ライフ

92才料理研究家「卵だけでおいしいという炒飯の世界観も」

『卵チャーハン ばぁば風』

 新刊『ばぁば 92年目の隠し味』が好評発売中の、“ばぁば”こと料理研究家の鈴木登紀子さん(92才)。料理教室の開催期間中や撮影の合間にばぁばがいつも食べている、本には未掲載のばぁばのまかないごはんと、おもてなしにもなる冷たい麺メニューを紹介します。しっかりおいしく食べて、“梅雨バテ”を予防しましょう!

「パパ(夫・清佐さん。故人)が大好きだったお料理のひとつが卵チャーハンでした。『卵だけで充分だね、ご飯がぱらぱらでおいしいね』とうれしそうに頬張っていた姿を今も思い出します。もちろん、ハムやベーコン、お野菜も加えて五目チャーハンになさってもよいのよ。でも卵だけでおいしい…という世界観もあるの。あれこれ混ぜればおいしいとは限らないから。

『味の素』はね、チャーハンとホワイトソースに限り、いつもひとふり加えます。グルタミンの効能でしょうか、お味がふわっとまろやかになるのです」(ばぁば)

◆卵チャーハン ばぁば風
《材料》2人分
卵2個、温かいご飯茶碗3杯分、サラダ油大さじ3、塩・酒各小さじ1/2、こしょう少量、薄口しょうゆ小さじ1、「味の素」(あれば)ごく少量、サラダ菜・たくあん各適量

【1】中華鍋をよく熱し、サラダ油大さじ1を入れて鍋肌になじませる。粗く溶きほぐした卵を一気に入れ、へらで手早く炒めて取り出す。

【2】再び中華鍋にサラダ油大さじ2をなじませてご飯を入れ、へらで鍋に押し付けるように炒める。切るのではなく、下に押すと均等にパラリとほぐれる。

【3】ご飯がパラリとしてきたら卵を中華鍋に戻し、塩、こしょうをふり入れて手早くまんべんなく混ぜる。酒と薄口しょうゆを鍋肌から加え、味の素をひとふりする。よく炒めたら器に盛り、サラダ菜、たくあんなどを添える。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン