• TOP
  • ビジネス
  • 野村證券の投資情報部長が超強気 1997年大相場の再来か

ビジネス

2016.11.08 16:00  週刊ポスト

野村證券の投資情報部長が超強気 1997年大相場の再来か

「10倍株」が続出した1997年と現在の相似点は?

「『野村證券投資情報部長は超強気』。そう書いていただいて構いません」──こう力強く語るのは、野村證券投資情報部のトップを務める竜沢俊彦部長だ。本誌・週刊ポスト記事(10月28日号)で、「年末に株価1万9000円、来年には2万円超えもある」と発言した株投資のプロは、依然として強気な姿勢を貫いている。

 日銀から聞かれるのは正反対の声だ。日銀の黒田東彦総裁は11月1日の金融政策決定会合後、「2018年4月の任期切れまでに物価2%アップを実現し、デフレ意識を払拭する」という政策目標が達成できなくなった責任を問われると、「石油動向は予測が難しく、新興国の減速も予測し難い。何をもって責任とするかは難しい問題だ」と、弱気な発言を繰り返した。

 だが野村證券は、黒田総裁と対照的に「攻め」の姿勢を“強化”している。同社は11月、通常の株式講演会に加え、「緊急株式セミナー」を随時開催し、顧客に株式投資を勧める予定だという。その自信の根拠は、「かつて見た風景」にあると竜沢氏は語る。

「現在の状況は、株が急騰を始めた1997年の状況に似ています。私も当時のことは強く印象に残っている」

 竜沢氏が指摘する1997年からの数年間は、市場関係者にとって“伝説の時代”だ。バブル崩壊後のデフレ不況に苦しむなか、一部の中小型株が大幅に急騰。株価が10倍になる企業株を指す、「10倍株」が続出した。

 株の世界ではこれらを、野球の塁打を意味するバガーにかけて、10倍なので「テンバガー」と呼ぶ。

「当時の代表的な中小型株は、東証2部に上場したばかりのファーストリテイリングの株です。野村の営業マンだった私は、ファーストリテイリングの株価が購入時の2~3倍になったところで顧客に利益確定売却を勧めました。ところが、その後も株価上昇は止まらず、最終的には何十倍もの株価になりました」(同前)

 同じ時期には他にも、ヤフー、ニトリ、ドン・キホーテなど、「10倍株」となる中小型株が続出し、「デフレの勝ち組」と呼ばれた。豊富な投資経験を持つ竜沢氏は、「足元の相場と1997年が似ている」としたうえで、こう断言する。

「この先、再び大相場が来る可能性が高い。今は大化け銘柄を発掘する絶好のタイミングです」

関連記事

トピックス