• TOP
  • ライフ
  • 港区女子が解説 「サバサバ系女子」の大半は男に媚び媚び

ライフ

2018.02.11 16:00  NEWSポストセブン

港区女子が解説 「サバサバ系女子」の大半は男に媚び媚び

「自称サバサバ」に疑問を呈する吉川リサコ氏

 時に月100人との合コンを繰り広げてきた現役港区女子でコラムニストの吉川リサコ氏。合コンの場では、女性による男性への様々なアピールが繰り広げられる。その吉川氏が、よくいる“サバサバした女子”に疑問を呈する。

 * * *
「私ってサバサバしてるんで」
「ほら私って男っぽいから」
「見た目は女だけど、私って中身おじさんなの」

 合コンに行くと、こんな会話をよく耳にする。サバサバしている、男っぽいという言葉は、異性へのマーケティングとして自分をさっぱりと、かつ豪快に見せる決まり文句である。

 ところが“サバサバしてる風に見せたい女子”のドロドロは、なかなか落ちない油汚れのようにしつこい。なぜなら「自分サバサバアピール」をする女子ほど、男に媚び媚びだからである。

 女子はどういう基準で「サバサバ」をアピールするのか。

・スイーツより珍味や酒が好き
・日本酒もぐいぐい飲めちゃう
・毒舌である、人に気を遣わない
・ぶりっ子できない
・インスタ映えとか狙えない
・キャピキャピしない、できない
・性に寛容である

 などだろう。これを踏まえて、「私、サバサバしてるからさ」とマーケティングする女子は意外に多い。しかしながら、そうアピールしつつもハイスペック男が現れると、粘着になったりすることが多いのである。

「サバサバアピール」を聞いた男は、「いわゆる女の子っぽい面倒くささがないのか」と好意的に捉える。その男が思うサバサバは、以下の通りだ。

・記念日やイベントに執着しない
・何かあっても根に持たない
・他に女がいても文句を言わない
・人に干渉しない
・メールや電話をたくさんしない

 ようするに、男女の間でズレがある。そのため、男性側からのハードルが上がるのだ。「珍味と酒が好き」という“自称サバサバ女子”も、こと恋愛になるとメール魔になったりするから余計に難しい。

関連記事

トピックス