ライフ

一発で「若者に嫌われるおっさん」になる3つの行為

嫌われるのを恐れるべきではない(写真:アフロ)

 男子たるもの誇り高く生きたいものである。たとえ、一時的に嫌われたとしても、いつか感謝されるような言葉を残しておきたい。そう考える中年男性は少なくないだろう。コラムニストの石原壮一郎氏が指南する。

 * * *
 おっさんはおっさんなりに、今日もケナゲに一生懸命に生きています。職場の若者から白い目で見られたり呆れられたりすることも多々ありますが、くちばしの青いヒヨッコどもの評価なんて気にしている場合ではありません。

「嫌われたくない」と思ってビクビクしていたら毎日疲れるだけだし、若者を成長させるというおっさんとしての大切な役割を放棄することになります。そもそも、何をやっても嫌われるのがおっさんの宿命。ここはあえて「嫌われるおっさん」を目指すことで、心の平穏を保ちつつ、おっさんなりに胸を張れる生き方を模索しましょう。

 嫌われるおっさんになるには、若者に対して次の3つのことを実践すれば一発です。

その1「考え違いや甘えた了見に対しては、きっちりダメ出しをする」
その2「今の常識と昔の常識の違いを感じたときは、疑問をぶつける」
その3「嫌な顔をされても気にしないで、どんどん食事やお酒に誘う」

 まずは「その1」。若者は考え違いに気が付かなかったり、甘えた自分を巧みに正当化したりする生き物です。おっさんがダメ出しをしないで、誰がダメ出しをするのか。もちろん相手は不愉快でしょうが、何も言わずにスルーしてしまったら、こっちがモヤモヤを味わわなければなりません。いつか感謝されることを信じて果敢にダメ出ししましょう。

「その2」も、やれそうでなかなかやれない行為です。若者は「今の常識」が正しいと思い込んでいますが、そうとは限りません。とはいえ「昔の常識」が正しいとも限りません。ひるまずに疑問をぶつけることで、お互いにとって新しい発見があるはずです。

「その3」は当節やりづらいご時世ですが、若者の顔色なんて見て見ないふりをするのがおっさんの役割であり気概。おっさんと接することでしか得られないもの、おっさんにしか伝えられないことは必ずあります。まったくなかったとしても、気が進まない相手と食事をしたりお酒を飲んだりする経験は、若者をそれなりに成長させるに違いありません。

 どれも険しい道のりですが、勇気を振り絞って前に進みましょう。尊敬されるおっさん像とかおっさんとしての満足感とかは、きっとその先についくるはず。裏目に出る可能性も大いにありますが、そのときは若者のバカさ加減を嘆けば大丈夫です。

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
中森明菜は1982年10月、新宿音楽祭で審査員特別奨励賞を受賞。『少女A』でブレイクした最中の受賞だった(写真/女性セブン)
【仕掛人たちが語る聖子vs明菜の分岐点】松田聖子は新しいアイドル像を求めた聖子、アーティストへ舵を切った明菜 1984年という“特異な1年”
週刊ポスト
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
NEWSポストセブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン