芸能

尾崎豊の息子・尾崎裕哉「僕はガラスを割らない。全力で磨く」

自伝『二世』を上梓した尾崎豊の息子・尾崎裕哉

 8月23日に自叙伝『二世』(新潮社)を上梓した、伝説のシンガー・尾崎豊(享年26)の一人息子である尾崎裕哉(27才)。父の死から2年後の1994年夏、5才だった裕哉は、日本の喧噪を離れ、母親とアメリカ・ボストンへ移住する。

 父のことを知りたい――小学6年生になると父の楽曲の虜になった。2005年、15才で帰国。アメリカンスクールに通学しながらも、「日本語で歌詞が書きたい」「歌手になりたい」という思いは強まっていった。しかし“尾崎豊”と比べられる以前に、日本語がままならない。11年間の米国生活で日本語を忘れかけていた裕哉の、血のにじむ努力の日々が始まった。

 寝る間も惜しんで日本語を習得し、慶應大学に進学。アメリカンスクールからの合格は異例のことだった。22才になる直前、裕哉は転機を迎える。それは不思議な夢から始まった。

「テーブルの上のアルバムをめくっていくと、幼稚園、小学校、中学校と成長していく僕と一緒に父が映っているんです。現実にはあり得ないものですが、起きた時は涙が流れていました」(裕哉・以下、「」内同)

 この夢を大学の心理学の先生に明かすと、「父親がなぜ死んだのかを知っているか?」「自分への宿題だと思って、お母さんに聞いた方がいいよ」とアドバイスされた。数日後、実家に帰った裕哉は、夕食を終えた後、勇気を持って母に切り出した。

「パパはなぜ死んだの?」

 母は、覚悟を決めたように正面から全てを話してくれた。尾崎豊の人となり、なれそめ、生前苦しんでいた人間関係、彼の孤独…。

《母親の声は徐々に震えて、いつしか大粒の涙をこぼしていた。(中略)母親の言葉は鮮明なイメージとなって僕に伝わった》

 自分の中に息づく父の血を感じ、同時に女手一つで自分を育てた母への感謝が溢れた。9月5日に先行配信されたデビュー曲『始まりの街』にもその想いが込められている。

『僕は幸せさ これまでもこれからも あなたの笑顔照らしてよ 導かれるままに二人は生きているのさ』

 この歌詞は、母に捧げたものだった。

――尾崎豊と自分は似ていると思いますか?

 そんな質問をすると、彼は少し悩んでこう答えた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン