ライフ

愛犬が妊娠した! 自宅出産に備えて用意すべきものは?

愛犬の自宅出産にはなにを準備する?(Ph:Thinkstock/Getty Image)

 もしも愛犬が妊娠したらどうすればいいのだろうか。愛犬家であっても意外と知らないのが、犬の出産事情だ。神奈川県在住の女性から、こんなお悩みが届いた。

「愛犬が妊娠しました。“犬は安産”といいますし、うちの子は病院が嫌いなので、自宅での出産を予定しています。出産に向けて準備するものや注意点、産後ケアなどについて教えてください」
(神奈川県・けいこ、63才・パート)

 このお悩みに対して、白金高輪動物病院総院長の佐藤貴紀さんが、アドバイスします。

 * * *
 たしかに犬は、多産でおさんが軽いといわれ、安産の象徴にされていますが、実際の犬の出産にはさまざまな危険があり、必ずしも安産というわけではありません。ですから、専門機関以外での出産はおすすめできません。

 とはいえ、自宅での出産がやむを得ない場合もあるでしょう。リスクがあることを念頭に、必ずかかりつけの医師のアドバイスを受けながら、万全の準備で臨んでください。

◆妊娠期間は約2か月 その間、2回は検診を

 犬の妊娠期間は交配日から数えて約62日間です。その間、最低2回は動物病院での受診が必要です。

 1回目は交配後、約30日頃。超音波検査を行い、胎児がいるか、心臓は動いているかなどを検査します。そして2回目は交配後、約55日頃にレントゲン検査で胎児の頭数や大きさなどを確認します。

 さらに、2回目の検診と同時期に、犬の直腸温を計測し始めます。出産間近になると体温が低下するので、平常時の正常体温(37.5~39度くらい)を把握しておくことが重要になるのです。

◆出産に備えてタオルや毛布、子犬用ミルクなどを用意

 交配後、62日前後が出産予定日になります。出産予定日を1週間後に控えたくらいから、母犬が安静に過ごせる部屋を準備してあげてください。体温が通常より1度下がった時から24時間以内に分娩を行います。

 もし体温が下がったのに陣痛がこない、あるいは羊水と思われる緑の液体などが出てくるなどの場合は、帝王切開が必要になるため、すぐに動物病院へ。

 予定頭数が生まれれば、ひと安心です。生まれてから24時間以内に母乳(初乳)を飲ませて、後は子犬たちが呼吸をしているかどうか、寒くないかを注意してあげてください。生まれたての子犬に最も気を使わないといけない点は、体温の低下。毛布を敷きつめ、室温も少し高めに設定しましょう。

 母犬がしっかりと子犬の面倒を見ているかどうか観察することも大切です。もし、面倒を見ていなければ、ミルクを人工的にあげましょう。

 母犬は産後、カルシウム不足になるので、普段のエサにカルシウムを加えてあげるのもおすすめです。

※女性セブン2017年2月9日号

関連キーワード

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン