ライフ

寺子屋と慕われる横浜の角打ち 難読漢字や歴史で盛り上がる

元々は倉庫だった場所を改築した味のある店内で角打ち

 JR横浜駅から出ている相模鉄道(相鉄線)に乗って2駅目が西横浜。この駅の南側に広がる、中央、浜松町、藤棚町といった町々には、昭和の名残りをとどめる商店街が5つあり、手をつなぎあうように並んでいる。

 そのうちのひとつ、藤棚一番街を歩いて行くと、買い物客の賑わいから一歩離れるように曲がった路地の向こうに、『福田屋本店』の灯りが見えて来る。

「大正2年の創業で、ずっと商店街の中で営業していたのですが、5年前にここに移りました。角打ちは昔からやっていまして、30年50年と通ってくれている方もいらっしゃるし、人づてに聞いたと言って、都内や九州といった遠方から来てくれるお客さんも珍しくないですね」

 と、3代目社長の関水祐司さん(73歳)。

「その日の仕事が終わって、自分にお疲れさんという気持ちで、週に3回はここに飲みに来る」という50代の建具職人氏は、

「前の店は昔ながらの古い酒屋で飲んでいるって雰囲気があったんだけど、こっちは、一見、それに比べるとえらく素っ気ない建物に見えるよね。表に酒屋らしい看板はかかってなくて、ガラス戸に屋号を書いた紙が貼ってあるだけ。

 店の中の角打ちスペースには無造作にいろんな酒が積んであるし、壁はコンクリート打ち放し。まるで酒屋の倉庫で飲んでる気分さ。しかしね、こういう場所で飲む酒、これがまたうまいんだよな。酒飲みの都合のいい言い訳かな(笑い)」

 そんな倉庫のような店内で常連客を迎えてくれるのは、祐司社長と、奥さんの順子さん。そして4代目として店の柱となっている長男の康裕さん(46歳)。

「実をいうと、ここは、まさしくずっと倉庫として使っていたビルなんです。元々の藤棚商店街にあった店から移転して、この倉庫を店舗にするための改装工事をしたのですが、倉庫っぽい部分があちこちに残ったんですよ。でも、これはこれで味があっていいと皆さん喜んでくれます」(康裕さん)

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
フジテレビ・伊藤利尋アナウンサー
『めざましテレビ』新メイン就任のフジ伊藤利尋アナ、どんな場面でも「完璧に仕切る」実力 局アナとして出演者やスタッフへの気遣いも
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン