• TOP
  • 国際情報
  • 井沢元彦氏 日本で水を出しっぱなしにした中国人愛国者へ

国際情報

2016.11.23 16:00  週刊ポスト

井沢元彦氏 日本で水を出しっぱなしにした中国人愛国者へ

作家・井沢元彦氏

 中国人による反日行動には、どのように対処したらよいのか。作家・井沢元彦氏による週刊ポストの連載「逆説の日本史」より、9月に中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」で発覚した、日本のホテルでの水出しっぱなし事件を例に、中国人愛国者たちにどう応じるべきかをお届けする。

 * * *
 中国女子卓球界のかつての大スターであり、シドニー、アテネ、北京オリンピックの金メダリストでもある王楠(ワンナン)元選手の夫で不動産王の郭斌(グオピン)という人物が、満州事変(奉天〈現在の瀋陽〉北方の柳条湖で1931年9月18日に起きた鉄道爆破事件を契機に始まった、日本軍による満州侵略戦争の日本における呼称。軍は政府の方針を無視して満州全土を占領し、翌年満州国を樹立した)の発端となった柳条湖事件85周年の9月18日にちょうど日本に滞在しており、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」に次のように投稿したと、朝日新聞は以下のように報じた。

「日本のホテルで水を出しっぱなしにして、うっぷんが晴れた」と書き込んだ。王楠さんも「私も『いいね』を押した。永遠に9月18日を忘れてはならない」と発信した。(朝日新聞9月22日付朝刊)

 二人が投稿した理由は「9. 18を永遠に忘れない」、つまり日本の侵略行為を批判するためだそうだ。このことを明らかにしたのは他ならぬ妻の王楠元選手で、彼女も前記のように夫の行動を全面的に支持し高く評価している。

 ここで私はすべての日本人に提案がある。この中国人夫妻を日本人全体で応援しようではないか、ということだ。冗談ではない、私は本気である。

 まず二人に伝えなければいけない重要な情報は、今後中国の首都北京に入った時は、あらゆる蛇口で水を出しっぱなしにしなければいけない、ということだ。

 なぜなら北京市の水道のかなりの部分が日本の対中ODA(政府開発援助)によって整備されたものだからだ。だから夫妻が愛国心を貫くためには北京市でも水を出しっぱなしにすべきなのである。

 また別の報道によると、夫は「日本に行った時に、家電などいかなる製品も使わなかった」と誇らしげに述べたそうだ。

関連記事

トピックス