芸能

尾崎豊の息子・尾崎裕哉「僕はガラスを割らない。全力で磨く」

自伝『二世』を上梓した尾崎豊の息子・尾崎裕哉

 8月23日に自叙伝『二世』(新潮社)を上梓した、伝説のシンガー・尾崎豊(享年26)の一人息子である尾崎裕哉(27才)。父の死から2年後の1994年夏、5才だった裕哉は、日本の喧噪を離れ、母親とアメリカ・ボストンへ移住する。

 父のことを知りたい――小学6年生になると父の楽曲の虜になった。2005年、15才で帰国。アメリカンスクールに通学しながらも、「日本語で歌詞が書きたい」「歌手になりたい」という思いは強まっていった。しかし“尾崎豊”と比べられる以前に、日本語がままならない。11年間の米国生活で日本語を忘れかけていた裕哉の、血のにじむ努力の日々が始まった。

 寝る間も惜しんで日本語を習得し、慶應大学に進学。アメリカンスクールからの合格は異例のことだった。22才になる直前、裕哉は転機を迎える。それは不思議な夢から始まった。

「テーブルの上のアルバムをめくっていくと、幼稚園、小学校、中学校と成長していく僕と一緒に父が映っているんです。現実にはあり得ないものですが、起きた時は涙が流れていました」(裕哉・以下、「」内同)

 この夢を大学の心理学の先生に明かすと、「父親がなぜ死んだのかを知っているか?」「自分への宿題だと思って、お母さんに聞いた方がいいよ」とアドバイスされた。数日後、実家に帰った裕哉は、夕食を終えた後、勇気を持って母に切り出した。

「パパはなぜ死んだの?」

 母は、覚悟を決めたように正面から全てを話してくれた。尾崎豊の人となり、なれそめ、生前苦しんでいた人間関係、彼の孤独…。

《母親の声は徐々に震えて、いつしか大粒の涙をこぼしていた。(中略)母親の言葉は鮮明なイメージとなって僕に伝わった》

 自分の中に息づく父の血を感じ、同時に女手一つで自分を育てた母への感謝が溢れた。9月5日に先行配信されたデビュー曲『始まりの街』にもその想いが込められている。

『僕は幸せさ これまでもこれからも あなたの笑顔照らしてよ 導かれるままに二人は生きているのさ』

 この歌詞は、母に捧げたものだった。

――尾崎豊と自分は似ていると思いますか?

 そんな質問をすると、彼は少し悩んでこう答えた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト