スポーツ

野人・岡野雅行氏 J3ガイナーレ鳥取で営業職に専念する理由

チュウブYAJINスタジアムには現役時代のパネルも

 日本で開催されたサッカーのクラブ世界一を決めるクラブ・ワールドカップ(W杯)。国内Jリーグ覇者の鹿島アントラーズが欧州王者のレアル・マドリードに善戦し、華々しく話題をさらったが、この大会期間中、山陰地方にある日本一小さな県のサッカークラブでは、チームの再起を誓って闘志を剥き出しにする「野人」の姿があった。

 ガイナーレ鳥取GM(ゼネラルマネジャー)の岡野雅行氏(44)──言わずと知れた元日本代表。1998年のW杯フランス大会アジア予選で、自ら日本を初出場に導く決勝ゴールをたたき込み、一躍スターに。特徴的な長髪のヘアスタイル、驚異的な俊足を活かしたプレースタイルも重なり、浦和レッズ時代につけられた野人のニックネームを定着させた。

「もう鳥取に来て7年も経つのに、いまだに『旅行ですか?』とか、『東京から通っているんでしょ?』なんて言われるんです。ちゃんと家族で鳥取に移り住み、税金も払っているのに。この前はコンビニで、主婦から『あっ、あの人ですよね……野蛮人さん』って(笑い)」

 岡野氏が現役生活に終止符を打ったのは、2013年。浦和レッズ、ヴィッセル神戸、香港のTSWペガサスなどを渡り歩き、2009年よりガイナーレ鳥取に移籍。当時JFLだった名もなきチームで4年間選手として在籍した。

「鳥取って、東京の世田谷区よりも人口が少ないんですよ。そんな県にプロのサッカークラブがあること自体が奇跡でしたが、小さいながらも地元の企業やファンの方々の温かい応援があって、雰囲気がとてもいい。フロントも運営スタッフも手弁当で試合の設営をするなど一生懸命でしたしね。

 でも、突然Jリーグに下位リーグができてガイナーレがJ3に降格してしまったんです。ちょうどW杯ブラジル大会が始まる前で、僕は解説のオファーも来ていたので引退して東京に帰ろうと思っていたのですが、塚野(真樹社長)から『何とかチームに残って力を貸してほしい』と。

 確かに解説の仕事なんていつでもできるし、鳥取にはビッグクラブにはない結束力がある。チームも弱小で苦しい経営も強いられていましたが、逆にこれ以上落ちることはなく、たくさんの可能性を秘めている。だから、GMの仕事を引き受けることにしたのです」

 とはいえ、「僕がスーツ姿で名刺交換するなんて考えてもみなかった」と振り返るように、GM就任後の岡野氏の肩には幾多の重責がのしかかった。慣れないスポンサー回りに加え、監督選びや選手の補強などチーム強化も兼任。体がいくつあっても足りないほど多忙を極めることとなった。

 2012年12月には、米子市内にニックネームを冠した自前の「チュウブYAJINスタジアム」が完成。また、岡野氏が漁師に扮して全国からチーム強化の寄付金を募り、地元の海産物や洋菓子などの特産品を贈る、ふるさと納税的な「野人プロジェクト」は、第6弾を数えるまでになった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
CM出演を皮切りにドラマや映画など幅広く活躍し最近では歌も
岡田奈々、48年前リリースの『青春の坂道』が時代を超えてストリーミングで1100万再生 本人が語る「感謝」
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
大谷翔平を見る方法は
大谷翔平を“少しでも安く生で見る方法” 韓国の開幕戦70万円ツアーはやや割高、本拠地LAまでの飛行機はエコノミーなら10万円台も
女性セブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン