ライフ

「神戸の台所」で名物・皮くじらをわさび醤油で食べてみれば

飲んでよし、食べてよしと常連客が今宵も集合

 六甲に連なる山なみを遥かに望む気持ちのいい風景の中を、神戸電鉄湊川駅から歩くこと数分で兵庫区東山の『酒のシマダ』に着く。

 店は交通量の多い大通りに面してはいるが、隣りには大銀杏に護られた東山追分地蔵の祠などがあり、あわただしさをほどよく打ち消したのんびりエリアに建っている。
 
 だが、創業70年になるこの酒屋の立ち飲みスペースでは、早い時間から馴染み客が顔を揃え、店主の大櫛隆司(おおくしたかし)さん(48歳)が忙しく立ち働いていた。

「実は、学生時代にここでアルバイトをしていたんですよ。卒業してサラリーマンになってからは、客として、ごくたまに立ち寄るぐらいだったんですけどね。あるとき、先代から、俺、引退したいんだけど代わりに店をやってくれないかとの話がありまして。悩みましたが、20年のサラリーマン生活をやめて引き受けることにしました」

 同店で2年間働きながらノウハウを学び、正式に代替わりして6年目に入った。「常連さんが馴染んでいる屋号でしたから、特に変える必要はないと考えたんです」(大櫛さん)と、酒屋部門をカタカナの『酒のシマダ』、立ち飲み部門をひらがなの『立ち飲み処しまだ』と使い分けただけで、そのままで通している。

「客の立場から言わせてもらうと、酒屋部門と立ち飲み部門をセパレートして、区切ったのは大正解ですよ。昭和だったら酒屋の中でそのまま立ち飲みが当然だったけれど、平成の時代は酒屋の客と立ち飲み客それぞれに気を配らなけりゃいけないでしょ? そんな意味では、時代に寄り添っているよね。でも、そうしたことでのんびり飲めるから逆に昔ながらのいい風情が出ているって気もするし」(50代、会社員)

「前のおやじさんがやっていた頃から、かれこれ40年は世話になってます。昭和の頃は平屋だったが、思い返せばまさにいい風情があったね。今は5階建てマンションの1階。でも、酒が安く飲めるのは昔と全然変わってないし、彼(大櫛さん)の酒の品揃えが半端じゃない。あてもしっかり作って、最高にうまいものを食べさせてもらってる。泣かせる店になりましたよ」(60代、観光ボランティア)

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン