芸能

『CRISIS』小栗旬が西島秀俊を“口説く”まで

肉体派の小栗と西島

  警察ドラマのなかでも、規格外のアクションシーンなどで注目度ナンバーワンとの呼び声も高いのが小栗旬(34才)と西島秀俊(46才)がW主演を務める『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系)。

「テレビドラマ史に残るアクションシーン」

 主演の小栗がそう胸を張っているのは第8話。カルト教団に乗り込んだ小栗、西島ら特捜班5人が、150人ちかくの出家者を相手に、7分30秒のノンストップバトルを繰り広げた。

「アクションの練習に1か月、現場の下見を5回以上した上で、リハーサルも2日かけたという撮影だけあって圧巻との大評判でした。特に小栗さんと西島さんの最後の見せ場は、鳥肌もので、視聴率も前話から2%近くアップしました」(テレビ局関係者)

 もともと小栗と西島は、2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』で共演しているが、同じ現場はわずか2シーンだった。今ドラマが本格的な共演となったわけだが、“始まり”は2年前に遡る。それは小栗がドラマ『ウロボロス』(TBS系)の撮影をしていたときのこと。

「ちょうど同じスタジオで、西島さんがドラマ『流星ワゴン』の撮影をしていたそうなんです。実は小栗さんは数年前に、『CRISIS』の原案・脚本を手がける金城一紀さんからアイディアを聞いていて、テレビでは描くのが難しいけど、西島さんとならできるかも!と思いを募らせていたんですって。

 だから小栗さんはスタジオで西島さんを見つけてすぐに口説いた。西島さんは笑いながら『何かあったら言ってくれよな』と快諾したんですが、小栗さんとしては疑心暗鬼だったそうで、だからこそ今回の共演は飛び上がるほどうれしいと聞いています」(芸能関係者)

 特捜班の班長を演じる田中哲司(51才)の「3年目の浮気」が注目を集めているものの、ドラマはクライマックスへ向けてますます目が離せない。


関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
上島竜兵さんと竜兵会の面々
劇団ひとり 上島竜兵さんへの追悼ボケと『浅草キッド』に見る「お笑い師弟愛」の美学
NEWSポストセブン
“不仲説”について達川光男氏が答える(時事通信フォト)
達川光男氏が『サンモニ』関口宏との“不仲説”に弁明「娘にも心配されました」
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン