• TOP
  • ライフ
  • 止まらぬ日本のマグロ乱獲 漁獲枠は「自転車操業」状態か

ライフ

2017.07.02 16:00  NEWSポストセブン

止まらぬ日本のマグロ乱獲 漁獲枠は「自転車操業」状態か

 まき網漁船側の主張は「自主規制はしている」「公的機関から言われれば従う」という姿勢だが、今年は大型まき網漁船での漁獲にも過少報告が発覚。小型クロマグロの重量を最小サイズである2kgで報告するなど、ずさんな報告が相次いだ。結果、水産庁がようやく重い腰を上げて立入検査をし、報告の修正指導を行ったというが、体質改善などにどこまで踏み込むことができたのかは未知数だ。

 しかも各地で実績が改ざんされていたといなれば、日本全体に割り当てられた漁獲実績についての修正も必要になる。6月末までの年間漁獲枠はすでに4月で使い切った。超過分は来季の漁獲枠から差し引かれる。国際社会からも日本のずさんな資源管理に批判が高まっているのは当然としても、ここまで自浄作用が機能しないのはなぜだろうか。

 6月中旬の朝日新聞の鳥取版や島根版では「生クロマグロ、豊漁期待 初水揚げ」などとお祝いムードで境港の今年初の水揚げを報じていたが、6月はクロマグロが産卵に入る季節。クロマグロの旬は12~2月である。さらに今年6月27日付の日本経済新聞の記事にも「水産庁は資源の減少が懸念される太平洋クロマグロの漁獲量の抑制に乗り出す」というフレーズがあった。5年前ならともかく2017年のいま「乗り出す」とは……。

 ツッコミどころ満載すぎて、何をどこからツッコんだらいいのかわからない。

関連記事

トピックス