ライフ

「神戸の台所」で名物・皮くじらをわさび醤油で食べてみれば

飲んでよし、食べてよしと常連客が今宵も集合

 六甲に連なる山なみを遥かに望む気持ちのいい風景の中を、神戸電鉄湊川駅から歩くこと数分で兵庫区東山の『酒のシマダ』に着く。

 店は交通量の多い大通りに面してはいるが、隣りには大銀杏に護られた東山追分地蔵の祠などがあり、あわただしさをほどよく打ち消したのんびりエリアに建っている。
 
 だが、創業70年になるこの酒屋の立ち飲みスペースでは、早い時間から馴染み客が顔を揃え、店主の大櫛隆司(おおくしたかし)さん(48歳)が忙しく立ち働いていた。

「実は、学生時代にここでアルバイトをしていたんですよ。卒業してサラリーマンになってからは、客として、ごくたまに立ち寄るぐらいだったんですけどね。あるとき、先代から、俺、引退したいんだけど代わりに店をやってくれないかとの話がありまして。悩みましたが、20年のサラリーマン生活をやめて引き受けることにしました」

 同店で2年間働きながらノウハウを学び、正式に代替わりして6年目に入った。「常連さんが馴染んでいる屋号でしたから、特に変える必要はないと考えたんです」(大櫛さん)と、酒屋部門をカタカナの『酒のシマダ』、立ち飲み部門をひらがなの『立ち飲み処しまだ』と使い分けただけで、そのままで通している。

「客の立場から言わせてもらうと、酒屋部門と立ち飲み部門をセパレートして、区切ったのは大正解ですよ。昭和だったら酒屋の中でそのまま立ち飲みが当然だったけれど、平成の時代は酒屋の客と立ち飲み客それぞれに気を配らなけりゃいけないでしょ? そんな意味では、時代に寄り添っているよね。でも、そうしたことでのんびり飲めるから逆に昔ながらのいい風情が出ているって気もするし」(50代、会社員)

「前のおやじさんがやっていた頃から、かれこれ40年は世話になってます。昭和の頃は平屋だったが、思い返せばまさにいい風情があったね。今は5階建てマンションの1階。でも、酒が安く飲めるのは昔と全然変わってないし、彼(大櫛さん)の酒の品揃えが半端じゃない。あてもしっかり作って、最高にうまいものを食べさせてもらってる。泣かせる店になりましたよ」(60代、観光ボランティア)

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン