ビジネス

年利換算15.38% 利用価値高いデパート友の会積立

 近頃、デパートを取り巻く状況が厳しくなっている。9月30日、日本最北端のデパート、西武旭川店(北海道・旭川市)が閉店。さらに、今年だけでそごう柏店、西武春日部店など4店舗が、来年には三越千葉店や堺北花田阪急など、5店舗が閉店を予定している。中国人観光客による「爆買い」がピークを過ぎてしまったことや、右肩上がりで成長する「駅ビル」の存在が、デパート凋落の大きな理由になっているという。経済評論家の平野和之さんはこう話す。

「淘汰され始めている百貨店の中には、ユニクロやザラ、ニトリなどを誘致して集客をはかっているケースも見受けられますが、延命措置にしかすぎず、問題の根本解決になっていません。今後生き残るには富裕層の客層をどう維持、回帰できるか、体験やサービスといった“コト消費”をどう増やすか、そして独自商品のPB(プライベートブランド)戦略を成功させるしかないと思います」

 呉服屋時代から数えると来年で創業300年を迎える大丸は、京都・祇園の町家で期間限定の営業を11月から始める(翌年7月まで)。同社の発表によれば、「祇園という国内外の観光客が訪れる場所で、百貨店ならではのおもてなし文化を世界に発信する」のが狙い。と同時に、「老朽化が進む町家を保全し、発祥地の活性化に貢献する」という。

 さらに「超・地元密着型」もキーワード。実は、各地方を代表するデパートはとにかく元気なのだ。そんななかこんなニュースも。福岡の岩田屋は今年、創業80周年を迎えたのだが、ライバルの博多大丸は「祝岩田屋さん、80周年 これからも天神でご一緒に!」としたほか、福岡パルコも「80周年おめでとうございます! 縁のある“この地”からお祝い申し上げます」と、垂れ幕で祝うという珍事が起きた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン