スポーツ

カーリングのシャカシャカに潜む「深い意味」と「お値段」

世界トップクラスのパワーを持つ山口剛史選手(右)

 平昌五輪まであと2か月あまり。フィギュアスケートやスキージャンプ、スピードスケートなどの花形競技に加え、今回は史上初の男女ペア出場となったカーリングにもメダルの期待が集っている。カーリングといえば、あの「シャカシャカ」が真っ先に思い浮かぶ。今さらだが、あの「シャカシャカ」にはどんな意味があるのか? そして日本のメダル獲得は「シャカシャカ」次第とされるが、本当なのか? カーリング取材を続けるスポーツライターの竹田聡一郎氏が解説する。

 * * *
「イエスイエス、イエース」

 シャウトとともに、滑るストーンの進みに合わせてブラシで氷上を履く。カーリングではお馴染み、というかむしろカーリングといえばあのシャカシャカを思い浮かべる人も多いのではないか。

 スウィープである。

 しかし、このスウィープ。カーリングの代名詞的なプレーでありながら、「清掃員」「露払い」などと揶揄されて、意外と理解されていないことが多い。しかし、清掃員も露払いもまったくの的外れというわけでもないのだ。

 スコットランドに起源を持つと言われるこのスポーツ、元々は屋外の湖などでプレーされていたようで、古くはストーンの前のゴミ等を取り除く目的でスウィープが行われていた。その名残で、屋内スポーツとして確立された現在も、選手の持つスティックは「ブラシ」と呼ばれている。

 では、「シャカシャカ」の現代の目的といえば、微調整という言葉がもっとも端的にすべてを表している。

 カーリングのシート(プレイエリア)には試合前に、水あるいはぬるま湯を撒き、アイスにぺブルと呼ばれる小さな氷の粒を作る。このペブルがストーンとの摩擦を生んで石がゆっくりと減速するのだが、そのペブルをブラシ、正確に言えばブラシの先端についたナイロンパッドで履いて溶かし、ストーンと氷の摩擦を小さくすることでストーンの進行距離を伸ばす。五輪に出場するようなトップレベルのチームが本気でスウィープすると、2メートル近くストーンを進ませることが可能とも言われている。

 また、距離を伸ばすだけではなく、一定方向からスウィープを行うことで、カールを始めたストーンをより曲げる、あるいは曲げないようにするというある程度のコントロールも可能だ。

◆「日本カーリング筋肉部部長」

 現在、カナダに長期遠征中の平昌五輪代表チーム、SC軽井沢クラブのスキップ・両角友佑(もろずみ・ゆうすけ)選手は「大きくショットウェイト(石を投げる速さ)を間違えなければ、うちのスウィーパーは(石を)置きたいところに運んでくれる」と日頃から語っているが、この競技においてスウィープの役割は小さくない。

 では、どんなスウィーパーが優れた選手なのか。同じくSC軽井沢クラブのメンバーでフィフス(リザーブ)の平田洸介選手に聞いてみた。

関連記事

トピックス

岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン