぎになったのではなかろうか。しかし劔氏によれば、松坂桃李はすっかり“ハロプロオタク”として馴染んでしまっていたようだ。「松坂さんは、開演前に会場の様子を見たかったのか、一人で会場内をぶらぶら歩きに行ってしまって、『松坂桃李が来てる』と話題になってしまったらどうしようとヒヤヒヤしました。 2019年末なのでマスクをしているわけでもなく、帽子を被っていただけで、さすがに誰かは気付くだろうと。しかし、全く目撃情報は出ませんでした。よっぽど馴染んでいたのだと思います。が、週刊誌が気付いてニュースになっていました。それも結果映画の伏線になってよかったです」(劔氏) そんな松坂の姿に劔氏は“プロの役者”としての佇まいを見て取る。「松坂さんはあれだけの俳優でありながら気取ったところが全くないというか、これが性格も二枚目なら『松坂桃李がいますよ』というオーラがどうしても出ると思うのですが、全くそれがありません。だからモーニング娘。のファンの中でも浮かなかったのだろうし、どんな役にでもなれる役者さんなのだと思います」(劔氏) 主演の松坂桃李をはじめ、その他の出演俳優から原作者、そして監督、脚本、音楽、美術などのスタッフに至るまで、誰もが一流でありながら“気取らない”というところが、映画『あの頃。』そのものの最大の魅力でもあるかもしれない。その意味では“ハロプロ”に全く馴染みのない人にとっても、存分に楽しめる娯楽作品となっていると言えるのではないだろうか。◆取材・文/細田成嗣(HEW)
2021.02.21 16:00
NEWSポストセブン
2021年は誰がゴールインする?(2020年10月に結婚を発表した石原さとみ、時事通信フォト)
2021年大物女優の結婚事情 Fは社長と秒読み、Sは2月に入籍か?
 人気女優にとって「結婚」は、その後の活動を大きく左右する一大事。2020年も多くの芸能人夫婦が誕生したが、師走に芸能マスコミを驚かせたのが戸田恵梨香(32)と松坂桃李(32)の結婚発表だ。まったく噂が無かった2人の結婚に、世間は祝福ムードに包まれた。芸能ジャーナリストの佐々木博之氏が語る。「戸田はヒロインを演じた朝ドラ『スカーレット』の終了後も仕事は順調です。松坂も映画『新聞記者』(2019年)で日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞に輝くなど、人気、実力ともに安定している。2人とも結婚によってファンが離れるタイプの役者ではなく、むしろ家庭を持つことで演技の幅が広がる。結婚でお互いがさらに飛躍できそうです」 昨年10月に一般人男性との結婚を発表した石原さとみ(34)も、今後の活躍が期待されている。「ここのところ主演ドラマは視聴率で苦戦していた。石原は結婚を機にしばらく仕事をセーブすると見られています。出演作品をじっくり選ぶこともできるようになるので、女優として成長するチャンスになるのでは」(佐々木氏) 石原、綾瀬はるかと並ぶ“ホリプロ3人娘”の深田恭子(38)も、後を追うとみられている。芸能レポーターの石川敏男氏が言う。「交際が報じられた不動産会社会長とゴールイン間近と囁かれています。サーフィンに熱中したり、マイペースで活動している深キョンですが、40代を前に新たな路線を考えなければならない時期でもある。“人妻”になると、新境地が拓けるのではないでしょうか」 30代女優の結婚が続くなかで、芸能マスコミが目を光らせているのは、鈴木京香(52)と長谷川博己(43)だ。「何年も“結婚間近”と言われ続けている2人ですが、長谷川主演の大河ドラマ『麒麟がくる』が最終回を迎える2月頃に入籍するのではとみられています。それぞれが第一線で活躍を重ねた2人ですから、結婚してもマイナス面は考えにくい。むしろ菅野美穂と堺雅人のような“憧れの夫婦”として好感度が上がるはずです。夫婦共演CMのオファーも来るかもしれません」(佐々木氏) 結婚を機に海外進出もあり得るとみられているのは女優の米倉涼子(45)だ。昨年3月に、27年間在籍した事務所を退社し、個人事務所を設立した。退社前から交際が報じられていたアルゼンチン人ダンサーとの再婚が取り沙汰されている。「独立後も仕事は安定していて、今年配信されるNetflix版『新聞記者』で主演を務めます。Netflixは制作費もギャラも破格です。米倉はブロードウェイミュージカルに主演し、英語も勉強してきた。交際相手との結婚を機に拠点をアメリカに移して、ハリウッドでの活動を視野に入れているとみられています。ハリウッドで渡辺謙のような活躍をした日本人女優はまだいません。米倉にはその可能性を感じます」(佐々木氏)※週刊ポスト2021年1月15・22日号
2021.01.04 16:00
週刊ポスト
2015年に映画『エイプリルフールズ』で共演したふたり
戸田恵梨香 松坂桃李との2年間隠密交際を支援した大島優子
《周りに秘密にしているという緊張感もスリリングじゃないですか?(笑)友だちにも言えない恋愛だと行動範囲は狭まっちゃいますけどね》。2015年、雑誌のインタビューで語っていた通りに有言実行を果たしたのは、12月10日に戸田恵梨香(32才)との電撃婚を発表した松坂桃李(32才)だ。芸能マスコミはノーマーク。ワイドショーでは“完全犯罪”といった称賛の声も上がった。“共犯者”である戸田も、無言の愛を貫いた。「松坂さんのことを明かしていたのは、ごく親しい友人だけでしたから。こっそりと2年前に“同居”を始めていましたけどね……」(戸田の知人) 戸田は恋多き女として知られてきた。噂になった男性は数知れず。なかでも成田凌(27才)とは2018年にセブ島への“婚前旅行”が報じられるなど、結婚目前との噂もあった。「2人は2018年9月に破局しています。それを機に戸田さんも成田さんも、それまで更新していたインスタグラムを全削除しました。彼女が松坂さんと急接近したのは、ちょうどその頃。共演の過去もあるふたりは、もともと仲がよかったんです。間もなくすると、戸田さんが当時の彼女の家から目と鼻の先にある松坂さんのマンションの別部屋に引っ越しました」(前出・戸田の知人) ふたりは“一つ屋根の下”で人目につくことなく互いの家を行き来できるようになったのだ。交際を人知れずサポートしていたのが大島優子(32才)だという。「戸田さんと大島さんは『劇場版SPEC』(2013年)で共演して以来、大の仲よしで、2019年から2020年にかけても『スカーレット』(NHK)で共演していました。戸田さんは大島さんを信頼し、すべてを打ち明けていたそうです。大島さんは松坂さんとも共演しているし、生年月日が同じという共通点もあり、うってつけのキューピッドとなりました」(前出・戸田の知人) 交際はふたりが描いた通りにひっそりと静かに進んでいった。戸田にとって想定外のことが起きたのは2020年5月頃のことだった。「『スカーレット』の最終回を見届けるかのように、お父さんが急死したのです。65才の若さですし、亡くなる直前まで外出もしていたようで、本当に突然のことでした」(テレビ局関係者) 父の急逝を知った戸田は狼狽を隠せなかった。共通の知人が明かす。「普段、おっとりしている松坂さんですが、このときは泣きじゃくる戸田さんをしっかりと支えました。松坂さんは戸田さんのお母さんとも話し合い、しばらくして結婚の意思を告げたそうです」 現在、戸田は2021年1月放送開始のドラマ撮影に没頭している。「この後も4月には松坂さん、7月には戸田さんと、交互に主演ドラマが控えています。結婚のタイミングは忙しくなる前のいましかなった。入籍した12月10日は、縁起がいいとされる一粒万倍日で、わざわざこの日を選んだそうですよ」(芸能関係者) 晴れて交際が公になったふたり。2ショットが見られる日も近そうだ。※女性セブン2021年1月7・14日号
2020.12.21 07:00
女性セブン
綾瀬はるか
綾瀬はるか、韓国スターのノ・ミヌと交際2年も結婚への障壁
 女優の綾瀬はるか(35才)が、2年に及ぶ極秘交際をしている恋人がいることがわかった。「実は昨年末頃から、綾瀬さんが東京五輪後に結婚するという話が出回っていました」とは、芸能関係者。「彼女は複数の五輪スポンサーのCMに出ていて、いわば五輪の顔の1人です。そのため、五輪が終わるまでプライベートの変化はご法度。今年早々に結婚について報じようとしていた一部メディアもあったのですが、結局表には出ませんでした」(芸能関係者) しかし、五輪の開催が不透明になるにつれ、綾瀬を取り巻く状況も変わっていく。「五輪延期が発表され、関係者の間では、結婚も延期かと囁かれていました。ただ、日を追うごとに中止の可能性も出てきている。そこで、五輪を待たずに結婚するか、婚約を発表するという説も出ています」(前出・芸能関係者) これまで綾瀬には、恋の噂はほとんどなかった。時折、交際相手として名前が挙がるのは松坂桃李(31才)や大沢たかお(52才)など、ドラマや映画の共演者ばかり。スキャンダラスな話は聞こえてこない。「共演者との交際が取り沙汰されてきたからといって、“共演者キラー”というわけでもないんです。綾瀬さんは、交友関係を積極的に広げることにあまり関心がないようで、交際に発展するほど仲よくなるとしたら共演者くらい、という時期が長かったんですよ」(映画関係者) その一方で、結婚願望は前々から明かしており、いまから5年前の雑誌のインタビューでは、《34才ぐらいまでに結婚したいな》と語っている。今年3月に35才になった綾瀬は、34才になる少し前から、人知れずその相手をたぐり寄せていた。 誰もが想像していなかったが、その相手は韓流タレントだ。その正体を詳述する前に、韓国での綾瀬の人気ぶりを知る必要があるだろう。「2007年のドラマ『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系)の“干物女”としてその名を知られ、その後も、映画『今夜、ロマンス劇場で』やドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)で、人気を確実なものとしてきました。特に“ぎぼむす”では、綾瀬さんの話す敬語やビジネスの常套句が、日本語の勉強になると評判でした。2012年には韓国の人気俳優が“綾瀬さんといちばん共演したい”と口にしたことから、韓国の検索サイトで“綾瀬はるか”がトレンド1位になったこともありました」(韓流に詳しいジャーナリスト) その相手の男性も同様に、綾瀬に対して憧れの思いを持っていたという。海の向こうにいる憧れの女優の心を射止めた韓流タレントの名は、ノ・ミヌ。34才。185cmの長身と、ロングヘアがトレードマークの端正な顔立ちをしたイケメンだ。 ミヌは、もともとミュージシャンとして2004年にデビュー。ロックバンドではドラムを担当し、2年後に脱退した後は、俳優やモデルとして活躍している。「昨年、連ドラで演じた連続殺人犯が、彼のどこか冷ややかなルックスと合致して話題になりました。インタビューでは恋愛観も明かしていて、『恋愛は世界一難しい。年齢を重ねると、運命の人に出会うのが難しくなっているように感じる』などと話していました」(前出・韓流に詳しいジャーナリスト) 世界一難しいその問題を、どのように解いたのだろうか。「交際が始まったのは、2年ほど前のこと。綾瀬さんの活躍を知っていたミヌからのアプローチで、共通の知人が引き合わせたんです。ミヌは2016年10月から2年間、兵役に就いていて、除隊は2018年7月のことで、本格的な交際は除隊後から。ミヌの芸能活動の基盤は日本で、除隊直後から日本でファンミーティングも行っていました。韓国へは頻繁に帰っていましたが、綾瀬さんも多忙な時間を縫って愛を育んでいたようです」(ミヌの知人) ふたりの交際について、綾瀬の事務所は、「友人ですがそれ以上の関係ではありません」と答え、交際を否定。 一方、かつて日本で歌手活動をしていたミヌの母親で事務所社長は、「え、なんで…。突然のことで戸惑っていますが、私生活については私の口から話すべきところではないので」 と動揺を隠さなかった。綾瀬の知人によると、自由に会えない分、気持ちは盛り上がっているという。「彼と結婚したいとごく親しい人には相談しています。国籍のハードルはありますが、韓国の人気ドラマ『愛の不時着』のように、ふたりならどんな障壁も乗り越えられると、かなり夢中な様子です。あんな綾瀬さんは珍しい。そんな綾瀬さんの気持ちに押されて、ミヌも結婚への決意を固めたようです」 が、ふたりの前に広がる道は決して平坦なものではない。日韓の芸能人同士による国際結婚となると、なおさらだ。「2014年に関根麻里さんがソウル出身の歌手Kさんと結婚したときには、さまざまな反応がありました。ちょうど日韓関係が冷え込んでいた時期でもあったため、ネットなどでは関根さんへのバッシングも起こりました。今回のふたりの交際も、互いの国を刺激しかねない。隠していた裏にはその配慮もあるようです」(前出・芸能関係者)◆実家の祖母は何を思うか さらに韓国は儒教が深く根付いている。礼を重んじ、年長者を敬い家族を大事にするこの文化には、いい側面もあるが、男尊女卑という前時代的な思想もつきものだ。「韓国では、日本以上に家庭内では男性の地位が上です。しかし、芸能界では綾瀬さんの方が知名度も収入も圧倒的に上ですから、結婚すれば完全なる“格差婚”。この矛盾が夫婦生活の障害になりかねないと、ふたりの周囲も結婚に対して大反対しているんです」(前出・ミヌの知人) しかし、「格差」「周囲の反対」といった単語は古今東西、恋するふたりには、その恋をさらに盛り上げるための燃料にしかならないようだ。「あまりに強い反対にミヌは結婚に躊躇しているというか、いまは少し冷静になっています。でも、綾瀬さんは“ふたりで決めたならそれでいい”と強い気持ちでいるようです。新型コロナも、ふたりの絆をさらに深めるきっかけになったようです」(前出・綾瀬の知人) ただ、前述したように綾瀬には五輪の顔として果たさねばならない責務がある。「五輪が仮に中止になったとしても、すぐに婚約や結婚を発表したら、まるで中止を待っていたかのように見えてしまいます。正解のない問題を解こうとしているような状況で、結婚まではかなり厳しい道だと言わざるを得ません」(前出・ミヌの知人) そうしたふたりを、家族はどのように見守っているのだろうか。広島県の綾瀬の実家を訪ねると、農作業中の祖母が取材に応じてくれた。「このあいだ(綾瀬の父親の)法事があったばかりだからしばらく家に帰って来ておったけどな~。あれが好きなようにすりゃあええけん。(結婚となれば)うれしいかどうか…そりゃあ、やっぱりうれしいじゃろうね」 人気ドラマ『愛の不時着』のように、障壁を乗り越え数少ない逢瀬のチャンスを密かに楽しむふたり。恋の物語の結末はハッピーエンドか、それとも…。※女性セブン2020年7月16日号
2020.07.02 07:00
女性セブン
二世タレントの芸能界入り「パパ友会」が重要な役割果たす
二世タレントの芸能界入り「パパ友会」が重要な役割果たす
 芸能界では多くの「二世」たちが大活躍。最近では、あのサッカー界の超大物の長男も俳優デビューを果たした。そこで、放送作家の山田美保子さんが、昨今の「二世タレント」について分析する。 * * *「キング・カズ」こと三浦知良サン(53才)・三浦りさ子サン(52才)ご夫妻の長男、三浦りょう太(りょう=けもの偏に「寮」のうかんむりなし)クンが芸能事務所「トップコート」さんの所属になったと報じられましたね。 りょう太クン、15才でブラジルにサッカー留学した経験もあるのですが、サッカーではなく、俳優さんの道へ。田原俊彦サン(59才)をはじめ、芸能界にも幅広い人脈をもつ父上の影響でしょうか。昨年は、木村拓哉サン(47才)主演の『グランメゾン東京』(TBS系)に出演していらしたんですね。ごめんなさい、二世でいうと、佐藤浩市サン(59才)Jr.の寛一郎クン(23才)に気をとられ、りょう太クンのことはチェックしきれませんでした。 そうそう、三浦知良サンと木村拓哉サンの“ご縁”については、木村クン本人から聞かせていただいたことがあります。『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の第1シリーズの外ロケ中、停車中の車のパワーウィンドーがサーっと開いたので、木村クンは「マスコミか?」と一瞬、警戒したそうなのですが、顔を出したのがカズさんで、「『BG』を見ています」「面白いです」と言ってくださったのだとか。その翌年、『グランメゾン東京』にりょう太クンが出演することになったのは、まさにご縁ですね。 りょう太クンは“ワークショップオーディション”にて「トップコート」の渡辺万由美社長と知り合い、所属することになったと聞きました。「トップコート」さんといえば“カメレオン俳優”の筆頭、中村倫也サン(33才)や、「日本アカデミー賞」最優秀主演男優賞を受賞した松坂桃李サン(31才)、菅田将暉サン(27才)も所属していることで話題。私が推している杉野遥亮クン(24才)、さらには新田真剣佑クン(23才)ら若手の超人気者もいらっしゃいます。 万由美社長は昨年、『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)で、そのお仕事ぶりがクローズアップされ、所属俳優さんや女優さんをじっくり丁寧に育てていくことでも知られています。同事務所の公式YouTubeにて“お披露目”を行ったりょう太クン。強制終了させられたものの、尾崎豊さん(享年26)の歌マネで“ツカミはOK”。昨年、多くのコンテストで評価された「アタックZERO」のCMは、先輩の松坂サン、菅田クン、杉野クンも出演していることですし、“後輩役”として加わる可能性があるかも。 二世ということでいえば、渡辺謙サン(60才)の娘・杏サン(34才)や、水谷豊サン(67才)・伊藤蘭サン(65才)ご夫妻の娘・趣里チャン(29才)ら、大物二世の女優さんが所属している「トップコート」さんです。りょう太クン、本当に素晴らしい事務所に所属されましたよね。二世ブームに拍車をかけた「二世・三世会』 それにしても、ここ数年、二世タレントさんが次から次へとデビューされてますよね。まぁ、りょう太クンのようにご両親共に有名人だったり、そんな有名人のご子息が大勢通う私学に幼稚園や小学校から通っていれば、芸能界は決して「遠い世界」ではないハズです。 昔から「ステージママ」という言葉があるので、二世タレントさんの場合、お母様が子供さんのデビューに熱心かと思いきや、“山田調べ”では、男のコ、女のコに限らず、お父様のネットワークによって芸能界入りを果たす二世の方が多いようにお見受けします。 というのも、前述の“私学”には、パパたちが担任の先生を囲む「父の会」とか「パパ友会」というのがあって、先に子供さんをデビューさせている有名人パパに、ほかの有名人パパが質問を浴びせる…という話も聞いたことがあります。 それにしても、です。最近では、あまりにも二世タレントさんが多すぎて、「二世」であることは知っていても、親御さんが誰だったか、すぐに出てこないことがあります(苦笑)。 私が構成にかかわっている『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、ずいぶん前から「二世大会」がキラーコンテンツです。そもそも、明石家さんまサン(64才)・大竹しのぶサン(62才)“元”ご夫妻の長女・IMALUチャン(30才)がデビューしたことは、芸能界二世ブームの大きな“きっかけ”と言えます。 その後、「IMALUチャンの気持ちがいちばん理解できるのは私」と、大和田獏サン(69才)・岡江久美子さん(享年63)ご夫妻の娘さんの大和田美帆サン(36才)が食事会を開催。そこに関根麻里チャン(35才)、大沢あかねチャン(34才)らが加わって「二世・三世会」が発足したことが、さらにブームに拍車をかけました。“血縁”にこだわり、“家系図”に順番がある日本の場合、「お父さん(お母さん)にソックリ」とか、ご両親や祖父母、曽祖父母に至るまで有名人の二世、三世は、それだけで大きな注目を集めます。あ、賀来賢人サン(30才)と賀来千香子サン(58才)や、りょう太クンの母・三浦りさ子サンと『BEAMS』代表取締役の設楽洋さんのように、「叔母」「叔父」でもOK。昔から歌舞伎界では、こうした関係性を含めて取り沙汰されていましたから、芸能界でも今後は「遠い親戚」まで話題になる可能性が高いです。構成■山田美保子/『踊る!さんま御殿?』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『バイキング』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。※女性セブン2020年6月25日号
2020.06.13 07:00
女性セブン

トピックス

結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
謝罪をする田中聖(公式YouTubeチャンネル)
田中聖容疑者、覚醒剤所持でまた逮捕 芸能人が“やめられない”根本的な問題点
NEWSポストセブン
『ぴったんこ☆カンカン』スタート時の安住アナ(時事通信フォト)
泉ピン子が語る安住紳一郎アナ「とても負けず嫌い。すごい強さを秘めている」
週刊ポスト
盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
TBS安住紳一郎アナ、恩師や先輩アナが明かす“天才的なしゃべり”“のスキル
週刊ポスト
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
日本は世界が憧れる国だと思っていたが……(イメージ)
在日経験のある外国人たちが「日本の没落」を口にし始めているという厳しい現実
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
SDGs(持続可能な開発目標)についてテレビが取り上げる機会が激増していた(イメージ、時事通信フォト)
テレビ局が一斉に発信していた「SDGs」、最近見かけなくなった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン