• TOP
  • ライフ
  • がん治療で注目の「ケトン食療法」 その改善例を紹介

ライフ

2016.11.27 16:00  週刊ポスト

がん治療で注目の「ケトン食療法」 その改善例を紹介

多摩南部地域病院外科医の古川健司氏

 ご飯やパン、麺など炭水化物に多く含まれる糖質の摂取量を減らす食事法「糖質制限」が、がん治療にも効果が見られたという臨床研究データが発表された。がん細胞は炭水化物から合成されるブドウ糖を栄養源としているので、それを断つことでがんの進行を抑制できないかという考え方から、多摩南部地域病院外科医の古川健司氏(医学博士)が行なった研究だった。部分奏効や進行制御も含めた病勢コントロール率(治療効果のあった患者割合)は実に83%に達したという。

 しかし、ブドウ糖はがん細胞だけでなく、人間の生命維持活動を支える重要なエネルギー源だ。それを制限することで健康維持のリスクはないのか。

「正常細胞はブドウ糖の供給が途絶えても、緊急用の代替エネルギーを皮下脂肪から作り出すことができる。それがケトン体という酸性の代謝物質で、糖質制限によるがん治療のカギとなる」(古川氏)

 ケトン体とはアセト酢酸、アセトン、β―ヒドロキシ酪酸という3つの物質の総称をいい、正常細胞はケトン体をエネルギー源にできるが、がん細胞の栄養源にはならない。そのため、がん細胞だけを“兵糧攻め”できるという理屈である。古川氏が続ける。

「ケトン体には細胞を酸化させ、細胞のがん化を促す活性酸素を除去する働きがあることが確認されているほか、機能不全に陥ったがん抑制遺伝子p53を正常化し、がん細胞のアポトーシス(細胞死)を誘導するなど、ケトン体自体に抗がん作用があることが解明されています」

 さらにケトン体には損傷した細胞の修復機能を担い、老化と寿命を制御する「長寿遺伝子」を起動させる働きがあることも明らかになってきたという。

 古川氏の行なう糖質制限による食事療法の名称は「がん免疫栄養ケトン食療法(以下、ケトン食療法)」といい、がん治療に特化した糖質制限である。

 厚生労働省が作成した「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によれば、成人男性(30歳以上)の1日に必要な総エネルギー量は2650キロカロリーと試算され、その約60%を糖質で摂取することが推奨されている。

関連記事

トピックス