国内

最新国内記事のRSS

世界に数百匹の美しい猫、日本生まれのラパーマが世界一に

2017.03.14 16:00

 1982年にアメリカで突然変異で生まれ、今なお世界にわずか数百匹しか登録のない希少な猫種「ラパーマ

 1982年にアメリカで突然変異で生まれ、今なお世界にわずか数百匹しか登録のない希少な猫種「ラパーマ」。なかでも日本生まれのラパーマが、世界最大級の超難関キャットショーCFAで世界一に輝いた。

“ラパーマ”という猫は、その名のとおり、まるでパーマをかけたような巻き毛を持つ猫種。だが、世界でも数百匹しかいないといわれているほど珍しく、ペットショップなどで目にする機会はほとんどない。

「数が少なく、ペットショップなどに流通しないのには、ワケがあるんです」

 と言うのは、ラパーマ専門キャッテリーを運営する増田有美さん。

「生まれたばかりのラパーマは、あまりかわいくないんですよ(笑い)。毛がまばらにしか生えてなくて。でも、成猫になったときの美しさは、生きる宝石!」

 まるで『みにくいアヒルの子』のような猫。美しいだけでなく、穏やかで賢いラパーマは、現在大注目の猫なのだ。

 増田さんは世界最大の愛猫団体CFAが主催するキャットショーで何匹ものラパーマをチャンピオンにしている。しかも、彼女の元にいる”世界一美しい猫”たちはすべて日本生まれの日本育ちだという。

「日本のコが世界で評価されて、とても嬉しいですね」

◆ラパーマ
1982年にアメリカ・オレゴン州で、突然変異で生まれた1頭の猫を品種改良した猫種。巻き毛の長毛種で、性格は穏やか。非常に賢いといわれている。

撮影/五十川満(写真集『世界一美しい猫たち ラパーマ』より)

※女性セブン2017年3月23日号

本文を読む


連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP