• TOP
  • ライフ
  • 若者の説教中スマホいじりに芸人・村上ショージの対処法

ライフ

2017.11.28 16:00  週刊ポスト

若者の説教中スマホいじりに芸人・村上ショージの対処法

若者が説教中にスマホを見始めたら…?

 角界を揺るがす「暴行事件」のきっかけは、同郷の大先輩である横綱・日馬富士の説教中に、平幕の貴ノ岩がスマートフォンを操作したことだったと伝えられている。

 もちろん暴力は許されないが、たしかに“そういう若いヤツ”は増えている気がする。平然と「スマホいじり」を続ける若者への適切な対処法とは──。

 仕事帰りの居酒屋で、部下のミスについて、時に優しく慰めながら指導の言葉を並べていたら……部下の視線はテーブルの下のスマホに向いていた──。そんな状況に出くわした時、“オトナ”はどう振る舞うべきか。

 ウェブを駆使した新しいジャーナリズムの実践者で、若者文化に詳しい津田大介氏(44)は、大学の授業では「スマホもパソコンもむしろ歓迎」としながら、意外なことに「許せない派の気持ちもわかる」とした。

「会話中のスマホに不快感を覚えるのは、話が真面目に聞かれてないと感じて、“俺の話はつまらないのか”と思ってしまうから」

 その上で、こう話すのだ。

「でも、相手がメモ帳でメモをしていたら印象は違いますよね。僕自身、人の話を聞いてその場でスマホにメモしたり、話題に関連することを検索して別の話に発展させたりもする。スマホいじりに目くじらを立てるより、話題につなげた方が建設的かなと思います」(津田氏)

関連記事

トピックス