• TOP
  • ビジネス
  • 「ギガ大家」の投資家「安く買えさえすれば9割5分勝ち」

ビジネス

2016.10.25 16:00  週刊ポスト

「ギガ大家」の投資家「安く買えさえすれば9割5分勝ち」

不動産投資で儲ける秘訣は

 全国各地で行なわれる不動産投資セミナーが、空前の活況を呈している。不動産投資情報サイト「健美家」に掲載されるセミナー情報は、実に6年で10倍以上に増加しているという。

 その牽引役となっているのが、退職金の運用を考えるシニア世代である。「健美家」の会員登録は、今年に入ってから50代以上の新規登録が急増中だという。

 不動産投資の裾野が広がる中で、近年、その中から資産10億円を超える『メガ大家』と呼ばれる人たちも現われている。彼らの多くは小さな元手からスタートして、経験を積み重ねていくことで『メガ大家』になったという。

 50棟1000室弱のオーナーになった大阪在住の木下たかゆき氏(33)は、自分はメガ大家を超えた「ギガ大家」だと豪語する。

「僕はサラリーマンに向いてなくて、人の言うことを聞いたり、人に年収を決められるのが嫌で、サラリーマンの生涯年収を超えるにはこれしかないなと思って始めました。最初は築30年以上の古いマンションの区分所有を360万円で買ったのから始めました。それから戸建てを2つ、アパート1棟と買い増し、不動産投資を本格的にやろうと決意し、当時勤めていた会社を辞めました。

 不動産投資は、仕組みが単純なので99%は外注できるし、良い物件さえ買えれば大損することはほとんどない。しかも、原資を銀行から調達できるのが、他の投資と違う点です。僕はとにかく安く買って、必要最小限の修善をして賃貸に出し、最終的には高く売る。安く買えさえすれば、9割5分勝ちですね」

 彼らの話を聞いていると、メガ大家になるには自分なりのやり方を見つけるしかないということなのか。賃貸不動産オーナー向け情報誌の『家主と地主』編集長の永井ゆかり氏が、成功の条件をこう指摘する。

「メガ大家に共通するのは、良くも悪くも不動産投資の怖さを知っているということ。収益性の低い物件を買って早めに損切りしてしまったとか、管理会社との連絡がうまく取れなくて入居者が集まらなかったとか、そうした小さな失敗を積み重ねていくことで、『こういう物件じゃないと失敗する』というリサーチがしっかりできてくると、うまくいく。そこを妥協しない人が成功しているように思います。

 今は不動産が値上がりしている時代なので、誰もが買いたい高収益物件はなかなか買えません。そうすると、買えない焦りから“買うことが目的”に変わってしまって、あまりいい物件でなくても“まあいいか”という気持ちで買ってしまう。そういう流されやすい人は失敗しやすいので注意が必要です」

※週刊ポスト2016年11月4日号

トピックス