国内

棋士の勝負めし 「将棋のほうが囲碁より食べる」と観戦記者

井山裕太名人VS山下敬吾九段の名人戦(2013年9月/宝塚ホテル)

 将棋の藤井聡太四段が対局時に注文する、うどんやラーメンなどの「勝負めし」が注目されている。テレビのワイドショーで紹介されたり、すぐ売り切れになったりと話題に事欠かない。

 じつは将棋だけでなく囲碁の世界でも、長丁場の対局になるため食事やおやつは欠かせない。これまで名局名勝負を間近で見てきた囲碁観戦記者の内藤由起子さんが、囲碁界の「勝負めし」にまつわるエピソードを明かす。

 * * *
 囲碁棋士は勝負のときに何を食べているのか──。タイトル戦の対局情報がインターネットで逐一流される現代において、勝敗や途中経過とともに、アクセス数が多いのが「勝負めし」の記事だ。今ではお昼ご飯とおやつは、カメラマンが撮影し、速報としてインターネットに記事を必ずあげるほど人気のコンテンツになっている。

 20年ほど前、記者が新米のころはそれほど食事について注目されていなかったと思うが、個人的にはおおいに興味があった。

 記者の初めての挑戦手合観戦は、第22期名人戦第4局(1997年10月15、16日)。兵庫県・有馬温泉「御所坊」で打たれた、趙治勲名人VS小林光一挑戦者戦だった。

 挑戦手合のときは、対局者それぞれに仲居さんがひとりづつ担当する。その仲居さんに、対局者が何を食べたのか、どれくらい食べたのか、残したのかを取材しに行ったものだった。それで体調や心理状態が少しでも垣間見られると思ったからだ。趙治勲名誉名人は、朝ご飯を食べると、昼は抜く。朝を抜けば昼は食べるというリズムだと知ったのも、そのときだ。

 山下敬吾九段などは、手合のときは昼ご飯は食べないことで有名だ。若い頃、食べて失敗してからやめているという。対局中はチョコレートなどを口にしてエネルギーを補っている。

 そんな少食の棋士たちを見てきたためか、昨今、将棋の棋士の食事内容、麺類とご飯のセットやとんかつ定食などが報道されているのを見ると、「囲碁棋士に比べてよく食べるな~」というのが率直な感想だ。

 ふだんの日本棋院での対局では、以前は、お茶などの世話をする職員が、朝、対局が始まるとお昼ご飯の注文を聞きに来たので、メニューが丸分かりだった(現在は出前ができないので、注文もない)。たいていの棋士、加藤正夫名誉王座や片岡聡九段らも、ざるそばなどの麺類で軽いものを選んでいた。

 そんな中で、カツ丼や親子丼などをオーダーしていたのが、小林光一名誉三冠だった。ほかにも大平修三九段はよく鰻を食べていたのは有名な話だ。これらが特筆されるほど、どんぶりものなど比較的重たいものを注文する棋士は少なかった。

 名人戦など挑戦手合のときは、前日にメニューのアンケートが両対局者に手渡され、お昼やおやつで食べたいものに印をつける方式が多くなってきた。

 名人戦の定宿、「あたみ石亭(神奈川県・熱海市)」や「鬼の栖(静岡県・修善寺)」、「わかつき別邸(静岡県伊東市/現在閉館)」などは、ふつうに宿泊しても、お昼ご飯は提供していない。板さん特製の手打ちそばやデザートなどは、番碁ならではの楽しみでもある。

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン