国内

47才でラリー挑戦の女性ドライバー「差別も苦にならない」

5年計画でラリーに参戦するモータージャーナリストの竹岡圭さん

 でこぼこの山道から氷の張った道まで、険しい道をいかに短時間で走り抜けるか──。「ラリー」はそのタイムを競い合う自動車競技。雨の日も電灯のない夜道も、限定された区間はスピード無制限で走るため、危険はつきもの。この競技に47才で初挑戦したのが、モータージャーナリストの竹岡圭さんだ。

「モータースポーツに惹かれたのは子供の頃、多摩テックのゴーカートに乗ってから」(竹岡さん、以下「」内同)

 以来、車への興味は高まり、モータージャーナリストに。モータースポーツ全般に興味があり、サーキットレースにも参戦していたが、その一方で、30才頃から「いつかはラリーに」という思いがあったという。

「ラリーは、自分と自然との闘い。もともと、自分の限界に挑戦するのが好きだったし、ラリーは経験がものをいうスポーツなので、60代のドライバーも活躍しているんです」

 とはいえ、簡単に挑戦できるものではない。競技用に改造した車の費用やメンテナンスをしてくれるスタッフや大会参加費用などで年間費用は千万円単位。これを全部自己負担しなければならない。

「そろそろ、老後の資金を貯めなきゃという時ですけど、やらないで後悔したくなかった。もちろん老後は心配だけど、それを考えたら何もできない。そう思うと、ラリーへの挑戦が仕事へのモチベーションにもなりました。そうしているうちに今春から更年期障害を発症し、体も心も変化して…。モヤモヤを吹き飛ばすにはラリーだ!と思い切ったんです。そして、どうせやるなら、日本最高峰の全日本ラリー選手権に出ようと、腹をくくりました」

 今年はトレーニング期間で、来年から5年計画でラリーに参戦するという。

「自動車競技の世界は男社会。“女のくせに”と差別されることもありますが、楽しいから苦にならない」と言う竹岡さん。どんな困難があっても、「ラリーに出たい」「車やモータースポーツを日本の文化にしたい」という思いで頑張れると続ける。

 来年2月から始まる全日本ラリー選手権での活躍が期待される。

※女性セブン2016年12月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
週刊ポスト
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン