• TOP
  • 芸能
  • 高畑淳子 レポーターに攻められ思わずとった仰天の行動

芸能

2017.08.26 16:00  NEWSポストセブン

高畑淳子 レポーターに攻められ思わずとった仰天の行動

高畑淳子が舞台の会見で仰天の行動を

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、高畑淳子の舞台制作発表の囲み会見に注目。

 * * *
 主演舞台の製作発表に出席した女優の高畑敦子さんが驚きの行動! 1年前のこの日は、息子・高畑裕太が不起訴となったものの、強姦致傷容疑で逮捕された日。彼の現在の様子を聞きたいレポーターたちと話したくない高畑さんの攻防が続く囲み会見で、彼女がとったその行動とは…?

 主演予定の舞台は『土佐堀川 近代ニッポン―女性を花咲かせた女 広岡浅子の生涯』。作品のテーマは「9回転んでも10回起き上がる」。着物姿の高畑さんは、緊張した面持ちで共演者たちと壇上に上がった。

 早速、テーマにちなんで「自身はどれくらい転んでいるか?」と質問される。少し表情を強張らせた彼女は、視線を上に向けた。転んでしまった過去があれこれ脳裏をよぎったのか、しばし視線は上を向いたまま。「同じくらい転んでんじゃないか」ときっぱり答えながらも、身体が揺れ瞬きが増える。うまく質問をかわしたものの、しょっぱなからストレスフルな質問だったのだろう。

「起き上がってる状態か?」と聞かれると、さらに表情が固まった。だが、そこはベテラン女優。すぐに笑みを浮かべると「また、ほらそこへ」と切り返す。レポーターを横目でチラリとにらみにんまり笑ってポーズを見せると、唇が隠れるほど口をしっかり結んだ。口を真一文字に結んだ口元だけの笑みは、本心を隠したい時に出やすいもの。どんな風に聞かれようと、彼女が秘密は絶対に明かさないぞと思っていることがわかる。

 ところが高畑さん、しばらくすると、右手の人差し指で口の横を小刻みに掻きだした。そういえば彼女、明るくあっけらかんと言いたいことをズバズバ言うイメージ。質問をどうかわそうかと考えているうち、つい口から本音が漏れそうになったのかも?と推測してしまった。

 言ってはいけない、話しちゃマズイ、しゃべるのをやめなくちゃ…。そう思いつつも、質問にはうまく答えたい、話はしたいし、しなければならない、この場も盛り上げないと…という思いが心の中で葛藤したのだと思う。口の端や口の横を掻くのは、言っちゃいけないとわかっているけど、つい口が滑って墓穴を掘りそう…という無意識の葛藤や不安を落ち着かせようとする仕草でもある。

関連記事

トピックス