ライフ

「合コンゲーム」最新事情 定番が過激に進化中

合コンの「王様ゲーム」はいまだ健在

 昨今、若者の酒離れが話題になることが多いが、楽しくワイワイと飲みたい学生はまだまだ存在する。大学生の合コンにつきものの“ゲーム”は、最近過激化しているようだ。

 定番の「王様ゲーム」はいまだ健在。割り箸などの先に印をつけ、それを引いた人が王様になって命令するのだが、酔いが回るにつれて命令がエスカレートしていく。大学3年のえりさん(21)曰く、

「“後ろからハグ”とか“ほっぺにキス”くらいは、マジメな子でもノリでやります。ディープキスとか、下着を外すとかになると、“アリ”な子が代わってあげて盛り上がる。女子の命令のほうが過激で、“○君、パンツ脱いで”なんて言う子もいますね」

 最近、新たに流行っているというのは「おちんちん侍ゲーム」。スタートの人が「ちんちん」「侍」「ちんちん侍」のなかから1つを選んで誰かを指名。もし「ちんちん」といって指名されたら、女子であっても大声で「ちんちん!」と叫ばなければならない。

「恥ずかしいけど、男の人が喜ぶし、だんだん大声で言えるようになってくるんです。言えなかったり、リズムに遅れたりすると罰ゲームになるのですが、すでに下ネタを言っているからエッチ系が多い」(同前)

 一般社団法人・日本合コン協会会長の絵音氏が、「最近、パリピ(パーティー・ピープル)系の合コンで見て驚いた」と言うのが、“接触系”の「ティッシュゲーム」や「つまようじゲーム」だ。

「ティッシュやつまようじをくわえて、男女交互に口から口へとリレーしていくんです。鼻息が感じられるくらい顔と顔が近づくのでドキドキします。同じ要領で『輪ゴムゲーム』になると、ちょっとした拍子ですぐに唇と唇が触れ合っちゃいます」(絵音氏)

※週刊ポスト2017年3月3日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン