ビジネス

アパホテル評価二分 ランキング「1位」と「最下位」の理由

アパホテルの新築店舗は豪華なロビーも特徴だが

 ビジネス誌で定期的に取りあげられる人気企画に「ホテルランキング」がある。様々な調査手法を用いてホテルをランク付けするものだ。このホテルランキングで興味深い結果が出た。大手ビジネスホテルチェーンの「アパホテル」の人気が1位だったビジネス誌と、最下位だったビジネス誌が立て続けに発売されたのだ。

 一体、どんな理由でアパホテルの評価が分かれたのか。ホテル評論家の瀧澤信秋氏が解説する。

 * * *
 2017年10月23日号の『日経ビジネス』(日経BP社)で「ビジネスパーソンに聞く 後悔しない航空&ホテル 5000人満足度ランキング」が掲載されたが、その翌週となる11月4日号の『週刊ダイヤモンド』(ダイヤモンド社)でも、「1万人が選んだ ベストホテル&エアライン」と、2誌で似たようなランキングが立て続けに発表された。

 ともに、航空会社とホテルのランキング企画で、5000人・1万人と調査人数は異なるものの、ユーザーの満足度を調査している点は共通している。ホテルランキング企画といえば、編集部のスタッフが覆面調査するケースや、ホテルに詳しい専門家によるものなど多様である。今回は2つの人気ビジネス誌が、同一時期にユーザー調査という同様の手法で調査、ランキング掲載したことで特に注目した。

 ランキングは、シティ(フルサービス型)ホテル、ビジネスホテルとそれぞれ掲載されたが、両誌でかなり異なる結果となった。シティホテルでは帝国ホテルがダイヤモンド誌で1位、日経ビジネスでは7位。日経ビジネスでは前回の2012年における順位も掲載されているが、帝国ホテルは3位から7位へと順位を落とす結果となった。筆者も解説など一部取材協力したが、両誌とも予測通りのホテル、意外な結果のホテルと様々だった。

 中でも注目したのがビジネスホテルランキングである。ダイヤモンドではアパホテルが1位、片や日経ビジネスでは最下位(対象ホテル35ホテル中)だったのだ。調査手法等の詳説は省くが、両誌ともにアンケートに基づく正確性が担保された結果といえる。

 1位の大きな理由はキャッシュバック特典のある会員プログラムで、最下位の理由は料金高騰への不満だという。快適性などではなく、ともに“お金絡み”というのも面白い。

 そもそもビジネスホテルとは宿泊に特化した業態であり、収益性が高いことからも様々なチェーンが誕生している。そのような中で、アパホテルほど評価の分かれるチェーンはないだろう。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン