国際情報

中国の貧困層女性が続々代理母に ケタ違いの報酬を獲得

歪んだビジネスが横行している

 中国の湖北省や四川省、青海省などの産業がほとんどない過疎の貧しい村に住む若い女性が代理母となるケースが増えている。湖北省のとある村では100人もの女性が代理母となっており、高ければ80万元(約1400万円)、最低でも10万元(約175万円)の成功報酬が約束されている。

 また、代理出産の依頼は年々増えており、仲介業者は中国内ばかりでなく、米国にも代理母ビジネスを拡大させている。中国のニュース専用サイト「新聞網」が報じた。

 湖北省のある村では夫が都市部に働きに出ており、その老親夫婦や子供の世話をする女性が代理母になっている。農村部では現金収入を手にするような産業はないことから、義理の母や親戚らから、手っ取り早く現金が手に入る代理母になるよう説得されることもあるという。

 依頼主はほとんどが都市部在住の富裕層で、2016年にこれまでの「一人っ子政策」が廃止され、2人目の子どもを持つことが法的に許された。だが、すでに妻が妊娠の適齢期を超えていたり、不妊症に悩んでいるため、代理母に出産を依頼しているという。

 中国の政府機関である国家衛生計画生育委員会によると、不妊症に悩む女性は年々増えており、北京や上海など中国の都市部では、富裕層の夫婦の依頼を受けて、代理母をあっせんする仲介業が大きなビジネスになっている。

 湖北省に住むある代理母は「若いときに都市部の工場に出稼ぎに行って、毎日12時間以上働いたが、1年間で4000元しか稼げなかった。それに比べて、代理母となって子供を出産すれば少なくとも10万元と、報酬もケタ違いだ」と語っているという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン