• TOP
  • 芸能
  • 五輪カヌー銅メダリスト・羽根田卓也が人生初グラビア挑戦

芸能

2016.12.28 16:00  女性セブン

五輪カヌー銅メダリスト・羽根田卓也が人生初グラビア挑戦

五輪カヌー銅メダリスト、羽根田卓也選手がグラビア初挑戦

 2016年の夏、リオ五輪のカヌースラロームカナディアンシングルでアジア人初のメダルを獲得した、羽根田卓也選手(29才)。そう。マツコ・デラックスが“ハネタク”の愛称をつけ、五輪選手団の中で最もイケメンだ、といわれているアスリートだ。銅メダルが決まった瞬間、号泣する彼の姿に思わず胸がキュンとした女性は少なくないはず。

「五輪のあと、やっぱりいろんなことが変わりましたね。バラエティー番組に出させていただいたり、アスリートドレッサーアワードでランウェイを歩いたり、こうやってグラビア撮影をしたり(笑い)」

 単身スロバキアに渡り、とにかくカヌーと取り組んだ10年間。心身共に大きく成長した羽根田選手が目指すものは…。

「まずは4年後の東京五輪。そして、カヌーをもっと広めたいですね。でも、なかなかすぐに始められる環境がないのも事実なので、もしやりたいというお子さんがいたら、ぼくに直接連絡をください!」

 と、今はカヌーにすべてを注いでいるが、

「結婚願望はありますよ、もちろん。でも現役の間は無理かなぁ。恋に盲目になっちゃうかもしれないから(笑い)。理想の相手? 自然体の女性がいいですね。あとは、婚期が遅くなりそうなので、年下のかたがいいかも」

 そうはにかみながら答える彼。照れる姿もまたかわいいんです。

撮影■中村功

※女性セブン2017年1月5・12日号

関連記事

トピックス