スポーツ

高梨沙羅、美メイクの陰にあの大手化粧品メーカーの力

キレイ度UPで絶好調に(高梨沙羅のHPより)

 インタビューに答えるスキージャンプ女子の高梨沙羅(20)の、笑顔の“輝き”が明らかに増した。それはどうやら絶好調の成績のためだけではないようだ──。

「中学生の時からずっと彼女の活動を追ってきましたが、最近になって急に大人の女性を感じさせるようになりましたね」

 こう話すのは、高梨の取材を担当するスポーツ紙記者だ。1月8日にドイツで行なわれたW杯でも優勝し、今季6戦5勝と頭抜けた結果を残している。そんな高梨が今、「急にキレイになった」と話題を集めているのだ。

「『化粧してるな』と最初に気付いたのは、昨年1月か2月頃でした。競技中はヘルメットをかぶっていますが、ゴーグルを外した時に見えた眉毛が、それまでよりも整えられていた。そこから次第に、目元を中心にメイクするようになりました」(前出・スポーツ紙記者)

 高梨も化粧について昨年12月の『報道ステーション』(テレビ朝日系)のインタビューでこう語っている。

「キレイにしていることで、自信になるというか(中略)化粧をすることで、こう、スイッチが入るというか」

 好調の裏にメイクありということのようだが、あまりの急激な変貌ぶりに「メイクのプロが関わっているのでは?」という噂まで持ち上がっている。その指導役ではないかと目されているのが化粧品業界最大手の「資生堂」。昨年8月から同社の日焼け止め商品「アネッサ」と高梨がスポンサー契約したため、噂が浮上したのだ。別のスポーツ紙記者が舞台裏を明かす。

「資生堂がスポンサーについたことで彼女の美意識はかなり変わったみたい。広告塔として“日焼けは絶対NG”になった。スキー場は雪面からの照り返しで冬でも日焼けの危険があるため、肌を気にして基礎化粧品が欠かせなくなったようです。

 4~6月のオフシーズンにメイクの練習に励んだところ、最初は遊び感覚だったのがハマってしまったそうです」

 資生堂は「ご本人から依頼があった場合は、美容等の相談にも応じさせていただいています」(広報部)と回答。噂通り、高梨の美のサポートに一役買っているようだ。

 本業では“敵なし”の女王に、さらなる援軍が付いていた。

※週刊ポスト2017年1月27日号

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト