芸能

郷ひろみ お受験塾に双子の息子を平日昼間に送り迎え

芸能人お受験パパのひとり、郷ひろみ

 冷房の効いたエントランスに入ると、若い母親たちに手を引かれた幼児たちの「せんせい、こんにちは」というかわいい声がこだまする。ここは、東京都心部にある有名お受験塾。7月中旬の昼間、炎天下のなか、続々と子供たちが集まってくる。

「こんにちは! よろしくお願いします!!」。ひときわ通るハスキーボイスに振り向いたママたちは、そのパパの顔を見てびっくり。郷ひろみ(61才)だった。

「そもそも平日の昼間の教室にお父さんが来るのも目立ちますが、まさか郷さんだとは、本当に驚きました。郷さんには3才の双子の男の子がいるので、その送り迎えだったのでしょう。ニコニコしてしきりに子供に話しかけていて、いいパパなんです。熱心に先生の言うことを聞いてましたよ。なにより、ウチの30代のパパよりも、溌剌としてて若い(笑い)。郷さんのお子さんは、今秋の私立幼稚園受験を狙っているのか、数年後の小学校受験を見据えた準備かの、どちらかなんでしょうね」(保護者の1人)

 今年もアッチッチな夏休みがやってきた。幼稚園や小学校を受験する親子にとって「勝負のシーズン」。大学や高校受験は年明けから始まるため冬休みが追い込み時期となるが、“お受験”は多くが11月初旬に実施されるので、夏が山場なのだ。

 お受験戦争を控えて奮闘する芸能人パパにとっても熱い日が続くことになる。そもそも芸能人が子供を私立に入れたがるのにはワケがある。

「芸能人の子育てが難しいのは、“〇〇さんの子供”と周囲から好奇の目で見られることです。目立つことで、おだてられてワガママに育ったり、逆にいじめのターゲットになったりすることも。私立に行くと周囲にも有名人の子息子女が多いのであまり目立たず、“特別扱いなし”で教育されたり、友達とつきあえることが魅力です」(教育関係者)

 高校や大学受験は本人の実力次第だが、お受験は子供とともに親も立派な“審査対象”。「お父さんのせいで落ちた」なんて言われたら立つ瀬がない。

「お受験は、ペーパー試験と同じぐらい、親が書く『入学願書』や、両親を含めた三者面談が重視されます。なかでも男親は育児方針や職業などで“質問攻め”にあい、受け答えの内容だけではなくマナーや品格まで厳しくチェックされます。面談の座席が、父親と子供が前列で後列が母親という幼稚園もあるほどです」(前出・教育関係者)

※女性セブン2017年8月10日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン